2020年11月20日

脳天パラダイス

nouten.jpg
 
監督:山本政志 
脚本:金子鈴幸、山本政志
撮影:寺本慎太朗 
照明:渡邊大和 
録音:光地拓郎 
出演:南果歩 いとうせいこう 田本清嵐 小川未祐 玄理 村上淳 古田新太 柄本明 ほか

東京郊外、高台にある一軒の大豪邸。家長の笹谷修次(いとうせいこう)に甲斐性がなく、この家を手放すことになった。引きこもり気味の息子・ゆうた(田本清嵐)は淡々と現実を受け止めているが、生意気盛りの娘・あかね(小川未祐)はヤケクソ気分でTwitterに「今日、パーティをしましょう。誰でも来てください。」と自宅への地図付きで投稿。そのままフテ寝してしまう。それがリツイートされまくり、瞬く間に拡散している状況を示す通知が鳴り響いていることも知らずに……。
 やってきたのは、数年前、恋人を作って家を出たはずの自由奔放な元妻・昭子(南果歩)、インド人のゲイカップル、やる気のない運送業者、手癖の悪いあかねの友人、台湾から来た観光客の親子、酔っ払いのOL、恋人を探しているイラン人、謎のホームレス老人(柄本明)、……。そんな中、来客を頑なに追い返そうと修次は一人奮闘しますが、珍客はどんどん増え続け、しだいに豪邸は狂喜乱舞の縁日の境内状態になっていく。

引越しをしなきゃいけないのに為す術もなく、ドンチャン騒ぎにオロオロするだけの父親を演じたのはいとうせいこう。実際には俳優、小説家、ラッパー、タレントとマルチな才能を持つ方ですが、何をやらせても失敗ばかりの父親が妙にハマっています。
先陣切って状況を引っ掻き回す元妻を演じたのは南果歩。嬉々とした表情で(多分)ワイヤーアクションまで披露。「こんな風に自由に生きられたらいいよね~」と思ってしまいますが、そんな元妻にも嫁として耐えた時期があったことをさらりと挟み込み、共感を持たせます。
そんな2人だけでなく、登場人物それぞれが何らかの苦悩や闇を抱えていました。しかしハチャメチャな夜が終わると、みながそれなりに折り合いをつけて一歩踏み出していきます。作品を見ると「じゃ、私も」と気持ちを切り替え、前に進む元気がもらえそうです。(堀)


2020年/95分/R15+/日本
配給:TOCANA
©︎2020 Continental Circus Pictures
公式サイト:https://no-ten.com/
★2020年11月20日(金)ロードショー
posted by ほりきみき at 00:00| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホモ・サピエンスの涙(英題:ABOUT ENDLESSNESS/原題:OM DET OÄNDLIGA)

homosapi.jpg
 
監督・脚本:ロイ・アンダーソン
撮影:ゲルゲイ・パロス
出演:マッティン・サーネル、タティアーナ・デローナイ、アンデシュ・ヘルストルム

銀行が信じられず貯めたお金をベッドに隠している男性。この世に絶望し、信じるものを失った牧師。戦禍に見舞われた街を上空から眺めるカップル。映像の魔術師ロイ・アンダーソン監督が構図・色彩・美術と細部まで徹底的にこだわり、全33シーンすべてをワンシーンワンカットで撮影。悲しみと喜びを繰り返す人類の姿を、愛と希望を込めた優しい視点で映し出す。
第76回ヴェネチア国際映画祭 銀獅子賞(最優秀監督賞)

学生時代の友人に無視された男性、神を見失った牧師、診療を放棄した歯科医は複数シーンに登場しますが、基本的には繋がりのない人たちの人生のワンシーンを切り取って繋げた76分。どのシーンの登場人物も何か問題を抱えており、カメラはそれを一歩引いた視点で淡々と映し出します。
軍隊の行進シーン以外はすべて監督が所有する巨大な制作スタジオ〈Studio24〉で、一からセットを組み、撮影されました。ミニチュアの建物やマットペイント(背景画)を多用し、アナログにこだわった手法がとられています。雨の中で父親が子供の靴紐を結ぶシーンも屋外ではなく、スタジオ内で撮られたそう! 180 メートルのプラスチックパイプに1万5千個の穴を開けて雨を降らせ、雨の降る土の地面にも、雨が不規則に降り落ちで出来た雨跡をペイントで表現したというから驚きです。
(メイキング映像はこちらでご覧になれます)
https://www.youtube.com/watch?v=q12oZ9mQ-BM

また、いくつかの絵画に影響を受けており、マルク・シャガールの「街の上で」、ククルイニクスイの「The end」、イリヤ・レーピンの「1581年11月16日のイワン雷帝とその息子イワン」は構図がそっくりのシーンがあるので、比較してみるとおもしろいでしょう。(堀)


ロイ・アンダーソン監督の綴る不思議世界。でも、一つ一つのエピソードが、世界のどこかで今もありそうだったり、誰かが夢で見ていそうだったり、自分にも思い当たるものだったりします。中には突拍子のない話もあるのですが、それも人間?!
原題にある“oändliga(無限)”は、人間の存在についての“果てしなさ”を示しているのだそうです。生きていれば、喜怒哀楽さまざまなことが降りかかってきます。絶望から立ち上がることが出来そうになくても、長い道の先には光が見えると信じたいのが人間でしょうか・・・ (咲)


2019年/スウェーデン=ドイツ=ノルウェー/カラー/76分/ビスタ
配給:ビターズ・エンド 
©Studio 24
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/homosapi
★2020年11月20日(金)ロードショー
posted by ほりきみき at 00:00| Comment(0) | スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする