2019年08月15日

ジョアン・ジルベルトを探して 英題:WHERE ARE YOU, JOAO GILBERTO?

IMG_0300.JPG


監督:ジョルジュ・ガショ
原作:マーク・フィッシャー
出演:ミウシャ、ジョアン・ドナート、ホベルト・メネスカル、マルコス・ヴァーリ

「イパネマの娘」などの名曲で知られ、日本でライブを行ったこともあるミュージシャンのジョアン・ジルベルトは、2008年夏のボサノヴァ誕生50周年記念コンサートを最後に公の場から姿を消す。彼に会おうとリオデジャネイロに出向いた顛末を綴った本の出版直前に自殺したドイツ人ジャーナリストの旅に共鳴したジョルジュ・ガショ監督が、ジルベルトに会うためにブラジルに向かう。

ジョアン・ジルベルトの歌声は何と心地好いことか!幼い頃から聴き続けてきたにもかかわらず、本作でも流される代表曲の「イパネマの娘」「想いあふれて」といった楽曲は少しも陳腐化せず、新鮮な響きを届けてくれる。桃源郷にいる気持ちにさせる透き通った声質、涼やかな風が吹くようなメロディ…。今年、そんなジルベルトの生の歌声を2度と聴くことが出来なくなった事実に打ちのめされている時、本作が届けられた。
多少、毛色が変わったドキュメンタリーだ。隠遁暮しを続け、私生活は謎に包まれていたジルベルトに相応しいと言えるかもしれない。

ブラジルから遠く離れたドイツ人のジャーナリスト、マーク・フィッシャーは、なぜジルベルトに会うためブラジルへ出向き、その果実である出版本を見る前に命を断ったのか?
フランスとスイス国籍を持つガショ監督は、なぜフィッシャーの本に共鳴し、彼の夢を実現すべくブラジル中を訪ね歩いたのか?2人のクリエイターをそこまで突き動かした原動力は何か?
いちファンだからと出来る行動ではない。このドキュメンタリーは、”追った旅”を”追う旅”として記録された映像を観客が”追って行く旅”なのだ。二重三重構造の映画に相応しく、言語もドイツ語、フランス語、ポルトガル語、英語というように多言語である。だが、テーマはシンプルに、「ジョアン・ジルベルト」。

「デサフィナード」や「オバララ」の楽曲に乗せ、映し出されるイパネマビーチやヂアマンチーナの美しい風景。次々と登場する人々は、ジルベルトとの想い出を語ってくれる。かなりな奇人だったらしいジルベルトについての様々な逸話が楽しい。これは観てのお楽しみだ。
皆、ジルベルトを愛し、ジルベルトに愛された人ばかり。おそらく映画館にもジルベルトに魅せられた観客が詰めかけるに違いない。ジルベルト一色に染まった空間で111分を過ごすのは、ファンにとって至福の時ではないだろうか。(幸)


2018年製作/111分/G/スイス/ドイツ/フランス後援
配給 ミモザフィルムズ
カラー/ビスタサイズ/5.1ch / DCP
©Gachot Films/Idéale Audience/Neos Film 2018
8 月 24 日(土)より新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開
posted by yukie at 12:30| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火口のふたり

IMG_0302.JPG

監督:荒井晴彦
原作:白石一文
脚本:荒井晴彦
出演:柄本佑、瀧内公美

東日本大震災から7年目の夏、離婚し、再就職先も倒産してしまった永原賢治(柄本佑)は、かつて恋人だった佐藤直子(瀧内公美)の結婚式に出るため郷里の秋田に帰省する。久々に再会した賢治と直子は、ふとしたきっかけでかつてのようにお互いを求め合う。

漫画を原作とする砂糖菓子のような甘い恋愛映画が跋扈する中、珍しく性愛に身を窶す男女の物語。無修正映像ということもあり、より生々しく強い”身体性”を訴えかける映画だ。

象徴的な”火口”のモチーフ、ふたりの官能の日々が充満した一冊のアルバム、〝亡者踊り〟という幻想的な盆踊りの風景など、ビジュアル的要素は十分なのに、監督の荒井晴彦は脚本家出身のせいか、台詞で説明を加えようとする。狙った上での演出意図だろうか。

台詞や身体表現は達者なはずの柄本佑より、瀧内公美のほうが本作に限っては人物造形、心象描出ともに長けている気がする。覚悟を決めた女優は潔い。鋭い射抜くような眼差しに魅せられる。

下田逸郎の楽曲といい、全体的に昭和テイストな点も監督の狙いか。濡れ場シーンの多さに抵抗感を持つ女子は居そうだ。否が応でも身体に刻まれている記憶と、理性や規範意識の狭間で翻弄される抑制し難い欲求は、誰しも覚えのあるところかもしれない。(幸)


2019年製作/115分/R18+/日本
©2019「火口のふたり」製作委員会
配給:ファントム・フィルム
8/23(金)より、新宿武蔵野館ほか全国公開
posted by yukie at 11:42| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯

チラシ.jpg

監督:佐古忠彦
プロデューサー:藤井和史,刀根鉄太 撮影:福田安美 音声:町田英史
編集:後藤亮太 音楽:坂本龍一,他
語り:山根基世,役所広司 出演:瀬長亀次郎,他

沖縄を深く愛した男の不屈の人生を描ききる
アメリカ占領下の沖縄で米軍に挑んだ男、瀬長カメジローのドキュメンタリー『米軍が最も恐れた男 その名はカメジロー』の続編
http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/452837308.html
カメジローは230冊を超える日記を詳細に書き残していた・・・その日記を読み解き、あらためて人間カメジローを浮かび上がらせた。更に当時の佐藤首相とカメジローの、国会での迫力ある映像など貴重なアーカイヴ類も必見。カメジローを通して、戦後から現在に繋がる沖縄が見えてくる--

1.jpg(c)TBSテレビ


去年の3月、シネジャともご縁のある沖縄県那覇市の映画館、桜坂劇場を初訪しました。その時に観た映画が前作『米軍が最も恐れた男その名は、カメジロー』でした。沖縄に心から寄り添ったカメジローさんの闘う姿に涙とまらず・・・
http://cinemajournal.seesaa.net/article/458525465.html
その続編が制作されたと聞き、胸が熱くなりましたが、こちらの作品群の監督は大手テレビ局に勤務するテレビマン・・・そんなかたが、どうやって、この膨大なアーカイヴ資料を紐解き、映画を作ったりしたのか?! 疑問もあったところ、佐古監督に取材が叶いました。
音楽は前作と同じく坂本龍一さんが担当、その美しい旋律も心に響きます。 (千)



(c)TBSテレビ
2019年/日本/128分
配給:彩プロ
公式サイト: http://kamejiro2.ayapro.ne.jp/
★2019年8月17日(土)桜坂劇場にて沖縄先行公開、8月24日より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開
posted by chie at 00:00| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

鉄道運転士の花束    原題:Dnevnik masinovodje

tetsudo untensi.jpg

監督・脚本:ミロシュ・ラドヴィッチ
プロデューサー: ラザル・リストフスキー、ペータル・リストフスキー
出演:ラザル・リストフスキー(『アンダーグラウンド』)、ペータル・コラッチ、ミリャナ・カラノヴィッチ(『パパは、出張中!』『サラエボの花』)

もうすぐ定年退職を迎える鉄道運転士のイリヤ(ラザル・リストフスキー)。線路上で立ち往生しているロマの楽士たちのワゴン車を見つけるが、ブレーキをかけても間に合わず、吹き飛ばしてしまう。これまでに多くの人を轢き殺してしまったイリヤ。懇意にしている精神療養士のヤゴダ(ミリャナ・カラノヴィッチ)のもとを訪ね、話を聞いてもらう。
若い時に妻を亡くし、子供のいないイリヤが迎えた養子のシーマ(ペータル・コラッチ)は19歳になり、代々続いている鉄道運転士を継ぐという。そんなシーマに、事故は避けて通れないと折に触れて語るイリヤ。
いよいよ運転士となったシーマ。3週間経っても無事故。緊張感に耐えられなくなったシーマを見かねて、イリヤは飛び降り自殺しようとしている男に、列車に轢かれてほしいと交渉する・・・
鉄道 サブ2.jpg

ミロシュ・ラドヴィッチ監督は、祖父が蒸気機関車の運転士で、チャンピオンというニックネームなのが自慢だったが、実は、勤務中に轢き殺してしまった数が最高だったことからついた名だと大人になって知る。線路上にいる人を見かけても停止が間に合わないことから、運転士は罪に問われることはない。そうした無実の殺人者への思いが本作の原点になっている。
運転士にとっての通過儀礼でもある人身事故。息子がなかなか体験できないのを助けようとする親心をユーモア交えて描いている。
ロマの人たちが奏でる哀愁漂う音楽に始まり、バルカンの情緒豊かな風景もたっぷり楽しめる。川を見下ろす墓地で、後ろに花束を持った親子の姿にほろっとさせられた。(咲)


鉄道運転士は人を轢き殺しても責任を問われず、自分は28人殺してしまったという定年間近の主人公。養子に迎えた息子が同じ鉄道運転士になった。主人公が「事故は避けて通れない」と折に触れて息子に語るため、息子は“人を轢き殺してしまうかもしれない不安”と“無事故を続ける緊張感”に押しつぶされそうになってしまう。そこで主人公はとんでもない手段に出た。
自殺、酔っ払い、注意散漫など電車による死亡事故。運転士には責任がないが、ストレスが溜まるだろう。同じ道を選んだ息子への過剰な気遣いがブラックジョークのように描かれるが、親は真剣そのものである。私も似たようなことをしていないか。ふと、心配になった。(堀)


2016年/セルビア・クロアチア/85分/2.35:1 字幕:佐藤まな
配給:オンリー・ハーツ
後援:セルビア共和国大使館
公式サイト:http://tetsudou.onlyhearts.co.jp/
★2019年8月17日(土)新宿シネマカリテほかにて全国順次公開




posted by sakiko at 16:54| Comment(0) | セルビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

命みじかし、恋せよ乙女   原題:Kirschbluten & Damonen

inochi mijikasi.jpg

監督・脚本:ドーリス・デリエ(『フクシナ・モナムール』)
出演:ゴロ・オイラー、入月絢、ハンネローレ・エルスナー、エルマー・ウェッパー、樹木希林

ドイツ、ミュンヘン。妻と別れ、仕事も辞め、生きる希望を失ったカールの前に、ユウと名乗る日本女性が現われる。亡き父ルディと親交があったユウは、ルディが暮らしていた家を見たいという。久しぶりに実家を訪れ、両親の思い出を胸に、ユウと数日過ごす。相続でもめて以来会ってなかった兄や姉とも再会する。そんな中、ユウが忽然と姿を消す。気になり始めていたユウを探しに、カールはユウの故郷、茅ヶ崎へと向かう。老舗の旅館「茅ヶ崎館」の女将が彼を迎える・・・

ドイツの女性監督で、この30年の間に、30回日本を訪れ、『フクシナ・モナムール』など5本の映画を日本で撮影しているドーリス・デリエ。日本文化をこよなく愛するドーリスが、長年憧れていた女優・樹木希林に茅ヶ崎館の女将をあて書きしオファー。
茅ヶ崎館は、小津安二郎が脚本を書くために宿泊したこともある、有形文化財に指定された宿。樹木希林が茅ヶ崎館を訪れたのは、小津監督の遺作『秋刀魚の味』(62)の撮影時に、女優・杉村春子の付き人として参加した時以来とのこと。
本作の、「命みじかし恋せよ少女 朱き唇褪せぬ間に 赤き血潮の冷えぬ間に 明日の月日のないものを」と歌うシーンが、樹木希林の最後の出演シーンとなった。
この歌は、黒澤明監督の『生きる』(52)にも出てくる有名な大正歌謡。

ところで、茅ヶ崎は、私の高校時代の親友が生まれ育った町。何度か訪れたことがあって、映画には茅ヶ崎駅や海岸の風景も出てきて懐かしかった。親友に「茅ヶ崎館」のことを聞いてみたら、家のすぐ近くで、私も前を通っているとのこと。いつか茅ヶ崎を再訪して、茅ヶ崎館にも行ってみたい。
樹木希林さんが、茅ヶ崎館の落ち着いた佇まいの中で歌う姿は、人生の最期が感じられて、涙。(咲)


2019年/117分/G/ドイツ
配給:ギャガ
公式サイト:https://gaga.ne.jp/ino-koi/
★2019年8月16日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他 全国順次公開






posted by sakiko at 16:47| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする