2020年10月04日

薬の神じゃない! 原題:我不是薬神

2020年10月16日 新宿武蔵野館、池袋シネマ・ロサ他全国順次公開
劇場情報はこちら

薬の神じゃない!ポスター.jpg
©︎2020 Cine-C. and United Smiles Co., Ltd. All Rights Reserved

監督・脚本:文牧野(ウェン・ムーイエ)
共同製作:寧浩(ニン・ハオ)
出演:徐崢(シュー・ジェン)、王伝君(ワン・チュエンジュン)、周一囲(ジョウ・イーウェイ)ほか

何がホンモノで、何がニセモノか?!

上海で男性向けのインドの強壮剤を販売する店主 程勇(チョン・ヨン)は、店の家賃も払えず、妻にも見放され人生の目標を見失っていた。ある日、「血液の癌」である 「慢性骨髄性白血病」を患う呂受益(リュ・ショウイー) が、国内で認可されている治療薬は非常に高価なので、安価で成分が同じインドのジェネリック薬を輸入して欲しいという依頼しにきた。最初は申し出を断ったものの 金に目がくらんだ程勇は、ジェネリック薬の密輸・販売に手を染め、より多くの薬を仕入れるために白血病患者たちとグループを結成。依頼人の呂を始め、白血病患者が集まるネットコミュニティ管理人の劉思慧(リウ・スーフェイ)、中国語なまりの英語を操る劉牧師、不良少年の彭浩(ボン・ハオ)らが加わり、事業は大きく拡大していく。しかし、警察に密輸として目をつけられ、一度はグループを解散した。でも、薬を絶たれた患者たちの悲痛な姿を見て、あえて危険な仕事を続け、患者の負担を軽くするため仕入れ値以下の価格で薬を売るようになった。そんな彼に警察がせまる。あえて危険な仕事を続ける彼に待ち受ける結末とは…。

2014年に中国で実際に起きたニセ薬事件。それを元に作った作品。この事件をきっかけに中国の医薬業界に改革が起きた。事件発生から間もない 2018年7月に映画化され、中国公開されると3日間で9億元(約146億円)、 最終的に30億元(約500億円)を超える爆発的なヒットを記録した。 また、興行的な成功だけでなく、アジア・フィルム・アワード・助演男優賞、台湾の金馬奨・主演男優賞、新人監督賞、オリジナル脚本賞の3部門受賞をはじめ、国内外の映画賞を数多く受賞し、名実とともに中国を代表する作品になった。
薬を密輸する主人公を演じたのは、ヒット作に多数出演し監督としても活躍する徐噂(シュー・ジェン)、その他、王伝君(ワン・チュエンジュン)、『スプリング・フィーバー』の譚卓(タン・ジュオ )、『象は静かに座っている』の章宇(チャン・ユー) などが出演。監督は、岩井俊二、魏徳聖(ウェイ・ダーション、關錦鵬(スタンリー・クワン)監修のオムニバス映画『恋する都市5つの物語』を監督した文牧野(ウェン・ムーイエ)。共同製作は寧浩(ニン・ハオ)。

2018年の中国映画週間で上映された時に見逃し、残念に思っていた作品が日本公開されることになり嬉しい。中国で実際に起こった事件を元に作られた作品とのことだけど、この事件をきっかけに「慢性骨髄性白血病」のジェネリック薬品の輸入が認められることになったということを聞き、痛快な気分。主人公を演じた徐噂は、これまでコメディアンかと思っていたけどそうではなかったんですね。エンターティメントとしても面白くドタバタ喜劇風な作品だと思ったら、共同製作が『クレイジー・ ストーン 翡翠狂騒曲』の寧浩。なるほど(笑)。この作品のテイストにも近いかも(暁)。

ニセ薬販売事件がベースになっているのですが、まったくのインチキな薬ではありません。インドで作られたジェネリック医薬品です。国内で認可されている薬が高すぎて、多くの慢性骨髄性白血病患者には手が届かないため、密かに輸入していたのです。
もともと主人公が金もうけのために始めたとし、前半はコミカルに展開します。多くの患者から必要とされていくうちに、主人公の気持ちに変化が現れました。そして後半はシリアスに転換。中国の社会問題をさらけ出していきます。その結果、事件と映画公開をきっかけに中国医薬業界に変化が起きました。映画が社会に及ぼす影響は思っていた以上に大きいものなのですね。(堀)


徐崢シュー・ジェンさん.JPG
程勇役の徐崢(シュー・ジェン)さん;2018年中国映画週間にて

『薬の神じゃない!』公式HPはこちら
中国/2018年/カラー/北京語・英語/117分/ビスタ/5.1ch/
配給:株式会社シネメディア


posted by akemi at 21:28| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博士と狂人 原題:The Professor and the Madman

2020年10月16日(金)
ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー 劇場情報はこちら

「博士と狂人」チラシ表.jpg
(C)2018 Definition Delaware, LLC. All Rights Reserved.

監督:P.B.シェムラン 
脚本:トッド・コマーニキ、 P・B・シェムラン
撮影:キャスパー・タクセン
出演:メル・ギブソン、ショーン・ペン、ナタリー・ドーマー、エディ・マーサン、スティーヴ・クーガン 
原作:サイモン・ウィンチェスター著「博士と狂人―世界最高の辞書OEDの誕生秘話」

孤高の学者と呪われた殺人犯。
世界最大の英語辞典誕生に隠された、真実の物語。


初版発行まで70年以上の歳月を費やし、世界最高峰と称される「オックスフォード英語大辞典」通称OED。この辞典の礎を築いたのは「異端の学者」と「殺人犯」だった。この事実をドラマチックに描いたノンフィクション本の映画化。
19世紀、独学で言語学博士になったマレーはオックスフォード大学で英語辞典編纂計画の中心となっていた。シェイクスピアの時代まで遡りすべての言葉を収録するというプロジェクトが困難を極める中、博士に大量の資料を送ってくる謎の協力者がいた。その協力者は殺人を犯し精神病院に収監されていた。貧しい家に生まれ学士号を持っていない学者マレーと、元軍医というエリートながら精神を病み殺人を犯してしまったアメリカ人のマイナー。辞典づくりというロマンを共有したふたりは固い絆で結ばれていく。しかし、大英帝国の威信をかけた一大事業に犯罪者が協力していることが明るみになり、プロジェクトは暗礁に乗り上げてしまった。ついには時の内務大臣ウィンストン・チャーチルや王室をも巻き込んでいく。
構想から20年。原作の映画化に名乗りを上げたのが、マレー博士を演じるメル・ギブソン。狂人マイナー役にはショーン・ペン。南北戦争で心を病みながらも辞典づくりで心救われるマイナーに挑んでいる。

この作品の試写を観ながら、やっぱり辞典作りの肝は「言葉集め」なのだと思い、『マルモイ ことばあつめ』のことを思いながらこの作品を観た。『マルモイ ことばあつめ』は1940年代の朝鮮半島、京城(日本統治時代のソウルの呼称)が舞台で、全国の言葉・方言を集めた朝鮮語の辞典を作る話。日本の圧力で朝鮮語が使えなくなる中、朝鮮語の辞典を作るための言葉集めが描かれる。辞典を作る学者と一方の主人公は言葉はしゃべれても文字は知らない。ただ機転が働く。こちらの「言葉集め」は、地方から京城に来ている人たちを集め、ひとつの言葉に対して、その人たちの故郷ではどのように言うのか聞き、方言を集めていた。
作りは違っても辞典を作る苦労は同じ。いかにたくさんの言葉を集めるか。言葉がなくならないように、あるいはなくなる前に記録する。それには膨大な時間がかかる。そしてある意味、言葉に取り付かれないとできないのだなと思った(暁)。


1998年に「博士と狂人──世界最高の辞書OEDの誕生秘話」が刊行されると全米で大反響を呼び、劇的なストーリーに魅せられたメル・ギブソンが映画化に名乗りをあげました。構想から約20年。2016年に撮影が開始されましたが、妥協を許さないメル・ギブソンと製作会社の間でトラブルが起こり、裁判までに発展。OED編纂に人生を賭けたマレーの姿が重なります。
本作はOED編纂が本筋ですが、ショーン・ペンが演じたマイナーの秘めた愛もサブストーリーとして展開されます。マイナーは妄想から射殺してしまった男性の家族に援助を申し出るのですが、男性の妻イライザに拒否されました。しかし、そのやりとりを通じて。イライザが文盲と分かり、マイナーが読み書きを教えていくうちに愛が芽生えるのです。とはいえ、敵味方のような立場の2人は気持ちのままに生きることはできません。マイナーが選択したあまりにもストイックな決断に切なくなってしまいました。(堀)


19世紀、全世界に覇権した大英帝国。その威信をかけて、英語がいかに世界各地に波及したかを証明する為に編纂されることになったのがオックスフォード英語大辞典(OED)。
3代目のOED編集主幹に任命されたジェームズ・オーガスタス・ヘンリー・マレーは、家が貧しく、大学に行かず独学で言語を学んだ人物。フランス語、イタリア語、ドイツ語、ギリシャ語、ラテン語などを習得。ヘブライ語とシリア・アラブ語の聖書は辞書なしに読めたそうです。語源を紐解くのには、古い言語にも通じていないと出来ないから、まさにうってつけの語学の天才。それでも、言語は生き物。全世界の英語を使用する地域の人たちから、使われ方を収集して辞典を出版しても、その時点ですでに古くなっているというジレンマがあったと思います。今や、ネット時代。電子辞典なら変化にすぐ対応できるのでしょうが、それでも追いつかないスピードで言語も変化していくような気がします。一方で言語もグローバル化が進んで、地域差が薄れていくという寂しさも感じます。(咲)


「博士と狂人」main.jpg
(C)2018 Definition Delaware, LLC. All Rights Reserved.

公式HP
2019年製作/124分/G/イギリス・アイルランド・フランス・アイスランド合作
配給:ポニーキャニオン

わたしは金正男を殺してない   原題:Assassins

watasiha kim.jpg

監督:ライアン・ホワイト(『おしえて!ドクター・ルース』『ジェンダー・マリアージュ 全米を揺るがした同性婚裁判』)

2017年2月13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港出発ロビーで、北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)が暗殺されたというニュースが世界を駆け巡った。北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)の異母兄である金正男。空港の監視カメラには、一部始終が写されていて、殺害犯二人が捕まる。それは意外にも若い二人の女性だった。インドネシア人のシティ・アイシャと、ベトナム人のドアン・ティ・フォン。二人はなぜ金正男殺害の実行犯となったのか・・・

当時、ニュースを観た時に、若い女性二人が空港ロビーを歩いている金正男に突然抱きつく姿が監視カメラの映像が映し出されていて、しかもそれが北朝鮮の女性ではないことに違和感を覚えました。本作は、二人がなぜ殺害実行犯になったのかを丁寧に紐解いていきます。北朝鮮の工作員たちは、SNSで日本のテレビ向けのイタズラ動画への出演を呼びかけ、巧妙に彼女たちを「演出」したのです。裏で操った工作員たちは、さっさと国外に逃げてしまい、実行犯として捕まった彼女たちのその後がなんとも気の毒でした。監視カメラに写ることも計算済みの暗殺劇。いやはや怖いです。(咲)

大きく報道された暗殺事件のニュースははっきり記憶にあります。白昼堂々と行われた暗殺、顔に塗られただけで死んでしまう薬物があるのにも驚きました。が、その後逮捕された彼女たちがどうなったかは全く知りませんでした。実際続報を観た覚えがありません。この作品は実行犯となってしまった二人がなぜこんなことに巻き込まれたのか、誰が暗躍していたのか、その後何があったのかを順序だてて見せてくれます。うまい話には裏があると、少しは疑いましょう。一般人の知らないところで、いろいろなことが秘密裡に動いているのだと知らされました。(白)

マレーシアでは殺人で有罪になると死刑が確定すると本作で知り、驚きました。他にも国王反逆罪や麻薬密輸、営利誘拐、銃器不法所持でも死刑になるようです。
金正男殺害実行犯としてインドネシア人のシティ・アイシャとベトナム人のドアン・ティ・フォンが逮捕されました。政治的な意図はなかったにしても、お金をもらって誰かを殺害することは許されないと思っていましたが、2人は殺人を犯した意識は全くなかったことが作品から明らかになります。しかし、誰かをスケープゴートにしなければ、マレーシアが国家としての面目が立たない。実行犯に仕立て上げられた2人は殺人で有罪と判決が出てしまうと死刑が確実。加害者というよりも被害者といえるでしょう。
それぞれに弁護士がついて、無罪獲得のために奔走します。観客からすれば2人は同じ立場ですが、母国と北朝鮮の関係からその後の状況に差が生まれます。思わず、「そんなのありなの?!」と叫んでしまいそうになりました。やり切れない思いがこみ上げてきます。
高度な政治的判断とエライ人はいうのでしょう。そんなこと一般人にはわかりません。私たちにもわかるように、ちゃんと正義を貫いてほしいものです。(堀)


殺されたのは、私の人生
この事件の映像が流された時、「嘘でしょ。どうして!」と思わず叫んでしまった。白昼、堂々と、暗殺が行われたということにびっくり。しかも殺されたのは、北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)という人物。しかも場所は、大勢の利用客でごった返すマレーシア・クアラルンプール国際空港の出発ロビー。たくさんの防犯カメラの映像が一部始終を記録していた。この大胆で奇妙な謎に覆われた世紀の暗殺事件の真相に迫ったドキュメンタリーだが、暗殺事件を起こしたという女性二人は、加害者にさせられたと同時に被害者でもあった。そこに、サブタイトルににある「殺されたのは、私の人生」という言葉が突き刺さる。二人のその後がどうなったのか気になっていたけど、どうやら二人は裁判のあと、故国に戻れたらしいけど、高度な国と国との判断というのはなんなんだろうと疑問は残る。それでも見ず知らずの二人は、この裁判の間に協力しあい、励ましあう中で、弁護士など協力者の力を得て釈放に至ったということを知り、少しは救いを感じた。それでも納得のいく終わり方ではないのが政治判断という結果(暁)。


2020年/アメリカ/104分/G
配給:ツイン
公式サイト:https://koroshitenai.com/
★2020年10月10日(土) シアター・イメージフォーラム、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー
posted by sakiko at 12:02| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする