2020年01月14日

9人の翻訳家 囚われたベストセラー 英題:THE TRANSLATORS

640-133.jpg

監督・脚本:レジス・ロワンサル
脚本:ダニエル・プレスリー、ロマン・コンパン
撮影:ギヨーム・シフマン
音楽:三宅純
出演:ランベール・ウィルソン、オルガ・キュリレンコ、リッカルド・スカマルチョ、シセ・バベット・クヌッセン、エドゥアルド・ノリエガ 、アレックス・ロウザー、アンナ・マリア・シュトルム、フレデリック・チョー、マリア・レイチ、マノリス・マフロマタキス、サラ・ジロドー

映画化もされた世界的ベストセラー「インフェルノ」の出版秘話から生まれたミステリー。情報漏洩を防ぐため各国の翻訳家たちを完全に隔離した実話を題材に、発売前の小説の流出危機が描かれる。
ミステリー小説「デダリュス」完結編を世界で同時に発売するため、洋館の地下室に9か国の翻訳家が集められる。彼らは外部との接触を禁止され、毎日20ページだけ渡される原稿の翻訳作業に没頭していた。ある夜、出版社の社長(ランベール・ウィルソン)のもとに、「デダリュス」の冒頭をインターネットに公開したというメールが届く。そこには、指定時間内に金を支払わなければ次の100ページ、要求を拒めば全てのページを流出させると書かれていた。

①まるで映画そのもののような驚くべき実話に着想を得て、練りに練った展開と複雑な構成を仕掛けた脚本チーム。
②キャスティングに1年をかけた妥協を許さぬ製作姿勢。
③それぞれの役柄を肉付けし、造形した各国俳優陣の熱演!
④例のない
シチュエーションを具現化した美術、撮影、照明、音楽などスタッフワークのハイクオリティ。
⑤それらを全て束ね、極上のミステリー・サスペンスに仕上げたレジス・ロワンサル監督。
上記5点と、本作に関わった映画人たちに祝杯をあげたくなるような快作である。ネタばれできないため、この5点を見どころとして押さえてから鑑賞したほうが良さそうだ。

『七人の侍』よろしく、翻訳家たち9人のキャラクターが分かりやすく描出される場面から快調な滑り出し。出版社社長役のランベール・ウィルソンは、登場しただけで品格と知性、傲慢さを醸し出す。圧倒的美貌と、対象にのめり込み易いロシア語担当のオルガ・キュリレンコ。濃い顔ながらも社長への忖度は怠りなく狡猾なイタリアの名優リッカルド・スカマルチョ。
ギリシャ語担当のシニカルな大学教授は翻訳でギリシャ特有の低収事情を補う。パンクロッカーのような出で立ちのポルトガル人。パリ在住のイケメン中国人。
個人的に印象的だったのは、以下の3俳優である。吃音で内向的。普段のセクシーなイメージを払拭したスペインを代表する名優エドゥアルド・ノリエガ。仏俳優ベルナール・ジロドーを父に持ち、エレガントな社長助手を務めたサラ・ジロドー。
群を抜いていたのは、若干25歳ながらベテラン俳優陣を卓抜した演技力と創造性で圧倒した英国人アレックス・ロウザー。『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』でベネディクト・カンバーバッチの少年時代を演じた”子役”が、いずれ世界の映画界を席捲するのではないかと予想させる程の絶品演者の域にまで到達した。この年代のロウザーは観る価値がある。

見事な俳優陣と巧妙に張り巡らせた伏線。仏の館セット。カメラアングル、照明の妙など、注目すべきところが多く、観客は忙しい思いをする105分だが、知的好奇心を満たしてくれること請け合いだ。ぜひお見逃しないよう!
因みに音楽は、ジャズ・トランぺッターで国際的な活躍が目立つ三宅 純が担っている。(幸)



ベストセラーの完結編を発売前に手に入れたからくりに驚くが、それも犯人にとっては仕掛けの一部。文学は金儲けの道具ではない。自分の物は自分で守る。強い意志が感じられる。
犯人が何度も繰り返した願いは叶わないとわかっていたものの、あえて求めていたとラストで知り、犯人の怒りと悲しみがより伝わってきた。
正しい方向を見ないと目的を見失うという犯人の主張は私たちの人生にも言えることに違いない。(堀)


20191125_200515.jpg

製作国:フランス/ベルギー
配給:ギャガ
カラー/5.1ch/シネマスコープ/2019/105分
公式サイト:https://gaga.ne.jp/9honyakuka/
★2020年1月24日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント、新宿ピカデリーほかにて公開★
posted by yukie at 14:56| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彼らは生きていた 英題:THEY SHALL NOT GROW OLD

dabc51f704783d31.jpg

製作・監督:ピーター・ジャクソン

終結から約100年経った第1次世界大戦の記録映像を『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどのピーター・ジャクソン監督が再構築したドキュメンタリー。イギリスの帝国戦争博物館が所蔵する2,200時間を超える映像を、最新のデジタル技術で修復・着色・3D化して、BBCが所有する退役軍人のインタビュー音声などを交えながら、戦場の生々しさと同時に兵士たちの人間性を映し出す。
第1次世界大戦中、戦車の突撃や激しい爆撃、塹ごうから飛び出す歩兵など、厳しい戦闘が続いていた。だが、死と隣り合わせの兵士たちも、時にはおだやかな様子で休息や食事を取り、笑顔を見せる。

数多公開される新作の中で、”これは必見の価値あり!”と断言できる映画は年に数本もない。一般的には『ロード・オブ・ザ・リング』などの娯楽作で知られるピーター・ジャクソン監督が、第1次世界大戦の映像をレストアした本作は、まさに”必見”のドキュメンタリーである。
100年前、英国BBCがこれほど仔細に兵士たちの日常を記録していたこと、15歳前後の若い志願兵が多かった事実など、次から次へと繰り出される”真実”に、眼を見張らされ通しの99分だった。更に驚くのはジャクソンら製作チームが手掛けた再構築性である。英国の帝国戦争博物館が所蔵する膨大な映像を最新のデジタル技術で小さな塵、傷まで修復し、資料に基づき着色、3D化したのだ。それぞれが切れ切れに異なるスピードで撮影されていた映像を24フレームに統一。”1秒”24コマである。気の遠くなるような作業だったろう。

映像だけではない。BBCは退役軍人たちの当時を振り返る取材音声などを所有していた。それら音源をナレーションとして構成し、読唇術から当時のお国訛りまで再現。英国アクセントに耳ざとい者としては、どの証言一つ足りとも聞き逃すまいと耳を傾けた。

戦争に希望を抱いていた時代、労働者階級の男たちは挙って志願した。「15歳?18歳に見えるから、そう書いとけ。はい、合格」…今では考えられない緩さである。「3食メシが食えて楽しかった」と語る兵士たち。前半は拍子抜けするほど楽しげな映像が多い。ユーモアや紅茶、バグパイプ、キルト、ラム酒などといった生活習慣を忘れないのが英国流。

戦況は泥沼化し、次第に深刻さを増す戦場。死屍累々たる光景が日常になる。映画は傷んだ死体の山もモザイクなしで映し出す。100年前の出来事が、五感を通して伝わる迫真力。あまりの生々しさに言葉を失うが、眼を背けてはいけない。その中で捕虜として捕らえられた独兵たちとの友愛的交流は救いだ。こうして100万言尽くしても映画の本質は伝わらない。ジャクソン監督の祖父も従軍した戦争。渾身の労作・傑作だ。
あなたの人生のうちの99分をこの映画に捧げてほしい。世界中の戦争・諍いごとがなくなることを願いながら…。(幸)


640-190.jpg


戦場の臨場感が半端ないからこそ、かえってフィクションに見えてしまいました。戦時下で、よくもここまで被写体に近寄って撮れたものだと驚いたら、次の戦争のために反省点をチェックできるよう、きちんと記録していたのだそう。日本軍にはなかった発想にさらに驚いきました。
「国のため」と年齢制限に届かない若者までが率先して志願しましたが、支給物資は不足。戦場では次々と命が散っていく。砲撃の瞬間はその振動まで伝わってくるかのようなリアルな映像に戦争の悲惨さがより際立ちます。こんなことは二度としてはいけませんね。(堀)


第1次世界大戦の塹壕戦を描いた映画で真っ先に思い出すのが、『西部戦線異状なし』(ルイス・マイルストン監督、1930年/アメリカ)。蝶が飛んできて、主人公が塹壕からそっと手をのばしたところを狙撃されて命を落とすシーンを、蝶が好きだった母があの兵士の気持ちが痛いほどわかるとよく言っていました。そして、最後に流れるのが「西部戦線異状なし」の報告。兵士一人や二人亡くなっても、それは異状ではないというのが戦争だと空しくなったものです。

『戦場のアリア』(クリスチャン・カリオン監督、2005年/フランス・ドイツ・イギリス合作)は、1914年、最前線での塹壕の中でクリスマスをむかえた3カ国の兵士たちが一夜限りの休戦協定を結んで共にクリスマスを過ごした実話に基づいた物語。
『彼らは生きていた』では、最初の方で、イギリス人とドイツ人が会食中に開戦を知らされ、「戦うのは明日からにしよう」と楽しく会食を続けます。国家どうしの戦争さえなければ、人と人は国や民族が違っても親しくできるものなのだとつくづく思います。

そして、 『緑はよみがえる』 (エルマンノ・オルミ監督、2014年/イタリア)でも、前線をはさんで塹壕に潜む兵士たちの姿が描かれていました。「敵は鉄条網の向こうにいるのではない、理不尽な命令をぬくぬくとした部屋から発している上層部こそ戦地に送られた若者たちの敵だ」という言葉が強く印象に残っています。
『彼らは生きていた』は、本物の塹壕戦を体験した歩兵たちの記録映像。これまでに観てきた戦争映画どころじゃない、ほんとうに生きていた人たちの姿。時にカメラに見せる笑顔に、どうしてあんなに明るい笑顔が見せられたの?と悲しくなりました。
着た切り雀で何日も何日も塹壕に潜み、死と隣り合わせの日々。彼らを戦場に送った権力者たちは、彼らがどんなつらい思いをしているかなど考えもせず命令をくだしているのです。
第一次世界大戦から100年経った今、命令をくだす権力者だけでなく、兵士もまた、塹壕に潜むなどという思いをせず、遠隔操作でドローンやミサイルで適地の人々を殺すのが戦争。犠牲になる多くが罪のない庶民。命令をくだす権力者だけでなく、戦争に直接加担する兵士がつらい思いをしないのでは、戦争はどんどんエスカレートするのではないかと危惧します。
『彼らは生きていた』を、実際に戦争に加担する権力者や兵士にこそ観てもらって、戦争とは人が虚しく死ぬものなのだということを認識してほしいと切に思います。(咲)


最近、古い映画をデジタルに変換したリマスター版というのが多く出ているけど、これは戦争の現場で撮った実際の画像を元にデジタル化したもの。100年前の映像が残っていて、今の技術でこんなに鮮明な画像として蘇っている。まさに映像の魔術だと思った。100年も前に戦争の現場で撮っていたとは。作り物ではない。この時代に生きた人たちの実際の姿。思い。戦争の現実。
戦争に行った若者たちが、年齢を偽ってまで志願していったことが語られるが、その若者たちをそういう思いにさせた偽政者たちがいたから。それは第2次世界大戦でもそうだったし、ベトナム戦争や湾岸戦争でもそうだった。そして現代ではフェイクニュースにだまされてはならない(暁)。


製作国イギリス/ニュージーランド/2018/99分/パートカラー/シネマスコープ/5.1ch
配給:アンプラグド
公式サイト:http://kareraha.comstrong>
★2020年1月25日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて公開★




posted by yukie at 14:24| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

his

450025.jpg

監督:今泉力哉
企画・脚本:アサダアツシ
音楽:渡邊崇
出演:宮沢氷魚、藤原季節、松本若菜、松本穂香

ゲイだと思われるのが嫌でひっそりと生活している井川迅(宮沢氷魚)の前に、別れた恋人の日比野渚(藤原季節)が6歳の娘・空を連れて現れる。迅はしばらくここで住まわせてほしいと言う渚に戸惑うが、空は迅に懐き周囲の人々も三人を優しく見守るようになる。ある日渚は、娘の親権を妻と争っていることを明かし、長年抑えてきた迅への思いを告白する。

岐阜県白川町の長閑でしなやかな空気と地方コミュニティが、ゲイカップルの2人を自然体で受入れる姿勢が心地好い。試写の後、眼を閉じると明るい昼日中の映像ばかりが浮かび上がった。
『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』『mellow』と立て続けに新作が公開されている今泉力哉監督。本作は既作品の中でも特に肩肘張らない世界観を醸し出している。
企画・脚本のアサダアツシが、脚本を務めたドラマ「岐阜にイジュー!」でも舞台となった 岐阜県白川町。この地を選んだことが本作の柔らかな空気感を決定付けたのではないか。

恋愛映画だが、艶っぽい場面は冒頭と、あまりロマンチックとは言えない軽いキスシーンの2カ所だけ。どちらもサラサラとした印象があり、濃厚なラブシーンは皆無と言っていい。あくまで、2人の恋愛模様を縦軸に、地域コミュニティとの交流を横軸として編み込んだタペストリーのような肌触りの映画だ。

カップル役の2人も宮沢氷魚は”塩顔男子令和代表”なる透明感。藤原季節は『アイネクライネナハトムジーク』に続く今泉組登板。クランクイン前より、白川町のロッジで同居したという逸話からも、リラックスした雰囲気がスクリーンを通して伝わる。2人に主役の気負いは感じられなかった。今泉監督の演出法が奏功しているのだろう。
LGBTQ=社会問題!と短絡的に直結しない話法は新たな方向性を示しているかもしれない。(幸)


640-175.jpg


映画『チョコレートドーナツ』を彷彿させる内容で、ゲイのカップルが子育てすることを世間はすぐには受け入れられません。しかし、子どもの何気ない一言が周囲の目を変えます。主語は複数よりも単数のほうが変化を受け入れやすい。1人1人と向き合っていくことが大きな変化を生み出していくのでしょう。
親権争いについては意外な結果でした。夫婦が夫婦でなくなっても、互いに相手を尊重する気持ちがあればこその結果だとは思いますが、それが果たして子どもにとってどうだったのか。将来的にはこの選択を子どもは感謝するような気はしますが、なかなか難しいです。(堀)


配給:ファントム・フィルム
製作/日本5.1ch/カラー/127分
©2020映画「his」製作委員会
公式サイト:https://www.phantom-film.com/his-movie/
★2020年1月24日(金)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー★
posted by yukie at 13:55| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする