2019年10月31日

ラフィキ:ふたりの夢 英題:RAFIK

IMG_0340.JPG

監督・脚本:ワヌリ・カヒウ
出演:サマンサ・ムガシア、シェイラ・ムニヴァ、ジミ・ガツ、ニニ・ワシェラ、デニス ムショカ、パトリシア・アミラ

看護師を目指しているケナ(サマンサ・ムガシア)は、ナイロビで母と生活しながら、離婚して国会議員に立候補した父のことを応援していた。ある日、ケナは父の対立候補の娘・ジキ(シェイラ・ムニヴァ)と出会う。やがて二人は惹(ひ)かれ合うが、同性愛が違法であるケニアでは彼女たちの恋は命懸けだった。

2人の少女が暮らすケニアでは同性愛は絶対のタブー・違法行為だ。家族からも「悪魔憑き」と忌み疎まれ、周囲は謂れの無い暴力を振るう。父の仕事(選挙活動)に差し障る、世間体が悪い、と関係を引き裂かれる。偏見、憎悪、様々な悪意に満ちた視線に2人は晒され、女特有の禁忌に向き合わねばならない。

舞台となるナイロビはケニアの大都会だ。これほど過酷な環境の中で、2人の少女は愛を育む。監督の話によると、ケニアの映画では男女のラブシーンさえ見たことはないそうだ。本作は未だにケニアで上映禁止だが、国際映画祭へ出品するために7日間のみ裁判所から上映が許可されたという。監督をはじめ、多くのスタッフが女性である。まさに命懸けの覚悟でこの映画を生み出したのだろう。その決意の強さ、立ち向かう勇気を想像するだに敬服せざるを得ない。

が、本作は決して悲壮感が漂う訳ではない。アフリカの陽光に似合うカラフルな映像は、教会までも明るく彩り、魅力に富む。軽快な音楽、自在に着こなすファッション(スタイルの良さに垂涎!)、ダンス、バイクといったアフリカン・ストリート・カルチャーを纏った初恋青春物語なのだ。活き活きと躍動する少女たちを観ていると、LGBT映画と安易にジャンル分けするのを躊躇ってしまう。(幸)


IMG_0341.JPG

製作国:ケニア/南アフリカ/フランス/レバノン/ノルウェー/オランダ/ドイツ
配給:サンリス
カラー/2018/82分
 ©Big World Cinema.
公式サイト:http://senlis.co.jp/rafiki/
★11月9日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開★
posted by yukie at 11:08| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永遠の門 ゴッホの見た未来 原題:At Eternity’s Gate

IMG_0342.JPG

監督・脚本:ジュリアン・シュナーベル 『潜水服は蝶の夢を見る』 
脚本:ジャン=クロード・カリエール『存在の耐えられない軽さ』
出演:ウィレム・デフォー 『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』、ルパート・フレンド『スターリンの葬送狂騒曲』、
マッツ・ミケルセン 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』、オスカー・アイザック 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
マチュー・アマルリック『潜水服は蝶の夢を見る』、エマニュエル・セニエ 『潜水服は蝶の夢を見る』 

人付き合いができないフィンセント・ファン・ゴッホ(ウィレム・デフォー)は、いつも孤独だった。唯一才能を認め合ったゴーギャンとの共同生活も、ゴッホの行動により破たんしてしまう。しかし、ゴッホは絵を描き続け、後に名画といわれる数々の作品を残す。

監督のジュリアン・シュナーベルは、画家でもあり、音楽も担う才人だ。シュナーベルの「作家性」を抜きに本作は存在しない。監督の首をすげ替えても産業として成り立つハリウッド式生産手段・ハリウッド的ドラマツルギーとは一線を画した映画だという点を自覚しつつ鑑賞に臨んだほうがいいかもしれない。

シュナーベルは、ゴッホの目に映った世界を想像し、ビジュアル面を構築している。カメラは枯芝を踏み歩くゴッホの脚を映し出す。ゴッホが見上げる大空を、眼前に広がる麦畑もゴッホの主観映像に成り切り、表出する。時折、レンズにアイリスを掛け、周囲を楕円形に縁取る”もやい”映像は印象的だ。『潜水服は蝶の夢を見る』で、片目の瞼しか自由に動かせなくなった主人公が見た世界を描いたのと同じ手法である。
「私は自分が見たままに描く。永遠が見えるのは私だけなのか」
と呟くゴッホ。自らが見た世界を伝えたい!例え誰にも理解されなくとも…。自然や静物、肖像画を見たままに描く孤高の人ゴッホ。
本作はシュナーベルの目を通して描かれる111分のゴッホの動く肖像画といえる。
シュナーベルとウィレム・デフォー自身が描くゴッホ絵画の模写も、絵の具の盛り上がり、色彩に至るまで、驚くほどのクオリティを示す。

人間ドラマとしての演出も奥行きに富む。オスカー・アイザック扮するゴーギャンとの交流・芸術論、人生を共有する弟テオ(ルパート・フレンドが温かい)、”黄色い家”を提供する宿屋の女将(ポランスキー夫人のエマニュエル・セニエ)、後世に残ることになった肖像画のモデル・医師ガシェ、ゴッホと対話する聖職者マッツ・ミケルセン。英米仏欧の名優たちが演じると、ゴッホが実在を帯びた人間に感じられてくる。この秋、必見の1作だろう。(幸)


IMG_0343.JPG

配給:ギャガ、松竹 
 2018/イギリス・フランス・アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/111分
© Walk Home Productions LLC 2018
公式サイト:https://gaga.ne.jp/gogh/
 ★11月8日(金)新宿ピカデリー他 全国順次ロードショー★
 


 
posted by yukie at 10:55| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひとよ

IMG_0344.JPG

監督:白石和彌 脚本:髙橋泉 原作:桑原裕子「ひとよ」
出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介、田中裕子

ある雨の夜、稲村家の母・こはる(田中裕子)は3人の子供たちを守るため夫を殺害し、子供たちとの15年後の再会を誓って家を後にした。事件以来、残された次男・雄二(佐藤健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)は、心に傷を抱えたまま成長する。やがてこはるが帰ってくる。

白石監督は亡き今村昌平ばりに、”ティピカルな旧日本家屋”を映画に登場させることの出来る名手だ。脚本の世界観を普く表現するためロケハンの手間暇を惜しまない。実際に人々が暮らした気配、床や柱に至るまで生活感が沁み込んだ家屋でなければ、人間の心奥に潜む闇、襞などは描出できっこないことをよく知っている。平板なライティングの下に加工されたセット上では、作りものの感情しか生まれ得ないのだ。

それは日本人が高度経済成長期に捨て去ってきた旧い日常、昭和的価値観、生活のリアルな記憶そのものだ。日本家屋で繰り広げられるドラマは、芝居だと分かっていても観客は感情移入を余儀なくされる。
最近は地方が舞台であっても、美人女優だけは方言を使わせない、といった信じられない演出方針の映画を見かける。事務所NG・スポンサーNGなのか…。が、白石監督組ではそんな忖度は許されない。今年、公開の『凪待ち』でも地方に馴染んだお国言葉を演者陣に分け隔てなく喋らせていた。

本作も、俳優たちは悪噂が瞬時にして拡散する地方の町の閉塞感の中で生きて行かなければならない息苦しさを全員が見事に体現している。「一夜(ひとよ)」の出来事に一生を左右される家族と関係者たち。抗いがたい運命、そんなものに支配されてたまるか!と抵抗する子どもがいれば、仕事に利用する者、止むなく受け入れるか、諦観を決め込む家族…。複合的な視点から、映画は「一夜(ひとよ)」を巡る過去と現在を行き来しつつ、”人生、捨てたもんじゃない”という方向性を示す。
出色なのは松岡茉優、田中裕子、韓英恵、MEGUMIらの自然体で肝の座った女優陣と、脇のキーパーソンである佐々木蔵之介、出番は少ないが迫力を見せる千鳥の大悟だろう。口触りの良い映画が少なくない中、骨太な邦画魂を白石監督には今後も期待したい。(幸)


IMG_0345.JPG

2011年に劇作家・桑原裕子が率いる劇団KAKUTAが初演した舞台「ひとよ」を映画化。舞台版は母が主人公だが、映画では次男を主人公に。演じる佐藤健は無精ひげを生やし、これまでのイメージから脱皮した役どころにチャレンジした。
子供たちを守るため、暴力を振るう父を母が殺した。それから15年。母の選択は子供たちにとって本当によかったと言えるのか。思い通りの人生にできなかったのは、殺人者の子供として嫌がらせを受けたからだと子どもたちは言う。
人はいつも迷い、揺れる。親が自分のしたことに自信を持たなくては、子供まで価値観が揺らいでしまうと母。田中裕子が語ると圧倒される。縺れた家族の絆は解けるのか。(堀)


製作幹事・配給:日活
企画・制作プロダクション:ROBOT
©2019「ひとよ」製作委員会
公式サイト:https://www.hitoyo-movie.jp/
★11月8日(金)全国ロードショー★
posted by yukie at 10:52| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

少女は夜明けに夢をみる  原題:Royahaye Dame Sobh 英題:Starless Dreams

royahaye chirasi.jpg

監督:メヘルダード・オスコウイ

雪だるまを作って、無邪気に雪合戦に興じる少女たち。
ここは、高い塀に囲まれた更正施設。強盗、殺人、薬物、売春などの罪で捕らえられた少女たちが収容されている。貧困や、親族からの虐待で罪を犯してしまった少女たち。彼女たちは、心に傷を抱えながらも、塀の中で過ごしている間は安心したようにも見える。

roya sub6.jpg

かつて、少年の更生施設の少年たちに取材し、2本のドキュメンタリーを描いたメヘルダード・オスコウイ監督。少年施設の奥に少女たちの施設があることを知り、彼女たちのことを知りたいと施設を統括する国家刑務所機構に取材を申請する。7年かかって、ようやく撮影許可を得る。3ヶ月という限られた期間の中で、20日間で少女たちに取材。
監督に同年代の娘がいることを知り、「あなたの娘は愛情を注がれ、わたしはゴミの中で生きている」と語る少女。そんな彼女たちが心を開いたのは、監督自身、15歳の時に父親が破産し、自殺をはかった経験があると語ったことから。
少女たちが、監督に心を開いて語った人生は、それぞれが壮絶だ。
釈放が決まった少女がいう。
「おめでとうじゃなくて、お悔やみをよ。外は地獄なの」
少女の目から、ふっとこぼれる涙。背負った運命はあまりに重い。

「お父さんに仕事があればいいのに」という少女の言葉に、未成年の青少年にとって家庭環境が人生を左右することをつくづく思いました。イランだけでなく、どこの国でも同じこと。
一方、本作を観ていてイランらしいなと思ったのが、更生施設の大きな部屋の周囲の壁際に2段ベッドが並んでいて、真ん中が広く空いていて、そこで集うことができるようになっていること。
イランの家庭にお邪魔すると、大きな部屋に絨毯が敷き詰められていて、椅子や小さなテーブルが周りを取り囲むように置かれています。テーブルセットがある場合も、邪魔にならないように端っこにあります。
roya sub8.jpg

映画では、少女たちが食卓を囲んで新年を迎える瞬間が映されています。イラン暦の新年は、春分の日に迎えます。太陽が春分点を通過する時間を天文学的に正確に計算して、新年を迎える時として事前に発表されます。年によって、真昼になったり、夕方になったりと時間は様々。本作の原題は『夜明けの夢』。もしかしたら、監督が撮影したのは、イラン暦1394年のお正月(西暦2015年3月21日)かなと思いました。この年は、午前2時15分11秒に新年を迎えたからです。
インタビューの折に、監督から逆に質問攻めにあい、時間切れになってしまったのですが、このことだけは確認したくて伺ってみました。
撮影したのは、その前年、イラン暦1393年(西暦2014年)で、新年を迎えたのは、午後8時27分7秒。監督は、私の質問の意図を察知して、「タイトルを『夜明けの夢』としたのは、刑務所で死刑執行の時間が朝の5時で、彼女たちは死刑宣告を受けているわけじゃないけれど、朝の5時というのは怖い時間。5時を過ぎれば、安心して夢がみれるのです」と教えてくださいました。
(注:11月6日にもう一度映画を観てみたら、クルアーンや金魚を飾っているテーブルが出てきて、ラジオから「1393年になりました。おめでとうございます」というアナウンスが聴こえてました。失礼しました。映画でちゃんと言ってるじゃないかと冷たいことを言わない、優しい監督でした!)

イラン社会は、ことのほか家族や親族の絆が強くて、よく集まります。そんな社会で、この更正施設にいる少女たちは、家族に会いたくないと口をそろえます。どれほどつらい思いをしたのでしょう。
この施設の中にいる間は、お互い心に傷を持った者どうし、まるで家族のよう。施設で働く人たちも彼女たちを家族のように見守っているのが印象的でした。施設を出たあと、彼女たちが平穏な人生をおくれることを願うばかりです。(咲)


DSCF1446 320.JPG

メヘルダード・オスコウイ監督
「権力者は見せたくないものを絨毯の下に隠すので、私たち映像作家は、はたき出して世の中に見せるのです」
インタビュー詳細は、こちらでどうぞ!

2016年/イラン/ペルシア語/76分/カラー/DCP/16:9/Dolby 5.1ch/ドキュメンタリー
配給: ノンデライコ
(C)Oskouei Film Production
公式サイト:http://www.syoujyo-yoake.com/
★2019年11月2日(土)より、東京・岩波ホールほか全国順次公開




posted by sakiko at 21:20| Comment(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夕陽のあと

yuuhinoato.jpg

監督:越川道夫
脚本:嶋田うれ葉
音楽:宇波拓
企画・原案:舩橋敦
撮影監督:戸田義久
出演:貫地谷しほり(佐藤茜)、山田真帆(日野五月)、永井大(日野優一)、木内みどり(日野ミエ)、松原豊和(豊和)

鹿児島県最北端の長島町。佐藤茜は都会からやってきて食堂で働き、1年になる。明るく溌剌とした働きぶりで人気だが、自分のことを語ることはなく謎に包まれている。
島で生まれ育った日野五月(さつき)は、島に戻って家業を継いだ夫の優一、義母のミエ、里子の豊和(とわ)と平穏に暮らしている。五月は長い間不妊治療を続けてきたが断念し、7年前赤ちゃんだった豊和の里親となった。豊和には知らせず、7歳になった今まで我が子同様に暮らしてきた。ようやく生活が安定してきたので、特別養子縁組の申し立てを行うところだった。手続きは順調に進むと思えたが、豊和は東京のネットカフェに置き去りにされた乳児であり、その母親が佐藤茜であることがわかる。

yuuhi_towa2.jpg

養子縁組・特別養子縁組をするにはいくつもの条件があります。この映画の中でも児童相談所の職員たちのことばで説明されます。五月夫婦は特別養子縁組を望んでおり、子どもの年齢制限もありますが、早くから里子として養育されていた豊和はOKです。親権は実の親になかった(不適当と判断された)ことからスムーズにいくと思われていました。しかし、実の親が子どもを返してほしいと望んでいて…両方の母親の思いが交互に描かれていて、観ているほうもたまらない気持ちになります。子どもの豊和の幸せがどこにあるのか?もし、豊和に直接聞けたならなんと答えるでしょう?
子どもを取り巻く環境は厳しくて、これまで大人は何をやってきたんだ、と責められても言い訳する言葉がありません。孤立している誰かがいたら手を差し伸べられるだろうか?生きていく力と知恵を自分は持っているだろうか?わが身を振り返りました。(白)


不妊治療を諦め里子を預かった母。貧困から置き去りにした生母。愛する子どもと一緒に暮らしたい気持ちは同じだから対立する。
夕陽の実景に重なる母の悲しみ。自分で産んでいないことに負い目があるのか、里親の母は母親とはどうあるべきかを悩む。産むことよりもここまで慈しんで育ててきたことが全てだと認めてあげたい。
貧困が極まると助けを求めることさえできなくなるらしい。捨てるしか選べなかった生母のその後の人生を知ると生母を救う手立てはなかったのかと悔やまれる。親だってやり直せるはずだ。どちらの親に対しても切なさがこみ上げてきた。
子はやがて親から巣立つ。それまでの預かりものという姑の言葉が沁みた。(堀)


2019年/日本/カラー/シネスコ/133分
配給:コピアポア・フィルム
(C)2019 長島大陸映画実行委員会
http://yuhinoato.com/

★2019年11月8日(金)よりより新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー!以降全国順次公開

越川監督インタビューこちら
posted by shiraishi at 16:15| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする