2019年07月04日

ハッピー・デス・デイ 2U 原題:Happy Death Day 2U

IMG_0288.JPG


監督:クリストファー・ランドン
製作:ジェイソン・ブラム
脚本:クリストファー・ランドン
出演:ジェシカ・ロース、イズラエル・ブルサード

何者かに殺される誕生日を繰り返すタイムループから抜け出したツリーは、恋人のカーターと楽しく過ごすつもりだった。ところが彼のルームメイトのライアンが殺人鬼に狙われるタイムループに陥り、理工学部で学ぶライアンたちが開発した量子冷却装置(SISSY)が原因だと判明する。彼らは研究室に行き、そこで装置から放たれたビームをツリーが浴びてしまう。

2017年製作だった前作は6月28日から、本作は7月12日と連続公開される興行形式は正解。1作目を観たら続編も観たくなる”誘導戦略”が巧みに仕掛けられているからだ。
卑近な例で恐縮だが、まさか自分の誕生日にこの試写を観ることになるとは!(笑)夢の中で何度も殺されるのだろうか…と眠りにつくのが怖かったほど、本作はトラウマになってしまった。

大方の評は、「ホラーというよりコメディ」「爆笑しつつ…」などと書かれているが、誕生日当事者にとっては笑えない場面が続く。だが、ビッチなヒロインが苦闘する姿や、パラレルワールドタイムループ、母娘の情愛なども挟みつつ、物語に緩急があり、面白く飽きさせない。
タイムループものとして根強い人気を持つ、『恋はデジャ・ブ』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』へのオマージュも感じさせ、楽しめる。

やはり、娯楽作の醍醐味を知り尽くすクリストファー・ランドン監督、ジェイソン・ブラム・プロデューサー(共に『パラノーマル・アクティビティ』シリーズ)の”安定印”付き映画ということなのだろう。3作目も期待できそうな予感がする。(幸)


前作『ハッピー・デス・デイ』はこちらです。

2019年/アメリカ/カラー/100分
配給 東宝東和
(C) Universal Pictures
公式サイト https://www.universalpictures.jp/micro/happydeathday
 7月12日(金)全国公開
posted by yukie at 13:27| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする