2020年02月03日

影裏

15807027777141.jpg

監督:大友啓史
脚本:澤井香織
音楽:大友良英
原作:「影裏」沼田真佑(文春文庫刊)
撮影:芦澤明子
出演 :綾野剛、筒井真理子、中村倫也、平埜生成、國村隼、永島瑛子、安田顕、松田龍平

会社員の今野(綾野剛)は岩手に転勤し、そこで同僚の日浅(松田龍平)と知り合う。一緒に飲みに行ったり、釣りに行ったりするなど、まるで遅い青春時代のような日々を過ごすうちに、今野は日浅に心を開いていく。だがある日、日浅は今野に何も告げずに突然退職し、その後しばらくしてまたフラリと姿を現す。

冒頭から綾野剛の毛穴が見える程のクローズアップや肢体の場面が続く。綾野剛、松田龍平の主演コンビだけではなく、出演者全員が容赦ないクローズアップに晒される。顔の表情の奥にある内心までをも映し出そうとするかのようだ。ソフトフォーカスレンズで安易に綺麗な映像を作るような意図は、今回の大友啓史演出には通用しない。

遅れてきた青春時代のように交流する綾野剛と松田龍平の楽しげな絡み場面ですら、不穏な空気を孕んでいる。それが次第に切なさを帯びて行き、終盤は思わぬ展開が待ち受ける…。

登場人物たちの顔、彼らを取り巻く環境の全てが卓越したカメラワークで”説明”される。地方都市・盛岡の古い倉庫、今野(綾野剛)の住む普通のアパートに漂うジャスミンの薫り、ビアズレー絵画、光る川面、夜の川、炎が照らす闇、魚たち、苔むした森、人々の祝祭などを映し出した芹澤明子の撮影は、脚本以上に作品世界を表現して見事という他はない。近年これほどの絶品な撮影技量にはお目にかかれない。

大友啓史監督は、原作が芥川賞を受賞する前から映画化を起草していたそうだ。盛岡の再生と記念碑となるべきアートを模索していた地元自治体との利害が上手く合致した。ロケ地の全面協力のもと、生まれた逸品である。漫画を原作としたのエンタテインメントを器用に撮る印象のあった大友啓史監督の新たな側面を観た思いだ。(幸)

配給:ソニー・ミュージックエンタテインメント
配給協力:アニプレックス
カラー/製作国日本/ 134分
(C)2020「影裏」製作委員会
公式サイト:https://eiri-movie.com/
★2020年2月14日(金)より全国ロードショー★
posted by yukie at 13:07| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏 英題:JEREMIAH TERMINATOR LEROY

15807019284340.jpg

監督・脚本・製作総指揮:ジャスティン・ケリー
原作・脚本・製作総指揮:サヴァンナ・クヌープ
出演:クリステン・スチュワート、ローラ・ダーン、ジム・スタージェス、コートニー・ラヴ、ダイアン・クルーガー

2000年代半ばのサンフランシスコ。親元を離れたサヴァンナは、兄のパートナーで作家のローラと出会う。ローラは自分の小説をJ・T・リロイという架空の美少年名義で出版、ベストセラーになっていた。そんなローラに頼まれ、最初は遊び半分で男装し、J・Tに扮するサヴァンナ。
やがて小説の映画化が決まり、ハリウッドやカンヌで大勢の観衆の前に出るうちに、J・Tとして出会った相手に本気で恋してしまうが……。

浅薄にも当時の西海岸でこのような事実があったことを知らなかったため、試写を観た際は衝撃だった。50ドルで雇った少女に架空の美少年作家の扮装をさせる…。軽い気持ちで始まった試みが、瞬く間に当事者たちの想像を超える存在、アイコン化して行く恐ろしさ。
本作には編集者の存在が薄い(というか登場しない)のが不自然だが、実際には出版社が「この小説は絶対売れる」と確信して売り出し、まさかJTリロイが偽物とは露知らず、カンヌ国際映画祭にまで足を運んだという逸話も聞いた。虚構の世界を支配する気はなくても、周囲が勝手に拡散してくれる世の中なのだ。

流行りものに安易に寄りかかる軽佻浮薄なハリウッドの実態もリアルに描かれる。夜ごと繰り広げられる華やかなパーティ、豪奢な邸宅、ドラッグの誘惑。人々は利害でしか動かない。稀代の美少年作家を利用するために近づいてくるセレブたち。中でも圧倒的に光っていたのはJTリロイと関係を持つ女優役のダイアン・クルーガー。美しさと冷酷非情な重層的役柄を見事に造形し、JTリロイを巧みに操作して翻弄させるファム・ファタールは、本作の虚構を象徴するような存在だ。
クリステン・スチュワートの少年役、作者のローラ・ダーンとも好演だが、ダイアン・クルーガーの色艶と技量が映画に説得力を与えていた。

監督のジャスティン・ケリーは日本公開作が少なく、ジェームズ・フランコと組んだ作品が多い。ハリウッドの内実を知っている上、人を喰ったような作風が、虚構の題材に刺激を受けたのだろう。作中、「裸の王様」の話が引用される。ちょっとした信憑性、神話性を示せばメディアは飛びつき、大衆は騙せてしまう現代の「教訓話」と観客は受け取るのではないか。(幸)

配給:ポニーキャニオン
製作国アメリカ/カラー/シネマスコープ/5.1ch/108分/PG12
(C) 2018 Mars Town Film Limited
公式サイト:http://jtleroy-movie.jp
★2月14日(金)より、シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開★
posted by yukie at 12:57| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする