2019年08月09日

サマー・オブ・84(SUMMER OF 84)

SUMMER OF 84.jpg

サマー・オブ・84(原題:SUMMER OF 84)
監督:フランソワ・シマール 、アヌーク・ウィッセル、ヨアン=カール・ウィッセル
出演:グレアム・ヴァーシェール(デイビー・アームストロング)、ジュダ・ルイス(トミー・‘イーツ’・イートン)、ケイレブ・エメリー(デール・‘ウッディ’・ウッドワース)、コリー・グルーター=アンドリュー(カーティス・ファラデイ)

1984年夏。オレゴン州のイプスウィッチ。静かな郊外の住宅地に住む15歳の少年デイビーは、幽霊や猟奇的犯罪の記事収集が趣味だった。このところ近隣の町で同年代の子どもたちばかりが犠牲となる連続殺人事件が発生している。デイビーは向いの住人、マッキーが犯人ではないかと思いこむ。マッキーは警官だけれど、怪しすぎるのだ。親友のイーツ、ウッディ、ファラディを呼び出し、自分たちだけで証拠をつかもうと捜査を始めるのだが…。

もしも連続殺人鬼があなたの隣人だったら?「連続殺人鬼も誰かの隣人だ。人は決して本性を見せない。郊外でこそイカれたことが起こる」というデイビーの声で映画が始まります。80年代の名作『E.T.』『グーニーズ』『スタンド・バイ・ミー』『13日の金曜日』『エルム街の悪夢』などに夢中になった青少年が、熱いオマージュをささげて作ったというのが観てとれます。4人組は前述の少年たちやドラえもんを思い出させる組み合わせ。監督を務めたのはROADKILL SUPERSTARS(RKSS)というユニット名の3人。短編が多かったようで、他の作品を観ていません。
インターネットも携帯もない時代、子どもたちはもっと近所を出歩き、大人たちを観察していたはず。創造と想像も今よりももっとたくましく拡げていたはずです。この映画のように。通信手段はウォーキー・トーキー(携帯型トランシーバー)です。我が家にもオモチャがありました。
男の子ばかりのあぶなっかしい冒険譚に、近所の少し年上のお姉さんが加わり、ちょっぴり甘酸っぱい感情も織り交ぜています。好奇心が先走った無茶な行動は観ていてハラハラします。大人としては、得体のしれない殺人犯を追うのは無理~!やめて!と言いたくなるのですが、疑惑の相手が警官では警察署に持ち込むわけにもいきません。ストーリーは容赦なく進んでいき…もう子どもには戻れないことを知るのでした。(白)


2017年/カナダ/カラー/106分
配給:ブロードウェイ
2017(c)Gunpowder & Sky,LLC
https://summer84.net-broadway.com/

★2019年8月3日(土)より、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 01:05| Comment(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする