2020年08月07日

この世の果て、数多の終焉(原題:Les confins du monde)

konoyonohate.jpg

監督・脚本:ギヨーム・ニクルー
出演:ギャスパー・ウリエル(ロベール・タッセン)、ギヨーム・グイ(カヴァニャ)、ジェラール・ドパルデュー(サントンジュ)、ラン=ケー・トラン(マイ)

1945年3月。フランス領インドシナに進駐していた日本軍がクーデターを起こし、それまで協力関係にあったフランス軍に一斉攻撃を仕掛けた。駐屯地での殺戮をただひとり生き延びたフランス人の兵士ロベールは、兄を殺害したベトナム解放軍の将校ヴォー・ビン・イェンへの復讐を誓い部隊に復帰する。ゲリラとの戦いは苛烈を極め、ヴォー・ビン・イェンの行方はつかめない。ロベールはベトナム人娼婦マイに惹かれるが、復讐に取り憑かれて後戻りはできない。やがて軍規に背く行為へと駆り立てられるように突き進んでいく。

フランス領インドシナ(1887-1954)は現在のベトナム、ラオス、カンボジアを合わせた地域。第2次世界大戦中日本軍も一時占領していました。ヨーロッパの大国がアジア、アフリカの国々を植民地としていた時期、あまりに国力が違いすぎて抵抗できなかったのでしょう。日本も大東亜共栄圏という構想をぶちあげたことがありました。アジアで共存共栄をという日本も、列強もどっちもどっちです。蹂躙された人々の嘆きも涙も届かない、というより同じ人間として見ていません。
インドシナにやってきたロベールやほかの兵士たちも、国の欲と都合に人生を狂わされてしまいました。映画は兵士たちの戦う場面ではなく、戦闘が過ぎて死体が散らばる凄惨な場面を映し出します。ロベールは兄が無残に殺されて、憎しみと復讐心をたぎらせますが自分の家族だからこそ。繊細なギャスパー・ウリエルが苦悩するのが痛々しいです。
どの兵士も住民も娼婦も、父と母から生まれた同じ人間なのに、そうは思わない訓練をして兵士は作られていきます。
壊れていくロベールに手を差し伸べる作家サントンジュは、名優ジェラール・ドパルデューが貫禄で演じています。サントンジュはフランス軍と独立を求めるインドシナの間にいる人間です。慧眼と包容力、父性を兼ね備えた彼だけが、ロベールの魂を救えたのに。
ベトナムのじっとりした暑さと死臭漂うような画面は観客を不安にします。不条理で不毛なのが戦争、とわかっても繰り返すのはなぜなのか。今に人間は地球から放り出されるのでは、というのは杞憂でしょうか?(白)


主人公のロベールが肩を落として座っている場面はポスタービジュアルにもあるが、シネスコの横長画面がロベールを押し潰しているかのように見える。バックに見える人々も歪められているのか、速度が緩慢でぼわんとした印象。ロベールは精神状態が普通でなく、次第に追い込まれていく。ベトナム帰還兵が心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しむ話は映画に多いが、ロベールもPTSDだったに違いない。
ベトナム戦争はアメリカが起こしたものだとばかり思っていたが、始まりはフランスだったことをこの作品で知った。しかも日本がそこに絡んでいたとは! 歴史を知ってから見た方がより作品を理解できるだろう。
ところで、ジェラール・ドパルデューは14日公開の『ファヒム パリが見た奇跡』にも出演していて、今週はジェラール・ドパルデュー祭。フランスの国籍を捨て、ロシア国籍を得たとはいえ、演じている役はどちらも当然ながらフランス人。圧倒的な存在感を放っていた。(堀)


2018年/フランス/カラー/シネスコ/103分/R18+
配給:キノフィルムズ
(C)2017 Les films du Worso - Les Armateurs - Orange Studio - Scope Pictures - Rectangle Productions - Arena Films - Arches Films - Cinefeel 1 - Same Player - Pan Europeenne - Move Movie - Ce Qui Me Meut
https://www.konoyonohate.jp/
★2020年8月15日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 20:17| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディヴァイン・フューリー/使者(原題:The Divine Fury)

divine.jpg

監督・脚本:キム・ジュファン
出演:パク・ソジュン(パク・ヨンフ)、アン・ソンギ(アン神父)、ウ・ドファン(ジシン)、チェ・ウシク(チェ神父)

ヨンフは自分が産まれるのと引き換えに母を亡くし、警察官の父と二人暮らしだった。その父も亡くなってしまい、神父の言う通り真剣に祈ったのに助けてくれなかった!と怒る。神に見捨てられたと恨みながら20年が経った。いまや非情なプロの格闘家として負け知らずだったが、父の夢を見た後、手の平に覚えのない傷ができて血が止まらず原因は不明。占い師から心が汚いから悪霊につけこまれると言われて、ムッとするが反駁できない。
バチカンから悪魔祓いのためにソウルに派遣されたアン神父は、危ないところをヨフンに救われる。ヨフンの傷を聖痕と見たアン神父は、頑ななヨフンに「何事も神の意思」と説く。「神は信じない」と言いつつ、神父の手助けをするヨフン。一方ソウルに潜む大きな闇が2人に迫ってきていた。

悪魔祓いのストーリーはアメリカと思っていたら、これは韓国製。韓国はクリスチャンが全体の3割と日本よりずっと多い(日本は1%くらい)ので、成り立つんですね。とりつきやすい人のところに悪魔が次々とやってきて、アン神父が孤独な闘いを続けます。このとりつかれる子役さんすごい!
荒唐無稽な話でも、アン・ソンギがいるだけで、信ぴょう性が増します。頼りになって安心しますね。同時に茶目っ気を見せるシーンもあります。命がけで悪魔祓いをするアン神父に、ヨンフが亡くなった父親の姿を重ねて心を開いていくのにほっこりします。これからも元気で映画に出てくださいますように。
ウ・ドファンが邪悪で美しいです。善と悪のすさまじい戦いが待っていますので、心してご覧ください。(白)


子役くんはかわいいのだけれど、あまり運動神経が良さげには見えず。長じて総合格闘技の世界チャンピオンになったというのは少々ギャップが。。。しかし、そんな違和感もパク・ソジュンの鍛え上げられた肉体がすぐにねじ伏せてしまうので大丈夫。
それよりも本作でいちばんおいしい役どころだったのはウ・ドファンではないだろうか。悪役ながら美しさが堪能でき、アクションシーンの見せどころがばっちりある。特殊メイクはかなり時間がかかったであろうけれど、その変身ぶりは驚愕モノ! ファンにはたまらない作品だろう。『東京喰種 トーキョーグール【S】』での松田翔太を思い出した。
チェ・ウシクが演じたアン神父の弟子のチェ神父はすぐに退場してしまったかと思いきや、最後まで活躍場面があってよかった!(堀)


神様も世の中も信じられない格闘技チャンピオンを演じたパク・ソジュン。ちょうど観終わったばかりのドラマ「キム秘書はいったい、なぜ?」では、財閥の御曹司で大企業の副会長を務める完璧な俺様男で、全く違う雰囲気。さすがな演技力と唸りました。
そして、おぞましい悪魔祓いの映画なのに、観る者に安らぎを与えてくださるアン・ソンギさん! キム・ギドク監督の『人間の時間』も、かなりえぐい映画でしたが、アン・ソンギさんの静かな笑顔のお陰でなんとか観ることができました。どちらの映画も、演じるにはかなり勇気のいる役どころ。アン・ソンギさんは、柔軟剤か、はたまた緩衝材?! ご自身それを自認してオファーを受けたのかとお聞きしたくなりました。(咲)



2019年/日本/カラー/シネスコ/110分
配給:クロックワークス
(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
公式サイト:http://klockworx-asia.com/divinefury/
★2020年8月14日(金)シネマート新宿ほか全国順次公開



posted by shiraishi at 10:39| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする