2020年07月03日

横須賀綺譚

yokosuka poster.jpg

監督・脚本:大塚信一
撮影:飯岡聖英
出演:小林竜樹(戸田春樹)、しじみ(薮内知華子)、川瀬陽太(川島拓)、長内美那子(静)、湯舟すぴか(絵里)、長屋和彰(梅田)、烏丸せつこ(陽子)

2008年、東京で結婚目前だった春樹と知華子。知華子の父親が要介護になったため、故郷に戻ることになった。
春樹は証券会社に勤めて多忙な生活をおくっており、知華子との生活ではなく東京で仕事を続ける方を選んだのだ。婚約を解消した知華子は友人の絵里と荷物をまとめる。本当に別れるのかと聞く絵里に「いい人だけど、薄情なの」と言って、家を出ていった。
それから9年後。春樹は震災で亡くなったはずの知華子が生きているかもしれない、と絵里から知らされた。春樹は 半信半疑のまま、知華子がいるという横須賀へと向かう。

小説家を目指していた知華子は夥しい数の本を持っていて、最初のシーンでカメラの前に本の山ができます。家を出た後大きな本棚は空っぽになりました。証券マンの春樹は本を持たない人のようです。どんな含みがあるのかなと思った始まりでした。
2011年3月の東日本大震災から今年で9年になります。地震の後にやってきた津波で、太平洋沿岸の地域は大きな被害を受けました。濁流に飲み込まれていく映像を声も出せずに見つめました。さらに追い打ちをかけた福島第1原発のメルトダウン、目に見えない放射能が住人から故郷を取り上げました。辛くて忘れたい人も、だからこそ忘れまいとする人も、日が経つにつれて記憶は薄れていきます。あの惨禍が遠いできごとであった人はなおさらです。
大塚監督は初めて世に送り出す映画の中に「あったことはなかったことにできない」という台詞を入れました。戦中戦後を生き抜いた静(しずか)さんが「忘れるもんか!」と叫ぶ声も耳に残ります。
マスク着用での大塚監督インタビューをいたしました。ただいま書き起こし中。少しお待ちくださいませ。(白)


☆インタビュー記事掲載しました。こちらです。

2019年/日本/カラー/シネスコ/86分
配給:MAP+Cinemago
(C)横須賀綺譚 shinichi Otsuka
https://www.yokosukakitan.com/
★2020年7月11日(土)より新宿K'Sシネマほか順次公開
posted by shiraishi at 22:52| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グッド・ワイフ(原題:Las niñas bien)

goodwife.jpg

監督・脚本:アレハンドラ・マルケス・アベヤ
出演:イルセ・サラス(ソフィア)、カサンドラ・シアンゲロッティ(アレハンドラ)、パウリーナ・ガイタン(アナ・パウラ)、ジョアンナ・ムリーヨ(イネス)、フラビオ・メディナ(フェルナンド)

1982年、メキシコシティの高級住宅地ラスロマス。ソフィアは実業家の夫フェルナンド、3人の子どもたちと豪邸に暮らしている。セレブ妻たちのコミュニティで女王のごとく君臨し、そのヘアスタイルやメイク、ドレスもあこがれの的になっている。実は火花を散らしているマダムたちの仲間に入ってきたのは新顔のアナ・パウラ。夫は証券会社を経営し、今最も羽振りがいい。ソフィアは垢抜けないアナに冷ややかな態度を崩さないが、メキシコの経済危機はフェルディナンドの会社もソフィアの暮らしも直撃する。盤石と信じた基盤が危うくなり、カードも小切手も使えなくなったセレブな人々はどうなる?

オープニングはソフィアの誕生日パーティ。肩パッド入りの豪華なドレスを身にまとい、鏡の前でポーズをとる彼女は自信満々です。母親の薦めで結婚した家柄の良いリッチな夫との結婚生活は大当たりで、たくさんの使用人に家を任せ、お洒落と遊びと買い物三昧の毎日。それも夫の階級、地位と収入にかかっています。
これまでなら庶民の目線のコメディ仕立てにして笑い飛ばすところを、アベヤ監督はソフィアを中心に、女性の内面をシリアスに描いて見せました。40年ほど前の女性がどんな立場であったのか、垣間見ることができます。ソフィアの妄想恋人が人気歌手のフリオ・イグレシアスというのが、空虚な心を埋めているようで少し気の毒。(白)


1982年生まれのアレハンドラ・マルケス・アベヤ監督。彼女が、長編2作目となる本作を自分の生まれ育った時代を舞台に描くのにあたって着想を得たのが、敬愛する作家グアダルーペ・ロアエサの小説。グアダルーペ自身が属するメキシコの上流階級の人々の生態をユーモアと辛辣な語りであばき出した物語。映画のスペイン語の原題『Las ninas bien』も、グアダルーペが1985年に出した処女小説のタイトルから取っています。英題は『The Good Girls』ですが、単に良い子(少女)というだけでなく、良家の子女といった階級やお金に結びついたニュアンスがあるそうです。
1980年代頃から、女性たちが男女同権を目指して頑張り、多くの権利を得てきましたが、一方で、金と権力のある夫の妻というステータスに憧れる女性もいまだに存在します。アベヤ監督は、上流階級の女性たちが、男女同権を目指す活動を阻む一因になっているのではないかと危惧しています。夫の倒産ですべてを失ってしまう惨めなソフィアの姿から、夫に頼らず女性も自立すべきと教えられた気がします。(咲)


肩パットがバーンと張った白いワンピースを身につけたソフィアを10枚以上の合わせ鏡が映し出す。ちょっと振り返って勝ち誇ったような笑みを浮かべるソフィアの美しさは完璧! そんな女王のようなソフィアが転げ落ちていく姿を作品はシビアに描いています。

いい妻とはどんな妻? 料理が上手で、家の中はいつもきれいに整えられ、贅沢をせずに家計をうまく切り盛りする。一般的にはこんなところでしょうか。
本作に出てくる人々は庶民とはかけ離れた世界に住んでいます。妻は料理を作らず、掃除もしない。それは使用人たちの仕事。確かにお金があれば代替可能。買い物三昧、テニス三昧でストレスもなく美しい妻でいることは他の人には代替できません。そんな妻が家にいることで夫は仕事に邁進します。
男が働き、女が家庭を守る。舞台となった1982年頃、日本もこの認識で家庭は成り立っていました。
1986年に男女雇用機会均等法か施行され、女性も男性と同じように働けるようになりました。それからもうすぐ40年。施行直後は形ばかりでしたが(ちょうど私が就職したころです)、今は女性も男性と同じように働けるようになってきています。しかし、家事労働は女性メインの意識はなかなか変わらない。仕事と家庭で疲れた女性の憧れがこの作品に出てくるような専業主婦だと結婚後も仕事を続ける娘が言っています。
男性に依存する生き方は宝くじを買うようなもの。ソフィアが転げ落ちたようにパウラもいつ転げ落ちるかわかりません。自分の力で生きていく術を持つことの大切さを是非この作品から感じ取ってほしいと(術を持たなかった母は)思います。(堀)


2018年/メキシコ/カラー/シネスコ/100分
配給:ミモザフィルムズ
(C)D.R. ESTEBAN CORP S.A. DE C.V. , MEXICO 2018
http://goodwife-movie.com/
★2020年7月10 日(金)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー



posted by shiraishi at 21:23| Comment(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もち

mochi.jpg

監督・脚本:小松真弓
撮影:広川泰士
出演:佐藤由奈(ユナ)、蓬田稔(お爺ちゃん)、佐藤詩萌(シホ)、佐々木俊(タツ兄)、畠山育王(先生)

岩手県一関市本寺地区。中学3年生のユナのお祖母ちゃんが亡くなった。
葬儀の日は餅つきをしてみんなで食べるのがこの地区の習慣だが、最近は電動餅つき機にとって代わっている。お爺ちゃんは昔ながらの臼と杵を使った餅つきにしたいと譲らない。ユナは簡単なほうがいいのに、と思いながらもお爺ちゃんにとって大事なことなのだろうとそばにいる。
ユナの中学校はユナたちが卒業した後、廃校になることが決まっている。お祖母ちゃんが亡くなり、学校が無くなり、友達もみんな離れていくだろう。「いつか思い出せなくなる」とユナは不安だ。

ユナの住んでいる本寺地区は中世の昔、骨寺村荘園があったところ。今も営々と農業が続けられ、「陸奥国骨寺絵図」(重要文化財/中尊寺蔵)の面影をとどめているそうです。身体と心が大きく成長する思春期のユナは、不安や疑問を抱えています。変わらないように見えた周囲でも少しずつ変化はあり、思い出は積み重なって更新されていきます。
それでも意識して「忘れない」ように大切にするものもあります。なぜそうしなくてはいけないのか?ユナと一緒にものを真っすぐに見て、感じてみてください。登場する役者さんは演技経験のない、そこの住民の方々です。伝統の神楽を練習する子どもたちが真剣で、ユナが凛々しいです。小松監督・脚本のドラマですがドキュメンタリーかと思うほどリアルなのは、小松監督の丁寧な取材と自然な反応を引き出す演出力のたまもの。あなたが忘れたくないものは何ですか?(白)


タイトルはシンプルに「もち」。こだわりは「臼と杵で餅をつくこと」。でも、個人の家で餅をつく文化は日本ではだんだん薄れてしまった。この一関の本寺地区では葬儀の時に餅つきをして、出席した人たちで餅を食べるのが習慣らしい。「葬儀でもち」というのが珍しいと思い、「臼で杵でついた餅にこだわる」というところで我が家の餅つきを思い出した。
日本では正月に餅を食べる習慣が多いけど、我が家でも年末の12月30日に餅つきをしていた。かれこれ30年、1980年頃までは年末になると餅米をかまどでふかして臼と杵で餅をついていた。それもこれも、父が臼と杵で餅をつくことにこだわっていたから。官舎に住んでいた1975年頃までは木の臼、木の杵を使っていた。そのうち、この木の臼と杵が古くなって使えなくなってからは、散々探し回って石臼と木の杵にした。そしてかまども新しくした。あの頃、薪を集めるのにも苦労はなかったし、官舎にいた周りの人たちも餅つきがめずらしくて、餅つきの時にはみんな集まってきて、つきたての餅を餡や黄粉、大根おろしで絡め餅にして、みんなで一緒に食べた。懐かしい思い出。3,4日前から小豆を煮て餡を作る準備をしていた。
自宅を建て郊外へ引越ししたのは1977年頃。その頃には近所迷惑になるから薪を燃やすことができないかと思ったけれど、年1回のことなので近所に前日挨拶に回って「明日、餅をつくので」と断って、薪を使って餅米を外で蒸かし餅をつきをした。小さい頃は父と母で餅つきをしていたけど、私も中学生頃には餅つきを手伝うようになり、杵で餅をつく力仕事を担うようになった。そして、父が60歳をすぎた頃にはさすがに体力的に厳しくなり餅つきはやめた。
昭和30年代、地方ならともかく都内の個人の家で餅つきをするというのは珍しかったけど、今や地方でも神社やイベント以外で餅つきをするのはほとんどなくなり電動の餅つき機に変わってしまっている。この映画を観てそんなことを思い出し、時代の流れ、文化の伝承、こだわり、忘れたくない思い出などを考えた(暁)。


moti aisatu.jpg
初日舞台挨拶 小松真弓監督、及川プロデューサー


2019年/日本/カラー/61分
配給:フィルムランド
(C)TABITOFILMS・マガジンハウス
http://mochi-movie.com/
★2020年7月4日(土)ユーロスペースほかにてロードショー
posted by shiraishi at 20:47| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする