2019年10月12日

ガリーボーイ   原題:Gully Boy

gully boy.jpg

監督:ゾーヤー・アクタル
脚本:リーマー・カーグティー
製作:ファルハーン・アクタル
出演:ランヴィール・シン、アーリアー・バット、シッダーント・チャトゥルヴェーディー、カルキ・ケクラン、ヴィジャイ・ラーズ、ヴィジャイ・ヴァルマー

ムンバイ空港近くのダラヴィ地区のスラムに住むイスラーム教徒の青年ムラド(ランヴィール・シン)。両親は彼が貧困から抜け出せるよう頑張って大学に通わせている。13歳の頃から付き合っているガールフレンドのサフィナ(アーリアー・バット)は、同じイスラーム教徒だが、父親はスラムで開業している医師で裕福。サフィナも外科医を目指している。
gullyboy3.jpg
若い第二夫人を家に連れてきてひと悶着起こした父が、足を骨折し、ムラドは父の代わりに大邸宅のお抱え運転手を務めることになる。格差社会を目の当たりにして、鬱屈した気持ちになるムラド。そんな折、大学の構内でのコンサートで、MCシェール(シッダーント・チャトゥルヴェーディー)の歌に惹きつけられる。言葉とリズムで気持ちを自由に表現するラップに魅せられたムラドは、詩を書いてシェールに渡すが、「自分で歌え」と言われる。ムラドはガリーボーイ(路地裏の少年)と名乗り、シェールの助けを得てラッパーに成長していく。若い女性プロデューサーのスカイ(カルキ・ケクラン)によってスタジオでのレコーディングも果たす。アメリカのラッパーNAS(ナズ)のムンバイ公演の前座で歌うラッパーをバトルで選ぶことを知り、スターを夢見て優勝を目指す・・・

gullyboy1.jpg
もともとヒップホップ音楽が好きだったゾーヤー監督。NaezyとDivineの二人のラッパーと出会い、その歌と人生に惹かれ、物語を紡ぐことを決意。リーマーと共に徹底的なリサーチを経て作り上げた映画。
スラムで暮らす青年が、インドの階級社会の現実に鬱屈しながらも、ラップと出会い、自身の思いを語り、スターを目指す成長物語と思いきや、さすが、女性の監督と脚本家が作った物語。女性たちが自分の人生を切り開いていく姿をも見事に描いていて痛快。ラップが苦手な私も、たっぷり楽しめた。 ラップが、ヒンディー語やウルドゥ―語のムンバイ訛りで歌われているのも魅力。(咲)


DSCF0867 320.jpg
ゾーヤー・アクタル監督&リーマー・カーグティー(脚本)インタビュー

2018年/インド/154分/カラー/シネスコ/5.1ch
日本語字幕:藤井 美佳/字幕監修:いとうせいこう
配給:ツイン
公式サイト: http://gullyboy.jp/
★2019年10月18日(金) より新宿ピカデリーほか全国ロードショー




posted by sakiko at 21:23| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15 ミニッツ・ウォー(原題:L'intervention 、英題:15 minutes of war)

15minutes.jpg

監督:フレッド・グリヴォワ
出演:アルバン・ルノワール、オルガ・キュリレンコ、ケヴィン・レイン、ヴァンサン・ベレーズ、ジョジアーヌ・バラスコ

フランス最後の植民地ジブチ。軍関係者の子供らを乗せたスクールバスが、独立派武装組織のメンバーに乗っ取られるという事件が発生。テロリストたちは同志である政治犯の即時解放と、フランスからの独立を要求し、応じない場合は人質である子供たちの喉を切り裂くと宣言する。事態を重く見たフランス政府は、事件の早期解決のため極秘裏に特殊制圧チームを編成し現地へ派遣することを決める。チームを指揮するジェルヴァル大尉(アルバン・ルノワール)を始め、集められたのは軍でもトップクラスの実力を持つスナイパーたち。彼らは一斉射撃によるテロリストの同時排除という前代未聞の作戦を立案。しかし現地駐留軍、そして事態を穏便に収束させようと動く外交筋との連携がうまく行かず、膠着状態が続いてしまう。一方生徒たちの身を案じた女性教師・ジェーン(オルガ・キュリレンコ)は軍関係者の静止を振り切り、生徒たちのために、単身テロリストに占拠されたバスに乗り込んでゆくのだが…。

1976 年にフランス最後の植民地であるジブチで発生したバスジャック事件を基に、高い狙撃能力を持つスナイパーたちによって編成された対テロ特殊部隊の活躍を描いた。
スクリーンを縦横斜めなどに2分割、4分割して時間経過や同時に起こっていることなどを見せ、緊迫感を煽る。その一方で本国の判断待ちのじりじりとした焦燥感はじっくりと映す。緩急のバランスが的確で、臨場感たっぷり。ラスト15分は阿鼻叫喚の状況が繰り広げられ、ハラハラが止まらない。
なお、この事件後、世界最高峰と謳われる対テロ特殊部隊:GIGN(フランス国家憲兵隊治安介入部隊)が正式に組織化された。(堀)


2018 年/フランス・ベルギー/フランス・英語/カラー/シネマスコープ/5.1ch /98 分
配給:クロックワークス
© 2019 EMPREINTE CINEMA – SND-GROUPE M6 – VERSUS PRODUCTION – C8 FILMS
公式サイト:http://klockworx-v.com/15minutes/
★2019年10 月 11 日(金)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開

posted by ほりきみき at 01:25| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Netflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』 

theforestoflove.jpg

監督・脚本:園子温
プロデューサー:武藤大司
撮影:谷川創平 
美術:松塚隆史 
照明:李家俊理
出演:椎名桔平、満島真之介、日南響子、鎌滝えり、YOUNG DAIS、長谷川大 / 真飛聖、でんでん

1995年。愛知県豊川市から上京したシン(満島真之介)は、ジェイ(YOUNG DAIS)とフカミ(長谷川大)に声をかけられ彼らの自主映画制作に参加。知人の妙子(日南響子)と美津子(鎌滝えり)に出演を依頼する。彼女たちは高校時代、憧れであったクラスメイトが交通事故で急逝するという衝撃的な事件から未だ逃れられずにいた。引きこもりとなっていた美津子に村田(椎名桔平)から電話がかかってきたのは、世間が銃による連続殺人事件に震撼していたころ。村田は「10年前に借りた50円を返したい」という理由で美津子を呼び出し、巧みな話術とオーバーな愛情表現で彼女の心を奪っていく。だが、村田は冷酷な天性の詐欺師だった。自身の姉も村田に騙されていた妙子によって彼の本性を知ったシンたちは、村田を主人公にした映画を撮り始める。やがて村田は、美津子の父・茂(でんでん)や母・アズミ(真飛聖)をも巻き込み、事態は思わぬ方向へ転がり始める…。

実際に起きた猟奇殺人事件に着想を得た園子温監督によるオリジナル脚本作品。6月に開かれたNetflixオリジナル作品祭に登壇した際、園監督は「再現ではなく自分なりの物語が作れるのであればということで引き受けた」と語っていたが、『HAZARD』、『自殺サークル』、『Strange Circus 奇妙なサーカス』、『冷たい熱帯魚』、『恋の罪』といった監督初期作品の系譜である。
椎名桔平が演じる主人公の名前はでんでんが『冷たい熱帯魚』で演じたシリアルキラーと同じ村田だが、タイプは全く違う。『冷たい熱帯魚』の村田は見ているだけでも圧を感じる、力でねじ伏せるタイプだが、本作の村田は軽やかで洗脳されている感じがしない。もしや自分も洗脳されているのかもしれないと不安になった。椎名桔平の怪演が光る。
村田の洗脳による猟奇殺人について語られることが多い作品だが、妙子と美津子の高校時代の関係性が女子校出身者にはあるあるの話で胸に響く。表向きの顔とは違う裏の顔。仲がいいように見せて、本心では嫉妬や不安が渦巻いていることも。若さゆえの優柔不断と潔さは猟奇殺人と同じくらい危険かもしれない。(堀)


2019年/日本/カラー/151分
公式サイト:https://www.netflix.com/theforestoflove
★2019年2019年10月11日(金)、Netflixにて全世界独占配信
posted by ほりきみき at 01:23| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする