2020年08月08日

海の上のピアニスト(原題:The Legend of 1900)

uminoueno.jpg

監督・脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ
撮影:ラホス・コルタイ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:ティム・ロス(ナインティーン・ハンドレッド)、プルイット・テイラー・ビンス(マックス)、メラニー・ティエリー(少女)

ニューヨークに到着した豪華客船の中で、生後間もない赤ん坊が見つかった。船の中で生まれたが連れていけず、ピアノの上に置き去りにしたらしい。男の子は世紀の変わり目となる1900年に因んでナインティーン・ハンドレッドと名付けられ、船で働くものたちに可愛がられて育った。戸籍も持たず、船の中が彼の世界の全てだった。いつしか船内のダンスホールでピアノ演奏を覚え、誰にもまねのできない即興曲を次々と作り出して人気を博していく。ピアニストとしてデビューを勧められても頑として断るナインティーン・ハンドレッドは、乗客の美しい少女に心を奪われる。下船した彼女の後を追って、人生で初めて船を下りようとするのだったが…。

ジュゼッペ・トルナトーレ監督といえば名作『ニュー・シネマ・パラダイス』(1989)。日本公開されたときの熱狂ぶりが今も伝えられています。その監督の初英語作品。バンドの一員だったマックスがとっておきの話として語ります。舞台となる豪華客船の下層にはアメリカへ移民しようとする人々、上層階には船旅を楽しむ富裕な人々、その生活はくっきりと分けられています。
毎晩ダンスパーティで喝采を送られる孤児の天才ピアニストに、当時30代半ばのティム・ロス。表情豊かで輝いています。ピアノ演奏も特訓の結果。窓の向こうに現れるメラニー・ティエリーは、ふんわりとした輪郭で、「少女」というほか名前もつけられていません。これが人生を変える決心をするほどの出逢いになるというのが、ロマンチックの極みです。
霧の中から現れる自由の女神像に「アメリカ!」と叫んで、未来への期待いっぱいで降りていった人々のその後は、いくつもの映画が続きを紡いでいます。華やかなダンスホール、人々がひしめき合っている船内、希望の地であったはずが経済恐慌で荒れた街、さび付いてしまった客船…。人々のドラマのほか美術と撮影にも目を奪われます。この何十年の物語を、シネマスコープの画面が生きる劇場でご覧ください。
印象的な音楽を数多く送り出したエンニオ・モリコーネは2020年7月6日、91歳で逝去しました。トルナトーレ監督の劇映画全作で音楽を手がけています。合掌。(白)


今回公開されるイタリア完全版は170分! 1999年に日本で劇場公開された短いインターナショナルバージョン(121分)を観ていないので、比較出来ないのが残念です。
楽器屋にトランペットを売りにきたマックス・トゥーニー(プルイット・テイラー・ビンス)。二束三文にしかならないトランペットさえ売らなければならないマックスが、最後に一曲と吹いた曲を聴いて、楽器屋の老店主が1枚のレコードをかけるところから、物語は始まります。トランペットを売っても、宝物のような思い出があるからいいというマックスの語った驚くべきピアニストの物語。

大西洋を巡る豪華客船ヴァージニアン号。船上で生まれたピアニストの名前の由来となった1900年には、優雅に旅する金持ちと、故国を離れ新天地を求める貧しい移民たちを乗せていました。世界恐慌の時代も耐え抜き、第二次世界大戦の時には病院船としての役目を果たし、いよいよ爆破されるまでが描かれます。ピアニストの人生と共に描かれる船の運命。
私の母方の祖父が、昭和10年(1935年)頃まで大阪商船の船長として外国航路を回っていて、ブラジルに移民する方たちを乗せていったこともあるので、船の中の様子に興味津々でした。
シャンデリアが輝き、ダンスも出来る広いホールのある上の方の階にはお金持ち。広々とした個室で、ゆったりと船旅を楽しんでいます。一方、下の方の3等客室には、3段ベッドがずらり。
食糧貯蔵庫に迷い込んだ時には、まだ原型が想像できる骨の付いた肉がいっぱいぶらさがっていました。航海中、大勢の人の胃袋を満たすには、どれほどの食材が必要でしょう。そして船底では、汗にまみれながらタービンに石炭をくべる人たち。社会のヒエラルキーの縮図のような船。いろんな人の人生を運んでいたことに思いを馳せました。
楽器屋の老店主も、決して裕福じゃないのに、小金にも困った音楽家たちが愛用した楽器を買い取っている様子が見て取れて、ほろりとさせられました。(咲)


1998年/イタリア/カラー/シネスコ/121分、170分
配給:シンカ
(C)1998 MEDUSA
http://synca.jp/uminoue/
★2020年8月21日(金)デジタル修復版 ロードショー
イタリア完全版(170分)は9月4日(金)からの公開になります。
posted by shiraishi at 20:30| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はりぼて

haribote.jpg

監督:五百旗頭幸男(いおきべゆきお)、砂沢智史(すなざわさとし)
撮影・編集:西田豊和
プロデューサー:服部寿人
語り:山根基世
声の出演:佐久田脩
テーマ音楽:「はりぼてのテーマ~愛すべき人間の性~」作曲・田渕夏海
音楽:田渕夏海
音楽プロデューサー:矢崎裕行

2016年から富山県のチューリップテレビが取材したドキュメンタリー。市議会議員報酬10万円アップの要求をきっかけに、これは妥当なのか政務活動費が正しく使われているのか疑問が膨らむ。砂沢智史監督(当時富山市政担当記者)は、疑問の裏付けをとるべく何千枚もの資料を請求、デスクとともに連日確認に励む。五百旗頭幸男監督(当時キャスター)も、議員本人、富山市当局を追及。市議会のドンと呼ばれた大物議員の不正発覚を皮切りに、取材班の粘り強い調査は最終的に14人の議員辞職ドミノを起こすことになった。

これだけの調査をし、ニュースとして取り上げるにはさぞ勇気と覚悟が必要だっただろうと思いました。存分にやれ、と言ってくれた上司、同僚、家族の応援もあったでしょう。何より記者として伝えなければ、という思いが強かったのではないかと想像します。規模の違いこそあれ、同じようなことが国の政治中枢でも、身近なところにもきっと起こっています。それに気づいて疑問を糾弾したり、是正しようと動く人がどれだけいることか。そういう人が出てきたら、応援して支えましょう。
議員は住民の期待を背負って、代表となる人です。高額の収入や年金や、ましてや権力を手に入れるために出発したのではなかったはず。歪んでしまったなら、メディアはそれを知らせるのが仕事じゃありませんか? 新聞記者やテレビのキャスター、コメンテーターが政府を批判したからと、降ろされたり締め出されたりするのはおかしいです。おかしいぞ、と言える国でなくちゃ。(白)

☆五百旗頭幸男監督、砂沢智史 監督のインタビューはこちらです。

2020 /日本/日本語/カラー/ビスタ(1:1.85)/ステレオ/100 分
配給:彩プロ
(c)チューリップテレビ
公式サイトhttps://haribote.ayapro.ne.jp
Twitter  https://twitter.com/haribotemovie
★2020年8月16日(日)渋谷 ユーロスペースほか全国順次公開
posted by shiraishi at 20:18| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする