2019年07月19日

マーウェン(原題:Welcome To Marwen)

marwen.jpg

監督:ロバート・ゼメキス
脚本:ロバート・ゼメキス、キャロライン・トンプソン
撮影:C・キム・マイルズ
音楽:アラン・シルヴェストリ
出演:スティーヴ・カレル(マーク・ホーガンキャンプ/ホーギー大尉)、レスリー・マン(ニコル/ニコル)、ダイアン・クルーガー(デジャ・ソリス/ベルギーの魔女)、メリット・ウェヴァー(ロバータ/ロバータ)、ジャネール・モネイ(ジュリーG.I.ジュリー)、エイザ・ゴンザレス(カラーラ/カラーラ)、グウェンドリン・クリスティー(アナ/アナ)、レスリー・ゼメキス(シュゼット)、ニール・ジャクソン(カート/SS将官クルト・マイヤー)

ヘイトクライムにより5人の男に暴行を受け、昏睡状態に陥ったマーク・ホーガンキャンプ。9日後目覚めたものの記憶は飛び、脳に障害が残って日常生活もおぼつかなくなった。襲撃の後遺症(PDSD)に悩みつつ、セラピー代わりにカメラを手にする。自宅にフィギュアのための「マーウェン」村を作り、G.Iジョーのホーギー大尉と5人のバービー人形を住人とした。彼らはマークの想像の世界で日々ナチスの親衛隊と闘い、マークはそれを撮影する。近隣の理解と協力のもと、マークの写真は世に出ていく。

もとは実話で、2010年ジェフ・マルムバーグ監督のドキュメンタリー『マーウェンコル』をフィクションとして映画化したもの。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや『フォレスト・ガンプ』など多くの作品で楽しませてくれたロバート・ゼメキス監督、ティム・バートン作品の脚本家として知られるキャロライン・トンプソンと組んでこの作品を送り出しました。
マークはスティーヴ・カレル。ほんとにもうなんにでもなれる俳優です。マークは想像の世界でホーギー大尉になり、マークに関わる美女たちはバービー人形のキャラとして活躍します。このCGすごいですよ!!俳優と人形を見比べてみてください。
ダイアン・クルーガー演じる魔女(人形)も登場して、ファンタジー色たっぷりです。あの家とフィギュアをじっくり見たい。が、マークはヘイトクライムの被害者。裁判に事件の証人として立つまでの重い重い足跡も描いています。(白)


2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/116分
配給:PALCO
(c)2018 UNIVERSAL STUDIOS
https://www.marwen-movie.jp/
★2019年7月19日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 23:12| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京喰種 トーキョーグール【S】

tokyogool.jpg

監督:川崎拓也、平牧和彦
原作:石田スイ
脚本:御笠ノ忠次
撮影:唐沢悟
出演:窪田正孝(金木研)、松田翔太(月山習)、山本舞香(霧嶋董香)、鈴木伸之(亜門鋼太朗)、小笠原海(永近英良)、白石隼也(西尾錦)、村井國夫(芳村功善)

東京には人間を捕食する「喰種(グール)」という種族が、人間にまぎれて密かに住んでいる。見た目は普通の人間と変わらないが、唯一の食糧が人間であるため狩りが必要だ。他のものを口に入れるととてつもなく不味く、飢餓状態は激しく辛い。金木(カネキ)は不本意にも半喰種となってしまったが、芳村の営む喫茶店あんていくに居場所を見つけた。そこは人間を狩れない喰種のための隠れ家の役目も果たしている。来店した喰種の月山は、本好きな金木に接近し、すっかり打ち解ける。月山の招待を受けて訪ねた「秘密のレストラン」では、人間が食物として屠られていた。喰種の中で美食家として知られる月山は、半喰種の金木の香りに魅せられていたのだった。

『東京喰種 トーキョーグール【S】』 メイン.jpg

第1作の『東京喰種 トーキョーグール』(2017)を、この試写の前に見直しました。未見の方も本編の冒頭、これまでのエピソードを2分半ほど見せてくれるので、始まりがざっくりわかります。蒼井優さんがポイント。
食物連鎖の最高位が「人間」ですが、それを食べる種族が喰種という設定です。食物が1種類しかない、という生物は実際にはどのくらいいるものでしょう?生きづらいからきっと強いはずです。
飢餓に耐え葛藤する窪田正孝さん=金木(カネキ)に同情。なんとかしてあげたくなりますが、水とコーヒーは受けつけるようです。金木に執着する月山役の松田翔太さん、お兄さんの龍平さんに負けず劣らず妖しく美しかった。いつか競演してほしいものです。
CGを駆使した戦闘場面では、喰種特有の器官が現れ、いきなりアクションゲーム感覚になります。ネットで調べたら「赫子(かぐね)」というそうで、羽やら尾やら触手のようなものやら、個体差があります。董香(トウカ)役の山本舞香さんがなんだか違う~と思っていたら空手を習っていたのだとか。細マッチョな窪田さん、本作でもよく動いています。
人間の何倍も強靭で再生能力も高い喰種、ほんとに存在していたら最強。グロイ場面も多いですが、ドラマ部分が面白いうえイケメンくん揃っていますので原作ファンもそうでない人もどうぞ。(白)


前作は人vs喰種の戦いだったが、今作は喰種同士の戦いを描く。まずはグルメな喰種の耽美な世界観が炸裂。演じた松田翔太の冷たい横顔が観客を突き刺す。カネキの純粋さがより際立った。クライマックスは赫子を使ってのアクション。まさかの手段で苦境を挽回。カネキ喰種化には秘密があるか?(堀)

2018年/日本/カラー/シネスコ/101分/R15+
配給:松竹
(c)石田スイ/集英社 (c)2019「東京喰種【S】」製作委員会
http://tokyoghoul.jp/
★2019年7月19日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 23:11| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンダー・ユア・ベッド

under your bed.jpg

監督・脚本:安里麻里
原作:大石圭「アンダー・ユア・ベッド」(角川ホラー文庫刊)
撮影:鎌苅洋一
出演:高良健吾(三井直人)、西川可奈子(佐々木千尋/浜崎千尋)、安部賢一(浜崎健太郎)

三井直人は、家でも学校でも目立たず親にも存在を忘れられるような子どもだった。成長してもそれは変わらず、大学で「三井くん」と名前を呼んでくれたのは佐々木千尋一人だった。彼女と一緒にコーヒーを飲み、好きな熱帯魚の話をした11年前の思い出をずっと大切にしていた。
もう一度名前を呼ばれたい。すでに結婚していた千尋を探し出し、近所に熱帯魚店を開く。しかし、千尋はキラキラと輝いていたあの面影はなく、疲れて魂の抜けたような表情をして三井にも気づかなかった。思いつめた三井は合鍵を作って千尋の留守に侵入し、盗聴器をしかける。

「名前を呼ばれたいだけ」とは、なんとささやかな欲望でしょう。その孤独の深さを想像します。思うだけなら切なく純な片思いですむところが、思いが募って実力行使に出てしまいました。原作は恋愛小説でなく、ホラー文庫なんですね。ちょっと「人間椅子」を思い出しました。高良健吾さんがいくら前髪を伸ばしてお顔を半分隠しても、美男っぷりが漏れてきます。清潔感のあるこの人だから変な気持ち悪さがなく、純な印象のほうが勝つのでしょう。
エリートらしき夫は『ガチ星』のダメ父ちゃんの安部賢一さんではありませんか。シュッとスリムな体型に戻っていて、最初見違えました。今作ではDV夫役と、またもやダメ男路線ですが、監督によれば千尋のオーディションの時から夫役だったそうです。そのまま本番の役になったんですね。
夫の激しい暴力を受ける千尋を『私は絶対許さない』の西川可奈子さん。試写にいらしていましたが、あまりに細くて可憐な人だったので、帰り際「こんなに酷い目にあう役で、引きずって辛くなかったですか」と思わず聞いてしまいました。「辛かったけれど監督や出演者とよく話し合い、納得の上挑んだ」とのお答えでした。あざだらけになったそうで、なんとも根性のある女優さんです。激しい描写もありますが「あれも愛、たぶん愛、きっと愛」なんだと思いました(これ歌の文句にあります。古っ)。(白)


高良健吾さん演じる直人は、合鍵で千尋の部屋に忍び込んで、ベッドの下でじっと待機するのです。「え? おトイレ大丈夫?」と、トイレが近い私は心配してしまいました。でも、万全の態勢で臨むのです。その場面、一瞬ですのでどうぞお見逃しなく!高良健吾さんのそんな姿も可愛い♪(咲)

2018年/日本/カラー/シネスコ/98分/R-18
配給:KADOKAWA
(c)2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会
http://underyourbed.jp/
★2019年7月19日(金)テアトル新宿ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 23:03| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする