2020年08月01日

れいこいるか

reikooruka.jpg

監督:いまおかしんじ
脚本:佐藤稔
出演:武田暁(伊智子)、河屋秀俊(太助)、豊田博臣、美村多栄、時光陸、田辺泰信

1995年1月17日の神戸。伊智子と太助は、阪神淡路大震災により一人娘のれいこを亡くしてしまった。その後夫婦は離婚し、2018年に再会する。二人は親子3人で出かけた思い出の水族館を訪ねて、れいこの好きだったイルカショーを見る。日常が戻ってきたかに見えていても、いなくなった人は戻らない。

あの早朝、阪神・淡路を襲った大震災から25年が経ちました。最大震度7の揺れもさることながら、冬のさなかで朝食前の時間だったせいか、あちこちで火の手があがり、消火が追い付かずまたたくまに大きな火災となりました。黒煙を上げる神戸市内、横倒しになった高速道路、紙の工作のように壊れてしまったビルや家屋の画像が蘇ってきます。
映画には被災した街の情景はありません。亡くなった家族や友人を思い続けている人たち、その中の”いるかが好きだった娘”を亡くした一組の夫婦のその後が描かれています。
いまおか監督が亡くなった友人・知人を思い出しつつ、映像の中に刻みこんだ作品。
奔放で明るい伊智子を演じた武田暁(あき)さんは劇団で活躍している女優さんでこれが映画初主演。太助を演じた河屋秀俊さんには見覚えがありました。離婚したけれど嫌いになったからじゃない、口数少ないけれど愛情深い夫で父親だった人がそこにいました。

谷川俊太郎さんの「ことばあそびうた」(福音館)の「いるか」の詩を思い出します。
いるかいるかいないかいるか
いないいないいるか…… 
この作品を観た後は「れいこいるか」「いないいない」と続いて、涙がにじみそうです。(白)


2019年/日本/カラー/シネスコ/110分
配給:ブロードウェイ
(C)国映株式会社
https://reikoiruka.net-broadway.com/
★2020年8月8日(土)新宿 K’sシネマほか全国順次公開
posted by shiraishi at 20:25| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハニーボーイ(原題:Honey Boy)

honey boy.jpg

監督:アルマ・ハレル
脚本:シャイア・ラブーフ
撮影:ナターシャ・ブライエ
音楽:アレックス・ソマーズ
出演:シャイア・ラブーフ(ジェームズ)、ルーカス・ヘッジズ(オーティス22歳)、ノア・ジュプ(オーティス12歳)、FKAツイッグス(シャイ・ガール)

オーティスは若くしてハリウッドの人気俳優となり、仕事に忙殺される日々が続いている。ある日泥酔して車を運転し、アルコール依存症の更生施設に送られた。リハビリの過程で自分にPTSDの兆候があることを知る。原因をつきとめるため思い出を書き出すことになった。
10年前、12歳の子役だったオーティスは、マネージャーである父親ジェームズが引き受けた仕事をこなしている。前科者で無職、息子の働いた金で酒を飲み、突然爆発するジェームズに普通の父親らしさを求めては裏切られていた。

シャイア・ラブーフが自身の体験を反映させた脚本を書き、自ら父親役も演じています(か、髪の毛が)。子役時代から父親との軋轢を抱え、大人になって親の不器用な愛情に気づいていくストーリーです。
シャイア・ラブーフは大ヒットした『トランスフォーマー』(2007)で一躍スターになりましたが、その裏側にはこんな悩みがあったんですね。その後『マン・ダウン 戦士の約束』でPTSDのもと兵士役、『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』の素晴らしいマッケンロー役を演じていい俳優になったことと驚きました。ゴシップにも事欠かなかった人でしたが、この『ハニーボーイ』は映画のストーリーのとおり、更生施設で書いたものです。脚本の才能も見いだせたのだし、依存症もトラウマも乗り越えて、良き伴侶を見つけてと願っています。
愛らしい子役のノア・ジュプは『ワンダー・君は太陽』(2017) 『クワイエット・プレイス』(2018)『フォードvsフェラーリ』(2019)と続いて出演。この作品も代表作になりそうです。可愛いだけではなく、家族の愛を渇望するオーティスになりきっていました。2005年生まれ、伸び盛りの彼は次の作品でまた一段と大きくなっていそうです。
長じてからのオーティスを演じたルーカス・ヘッジズはどんな役も自分のものにする若き実力派。この作品より前の制作だった『mid90s ミッドナインティーズ』が9月公開。ポスプロ中の作品が何本もあり。
アルマ・ハレル監督のほかの作品を観られないでいますが、この1本を観ただけでも次の作品への期待が高まります。自由に制作の進まない時期ですが、才能ある人たちが伸びていける映画界でありますように。(白)


人気絶頂の子役とアルコール依存症だった父親。2人は息子の収入で暮らしている。アルコールは絶っているもののかっとしやすく、場を盛り上げる嘘を平気でつく父親は自分のことで精一杯。そんな父親を見つめる息子の眼差しはどこか寂しげ。唯一、父の背中にしがみついてバイクに乗っているときはうれしそう。父親の体温に愛を感じていたように見えた。
長じた息子は薬やアルコールに溺れて、たびたびトラブルを起こす。自動車事故を起こした今はアルコール依存症のリハビリ施設でプログラムを受講中。合間に幼いころを思い出し、自分と父親の状況を重ね、父親は愛情表現が下手なだけで自分を愛してくれていたことに気づいていく。
シャイア・ラブーフが自らの過去を脚本にし、しかも自分の父親の役で出演した。本人としては大人になった自分を演じるつもりだったそうだが、監督はそれを望まず、演じるなら父親だと言ったという。それは作品にとってだけでなく、シャイア・ラブーフ自身にとってもよかったのではないだろうか。(堀)


2019年/アメリカ/カラー/シネスコ/95分
配給:ギャガ
(C)2019 HONEY BOY, LLC. All Rights Reserved.
https://gaga.ne.jp/honeyboy/
★2020年8月7日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
先着順!来場者に特製ステッカープレゼント
posted by shiraishi at 20:02| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鬼手(原題:The Divine Move 2: The Wrathful)

kisyu.jpg

監督:リ・ゴン
撮影:キム・ドンヨン
武術監督:キム・チョルジュン
出演:クォン・サンウ(グィス)、キム・ヒウォン(トン)、キム・ソンギュン(ホ・イルド)、ホ・ソンテ(釜山の雑草)、ウ・ドファン(ウェトリ)

父は自死、母には捨てられ、姉と二人残されて生きてきた少年グィス。最愛の姉も失って天涯孤独となってしまった。そんなグィスを支えたのは亡き父が手ほどきをしてくれた囲碁だった。グィスの才能を見込んだ孤高の棋士ホ・イルドは、山に籠って自分の持てる全てをグィスに伝授する。厳しい指導に屈せず成長したグィスは、イルド亡きあと賭け碁の世界に飛び込んでいく。それは復讐の日々の始まりだった。

チョン・ウソンが主演した『神の一手』(2014/原題:The Divine Move)のスピンオフ作品。グィスを始め、敵となるどの面々も濃すぎるほどの強烈キャラです。それぞれに合った囲碁の展開とアクションの見せ場に苦心した リ・ゴン監督の成果をご覧ください。
韓国ノワール作品は精神的にも肉体的にも痛いものが多いですが、主演のクォン・サンウは肉体改造をして(筋肉を増やして体脂肪率9%)自らアクションをこなしています。もうすぐ44歳になんなんとするのに、そのモムチャンぶりも必見。グィスと同じく家族を亡くして復讐に燃えているウェトリにウ・ドファン。8月に公開される『ディヴァイン・フューリー/使者』にも印象的な役で登場。日本ではテレビドラマで知名度上がり、すでに日本公式ファンクラブもあります。
ぴんと張りつめた空気を和らげてくれるのが、妙ないきがかりでグィスにつきまとい、勝手に相棒となってしまったトン。演じるキム・ヒウォンはいくつもの映画で見かけますが、ここでも名バイプレイヤーとして作品にユーモアを加えています。囲碁好きな方「鬼手」が何であったのか、しかとご注目を。私のように囲碁の知識がなくても楽しめます。(白)


静かなイメージの囲碁を、バイオレンス・ノワールにしてしまったところが、さすが韓国流。そんな中で、ほっとさせてくれるのが、囲碁は下手なのに賭け碁においては鼻がきくトン先生役のキム・ヒウォン。ドラマ「ゴハン行こうよ2」(2015)での靴下が臭そうなだらしない元刑事役が絶品でした。
そして、もう一人、気持ちを明るくさせてくれたのがホン・マダムを演じた紅一点のユソン。ドラマ「ソル薬局の息子たち」(2009年)のキム看(看護師)役がとてもチャーミングだったユソンが、トン先生に安らぎを与えてくれる役どころで出てきて嬉しかったです♪ (咲)



2019年/韓国/カラー/シネスコ/106分
配給:ツイン
(C)2019 CJ ENM CORPORATION, MAYS ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED
https://kishu-movie.com/
★2020年8月7日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 20:01| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする