2020年01月12日

ジョジョ・ラビット  原題:Jojo Rabbit

jojo rabit.jpg

監督: タイカ・ワイティティ
出演:ローマン・グリフィン・デイビス、 タイカ・ワイティティ、スカーレット・ヨハンソン、 トーマシン・マッケンジー、サム・ロックウェル、レベル・ウィルソン

第二次世界大戦下のドイツ。
10歳の少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は、今日から始まる青少年集団ヒトラーユーゲントの合宿を前に、空想の友人アドルフ(タイカ・ワイティティ)に「僕にはムリかも」と弱音を吐く。アドルフに、「ナチスへの忠誠心はピカイチだ」と励まされ、合宿に出かけていく。
合宿で待ち受けていたのは、戦いで片目を失ったクレンツェンドルフ大尉(サム・ロックウェル)や、教官のミス・ラーム(レベル・ウィルソン)。厳しい訓練が始まる。勇気を試すため、ウサギを殺せと命令されるが、心優しいジョジョは殺せない。教官から、2年間音信不通で脱走したと決めつけられている父親同様、臆病者だと馬鹿にされる。おまけに「ジョジョ・ラビット」という不名誉なあだ名まで付けられてしまう。
くじけてはいけないと、張り切って訓練に臨むが、ジョジョは手榴弾の投てきに失敗して大怪我を負う。それを知った母親ロージー(スカーレット・ヨハンソン)はユーゲントの事務局に乗り込み、怪我が治るまで身体に無理のない奉仕活動につかせるよう掛け合う。
帰宅したジョジョは、亡くなった姉インゲの部屋に隠し扉があって、ユダヤ人の少女エルサ(トーマシン・マッケンジー)を母が匿っているのを知る・・・

jojo.jpg

ユダヤ人の少女エルサに「通報したらお母さんも協力者として死刑よ」と言われるジョジョ。ヒトラーユーゲントでユダヤ人は下等だと教え込まれているジョジョは、ユダヤ人を壊滅するための本を書こうと思いつき、「ユダヤ人の秘密を教えてくれれば、ここにいてもいい」とエルサに提案します。エルサから毎日講義を受けるうち、ユダヤ人は下等な悪魔だという教えは間違っているのではないかと気づくジョジョ。年上のエルサに惹かれていく姿も、なんとも可愛いです。
監督は、本作の原作であるクリスティン・ ルーネンズ著「Caging Skies」を母親から薦められ、大人たちによって憎悪を吹き込まれたドイツ人少年の目を通して物語が語られることに魅了されたそうです。
ニュージーランド生まれのタイカ・ワイティティ監督は、なんと、マオリ系ユダヤ人! 母親がユダヤ人で、父親がマオリ人ということから偏見にさらされて育った思いも、作品に込められています。また、祖父が第二次世界大戦でナチスと戦ったこともあり、この時代のことにも興味があったとのこと。
監督自身で、ジョジョの空想の友人アドルフ・ヒトラーを演じているのですが、ちょび髭姿は、まさにヒトラーそのもの。ユーモアのセンスも抜群です。
悲しい物語なのに、くすっと笑わせてもくれる素敵な1作です。(咲)


jojo2.jpg

この作品は何と言っても主人公のジョジョを演じたローマン・グリフィン・デイビスがかわいくてたまらない! ジョジョは入隊するヒトラーユーゲントというナチスの青少年組織では体格的にも精神的にも他の子どもたちより圧倒的に幼いのですが、それでも必死にがんばろうとする健気さがローマンの全身から溢れ出ていて、ぎゅ~っと抱きしめて頬ずりしたくなるほどです。そんなジョジョが自宅で匿われていたユダヤ人の少女と出会い、信じていたことが少しずつ崩壊していくことに戸惑いながらも成長していく。母性本能がかき乱されること必至です。
そして、ヒトラーユーゲントで教官を務めるクレツェンドルフ大尉役のサム・ロックウェルがまたいい。クレツェンドルフ大尉は名誉の負傷で片目を失い、戦線を外されて教官になったのですが、あからさまに不満を表す嫌な奴。ところが物語が展開していくうちに、ジョジョのことを気に掛けていることが分かってきます。そして最後には思いっきり漢気を感じさせる行動に出る。そんな複雑な役どころにコミカルさを加えて演じられるのはサム・ロックウェルだからこそではないでしょうか。
スカーレット・ヨハンソンは絶対的に息子を守ろうとする強さと、父親の不在を息子に感じさせない優しさを内包する母親を魅力的に演じています。スカーレット・ヨハンソンも母親役がすっかり板についてきました。
ユダヤ人の少女を演じたトーマシン・マッケンジーはこの作品で初めて知りましたが、凛としていて、ユダヤ人であることの矜持を感じさせてくれました。女優として、今後が非常に楽しみです。(堀)


2019年/アメリカ/109分/G
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/jojorabbit/
★2020年1月17日より全国にて公開




posted by sakiko at 22:06| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おっさんずルネッサンス

2020年1月11日(土)より 名古屋 名演小劇場 ロードショー!

チラシ320.jpg
おっさんずルネッサンス製作実行委員会

企画・製作・監督:髙野史枝
撮影:城間典子 
撮影協力:佐治秀保 
編集:四宮鉄男 
写真:河合隆當
タイトル文字:墨拙
主題歌:「おっさんずルネッサンス」ちんちくりん
2020年/日本映画/90分/HD/16:9/カラー
『おっさんずルネッサンス』公式HP

定年後の大府のおっさんは生き生き生きている!

名古屋市の南にある、愛知県大府市(人口9万2000人)。ここにある「石ヶ瀬会館(ミューいしがせ)」では、20年以上前から「メンズカレッジ」という男性対象の講座が開かれている。30人の講座生は、1年間一緒に料理を作り、講座や講演会に参加し、遠足に行き、活動を通じて友だちになる。卒業生は「男楽会(だんらくかい)」という自主活動グループを作り、料理技術をさらに磨いたり、様々なボランティア活動の中心になって活動を続けている。男楽会の会員は、それぞれの家庭でも習った家事の腕を生かし、料理、洗い物やアイロンかけなどに積極的に取り組むので、家族からは感謝され、孫にも教えていたりする。そして、大府市の歴史などの「ふるさとガイド」などボランティアガイドにも取り組む。街のベンチ修理に取り組む大府青春ベンチャーズなんていうのもある。子供たちへの読み聞かせ、紙芝居に挑戦する朗読の会に参加している人もいて、活動は広がっている。
メンズカレッジと男楽会の会員およそ60人が、協力して積極的に取り組むメインイベントがコロッケ作り。コロッケは石ヶ瀬コミュニティの夏まつりの模擬店で販売されるが、美味しくてすぐに売り切れる人気商品。今年も2600個のコロッケは完売。このコロッケは、なんと自分たちでジャガイモや玉ねぎを植えるところから始まる。
4月に始まったメンズカレッジでの学びも、9月には半分を終え、今年参加した受講生は、それぞれ自分たちの半年間の変化を語る。男楽会に20年近く参加している方も登場し、いろいろな人たちとの出会いが、心豊かな生活を支えていると語る。

P7_IMG_2333.jpg
おっさんずルネッサンス製作実行委員会


『おっさんずルネッサンス』 髙野史枝監督インタビュー
『厨房男子』高野史枝監督インタビュー

高野さんは、シネマジャーナルに25年以上前から、原稿を寄稿している。名古屋でラジオ番組を持っていたり、グルメライターをしたりしているが、なんといっても彼女の一番の活動は、映画ライター、映画講座を持っていること。そんな彼女が最初に作った作品が『厨房男子』(2015)。これはグルメライターをしてきた彼女らしい初監督作。夫や息子、友人、友人の夫、仕事で知り合った男の人たちが料理楽しんで作り、食べるといった内容。この中に、今回の『おっさんずルネッサンス』に参加した「メンズカレッジ」と「男楽会」のメンバーもこの『厨房男子』に出てきて、その中からクローズアップされたのが今回の『おっさんずルネッサンス』。
実は私は『厨房男子』の時にスチールとして一部参加したのですが、この大府のコロッケ作りの写真を撮りに行きました。なので、登場してくるメンバーの三分の二くらいはその時に参加していた方たちでした。最初にこのコロッケ作りの現場に行った時の光景が、今でも忘れられません。部屋いっぱいの「おっさん」がたまねぎの皮をむいたり細かく切ったり、ジャガイモを蒸したりしていて壮観でした。皆さん、世間話をしながら手際よくコロッケを作っていました。そして生き生きしていました。そして何よりもおいしいコロッケができあがって、私は3,4個も食べてしまいました。こんな素敵な「おっさん」たちをぜひ観てみてください(暁)。


DSCN1606.jpg
2015年のコロッケ作りで(撮影 宮崎暁美)
 
製作:「おっさんずルネッサンス製作実行委員会」
製作協力:NPО法人ミューぷらん・おおぶ 石ヶ瀬会館(ミューいしがせ)
日本福祉大学 JAあぐりタウンげんきの郷 国立長寿医療研究センター
出演:「メンズカレッジ」「男楽会」「男性の生活自立のための講座」「楽農クラブ」ほか、大府市民のみなさん 、岡村秀人 (大府市長)、遠藤英俊 (国立長寿医療研究センター・老年内科部長) 束村博子 (名古屋大学教授)


posted by akemi at 20:47| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリ・マキの人生で最も幸せな日   原題:Hymyileva mies(微笑む男) 英題:The happiest day in the life of OLLI MAKI

ollimaki.jpg

監督・脚本:ユホ・クオスマネン
撮影:J・P・パッシ 
編集:ユッシ・ラウタニエミ 
音楽:ラウラ・アイロ
出演:ヤルコ・ラハティ(『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』、オーナ・アイロラ、エーロ・ミロノフ(『ボーダー 二つの世界』)

1962年、夏。田舎町のパン屋の息子オリ・マキは、プロボクサーとしてヘルシンキで行われる世界タイトル戦でアメリカ人チャンピオンと戦うことになる。国中の期待を背負って、トレーニングに励み、減量に集中する日々だ。そんなある日、友人の結婚式に参加するため故郷に帰る。車に乗り切れなくて、女友達のライヤと自転車で会場に向かい、一緒に時を過ごすうち、オリ・マキはライヤに恋をしてしまう。ヘルシンキにライヤを伴って帰ると、マネージャーは呆れながらも子ども部屋を二人の為に提供してくれる。対戦を前に、スポンサーとの会食や、記録映画の撮影などに追われ、オリ・マキは煩わしくて仕方ない。いよいよ対戦相手が到着し記者会見が開かれるが、その場でも闘志を見せず冷めた受け答えをしてしまう。
ライヤが故郷に帰ってしまい、オリ・マキはトレーニングを脱け出し彼女に会いにいき、なんとか結婚の約束を取り付ける。ようやく安心して対戦の日を迎える・・・

国中が注目するチャンピオン戦なのに、オリ・マキの頭の中には恋するライヤのことしかない様子が、なんとも微笑ましく描かれています。16ミリフィルムで撮影されたモノクロ映像が郷愁をそそります。ボクシング映画と思っていたら、みごとにはぐらかされました。
ユホ・クオスマネン監督は本作で長編デビュー。この物語を描こうと思ったのは、2011年にオリ・マキとライヤに会った折、あの対戦の日に婚約指輪を買いにいったことをオリ・マキが嬉しそうに話してくれたことが頭から離れなかったからだそうです。
フィンランド語タイトルのHymyileva miesは、「微笑む男」という意味。実は、フィンランドでは、異常者とまではいわないまでも、微笑む男というのは稀有な存在。オリ・マキはボクサーなのに強い男というより、温厚な人物だったこともタイトルに込められています。英題からとって邦題にもなっている「人生で最も幸せな日」には、人生で大事なことは?と考えさせられます。
川べりをオリ・マキとライヤが手を繋いで歩くラストシーンですれ違う老夫婦は、本物のオリ・マキとライヤ。そうと知ったのは観終わったあとでした。どうぞお見逃しなく! (咲)


第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門グランプリ受賞

2016年/フィンランド・ドイツ・スウェーデン/92分/PG12
配給:ブロードウェイ
公式サイト:https://olli-maki.net-broadway.com/
★2020年1月17日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開





posted by sakiko at 18:58| Comment(0) | フィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リチャード・ジュエル   原題:Richard Jewell

richard.jpg

監督・製作:クリント・イーストウッド
原作:マリー・ブレナー「American Nightmare:The Ballad of Richard Jewell」
出演:サム・ロックウェル、キャシー・ベイツ、ポール・ウォルター・ハウザー、オリビア・ワイルド、ジョン・ハム

リチャード・ジュエル。
1996年、五輪開催中のアトランタで起こった爆破テロ事件の第一発見者であり、テロ犯人として、その名を記憶されている男。
本作は、巨匠クリント・イーストウッドが、テロ事件発生から、リチャード・ジュエルの容疑が晴れるまでの88日間を丁寧に追った物語。

1996円7月27日、警備員のリチャード・ジュエルは、コンサート会場近くの公園のベンチの下に爆発物が入ったリュックを見つける。率先して人々を避難させ、多くの命を救った英雄としてメディアに大きく取り上げられる。だが、3日後、FBIが第一容疑者として挙げたことが、写真入りで実名が報道される。一転してテロ犯となってしまったリチャード・ジュエル。FBIによる執拗な取調べが始まる。息子の無実を信じる母ボビ。かつて職場で面識のあった弁護士ワトソン・ブライアントも彼の無実を信じ、国家権力に立ち向かう・・・

リチャード・ジュエルは、警察官になりたくて警察学校を卒業したのですが、残念ながら警察官にはなれず、警備員の仕事をしていた時に、事件に遭遇します。容疑が晴れたあと、(映画の中では)念願叶って警察官になったのですが、2007年、44歳の若さで病死。太りすぎが心臓を悪くしたようですが、容疑者として過ごした88日間のストレスも影響したのではないかと思ってしまいます。
かねてからリチャード・ジュエルのことを映画にしたいと思っていたクリント・イーストウッド。本人は残念ながら亡くなってしまいましたが、母親ボビや弁護士ワトソン・ブライアントからも話を聞き、悪夢の日々を再現しています。
事件は20年以上前に起こったことですが、早く犯人を挙げ事件を収拾させたい検察側の事情が冤罪を生んだこと、真犯人が見つかっても容疑者として多くの人に記憶されていることなど、現代にも通じる問題を私たちに投げかけてくれます。
本作が注目され、リチャード・ジュエルの汚名は確実に挽回されたとはいえ、お母様の心中を察すると複雑なものがあります。息子が味わった悪夢の日々は取り返せないのですから。(咲)


クリントイーストウッドは2019年3月に『運び屋』が公開されたのに、もう次の作品とは! 驚きです。
英雄から容疑者へ。自分とは関係ないこととは言い切れない不安。それを恐れて何もしなくなることへの警告。見事に伝わってきました。
リチャードはほんと、いい人なんです。自分が不利になるようなことも検察に頼まれればやってしまうし、しゃべってしまう。サム・ロックウェルが演じるワトソンと一緒に「いいから黙って!」と心の中で何度も叫んでしまいました。
とはいえ、行き過ぎた正義感を振りかざすリチャードにも問題があるような気がする。それは母親の子育てに問題があったのかもしれない。自分の身にリチャードのようなことが降りかかるかもしれない不安より、リチャードのような行き過ぎた正義感を持った子を育ててしまうことへの不安を感じてしまいました。(堀)


2019年/アメリカ/131分/スコープサイズ/5.1ch リニア PCM+ドルビーサラウンド7.1(一部劇場にて)
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/richard-jewelljp/
★2020年1月17日(金)公開




posted by sakiko at 18:54| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする