2019年03月09日

まく子

makuko.jpg

監督・脚本:鶴岡慧子 
原作:西加奈子 
撮影:下川龍一 
音楽:中野弘基 
出演:山崎光(南雲慧)、新音(コズエ)、須藤理彩(南雲明美)、草なぎ剛(南雲光一)、つみきみほ(コズエのオカアサン)、村上純(ドノ)、橋本淳(小菅)、内川蓮生(類)、根岸季衣(キミエおばちゃん)、小倉久寛(校長) 


5年生のサトシの家は温泉街の旅館。女将の母ちゃんはしっかり者で働き者なのに、料理長の父ちゃんは女好きで、浮気をしているのを町中が知っている。サトシは父ちゃんが嫌いだ。あんな大人になりたくない。旅館に新しい仲居さんが子ども連れで入り、サトシのクラスに転入してきた。コズエはこれまで出会ったことがない不思議な女の子だった。サトシについて歩いて、何でも撒き散らす。おまけに「ある星から来た」と耳打ちされて、サトシはあっけにとられてしまう。


サトシは身体が変わりはじめる年ごろ。女子は毎日大人に近づいているみたいで、なんだか遠くなった気がしています。自分や子どものことを考えても、女の子のほうが早く大人になりますね。そばに尊敬する大人がいると目標ができていいけれど、そうはうまくいきません。身近な大人の男が、浮気性の父ちゃんと、働かずいつまでも子どものようなドノで、サトシはげんなりしています。
けれども全く違う感覚を持つコズエに出会ったことで、サトシの世界はひろがっていきます。
異邦人のコズエとオカアサンが、お祭りで何度も呼び合うシーンが胸に残りました。ドノが大切に口にする一言が深いところへしみていきます。村上純さん、いい台詞もらいましたね!草なぎ剛さん妙にエロい父ちゃんでした。原作を読んでいても楽しみを損なうことはありません。(白)

少年は大人の体への変化に戸惑う。原因は浮気性な父親。しかし、そんな不安を父親が受け止める。これは女親にはできない。父と息子が2人で並び立ち、会話する様子に少年の成長を感じた。少年のラストの行動はその表れだろう。父親を演じたのは草なぎ剛。女にだらしない崩れた緩い色気を放ち、これまでのイメージを覆す。今後はリリー・フランキー路線でいけるかもしれない。(堀)


2019年/日本/カラー/ビスタ/108分
配給:日活 
(C)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)

★2019年3月15日(金)テアトル新宿ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 23:56| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

探偵なふたり:リターンズ(原題:The Accidental Detective 2: In Action)

tanteinahutari2.jpg

監督:イ・オンヒ
撮影:キ・セフン
編集:シン・ミンギョン
音楽:タル・パラン
出演:クォン・サンウ、ソン・ドンイル、イ・グァンス

未解決事件を解決する推理コンビ、シャーロック・ホームズのオタクで漫画喫茶のカン・デマン(クォン・サンウ)と、広域捜査隊のレジェンドと呼ばれた刑事ノ・テス(ソン・ドンイル)はついに韓国最初の探偵事務所をオープンし、探偵としての第一歩を踏み出す。しかし、現実は甘くなく、なかなか依頼主も現れない。生活費まで圧迫されるようになり、密かに警察署で営業をかける。
ついに待ちに待った最初の依頼人が現れ、成功報酬は5千万ウォン。自信満々に仕事を引き受け、元サイバー捜査隊のエース ヨチ(イ・グァンス)も仲間に引き入れるが、事件を暴こうとすればするほど連鎖的な不審証拠に混乱するのだった…

シャーロック・ホームズ並みの推理力と洞察力を持つデマン。広域捜査隊の人喰いザメと呼ばれるほど正義感が強すぎて警察内で疎まれるテス。反りが合わない2人が手を組んで難事件を解決した前作。今回はなんと2人が探偵事務所を開業させるところからスタートする。大丈夫なのかと心配しながら見ていると、案の定、依頼者が来ない。恐妻家という唯一の共通点を持つ2人は背に腹は代えられぬと古巣の警察にまで営業に行く。スマートさに欠ける展開がむしろ、この作品の魅力である。デマンは抜群の推理力を持ちながら、いざというときは意気地のないヘタレぶりを見せる。また、家計を顧みない(あくまでも、家計。家庭ではないところがポイント)ために、妻から育児を押し付けられ、赤ちゃん同伴で捜査に行き、現地でおむつも替える。このギャップが笑えた。クォン・サンウはいい役に巡り合えたといえるだろう。ぜひともシリーズ化してほしい。(堀)

デマンとテスのコンビに加えて今回初登場のヨチ役、イ・グァンスは『コンフェッション 友の告白』(2014)と『フィッシュマンの涙』(2015)で観ていました。フィッシュマンはずっと魚頭でしたが(笑)。ヨチはサイバー捜査の才能はあるけれども、調子がよくて車やバイク好き。この頼りになるような?ならないような?役柄がはまっていて、また見たいと思いました。(白)

配給:ツイン
(c)2018 CJ E&M CORPORATION, CREE PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:http://tantei-movie2.com/

★3月16日(土)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
posted by ほりきみき at 14:31| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運び屋(原題 :THE MULE)

hakobiya1.jpg

監督:クリント・イーストウッド
脚本:ニック・シェンク
出演:クリント・イーストウッド、ブラッドリー・クーパー、ローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシア、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィ―スト、アリソン・イーストウッド、タイッサ・ファーミガ

アール・ストーン(クリント・イーストウッド)は金もなく、孤独な90歳の男。商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけた時、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。それなら簡単と引き受けたが、それが実はメキシコの麻薬カルテルの「運び屋」だということを彼は知らなかった…。

本作は2011年に87歳で逮捕されたコカインの運び屋レオ・シャープの実話がベース。2014年、「ニューヨーク・タイムズ・マガジン」に「シナロア・カルテルが雇った90歳の麻薬運び屋」という記事が掲載され、人々に知られることとなった。ただ、モデルとなった人物ははデイリリーと呼ばれる特殊なユリ栽培の大御所で、いくつもの賞を獲得してきたことしかわかっていない。そこで事件以外のことは、イーストウッド自身を重ね合わせた人物となっている。では、いったいどんな人物として描かれているのか。
主人公のアールは仕事一筋で家庭を蔑ろにしてきたため、家族とは疎遠になっており、たまに会いに行っても娘からは拒否される始末。この娘をイーストウッドの実の娘であるアリソン・イーストウッドが演じているのだ。実際にも奔放な私生活を送ってきた父に向けて放つセリフの1つ1つはアリソンの本心なのではと勘繰ってしまう。
それを寂しく思いながらも、歌を歌いながら、飄々と運転をして麻薬を運ぶアール。途中で90歳近いとは思えないタフな夜を過ごすあたりは、いまでも若い女性と歩く姿をキャッチされてしまうイーストウッドならではかもしれない。
物語後半、人生の最終場面が近づき、アールは家族に対して大きな決断を迫られる。その答えに人生はいくつになってもやり直すことができると感じた。
それにしても、人生のハンドル操作は難しい。(堀)

『運び屋』公開を前に行われたトークイベントで、映画評論家の町山智浩氏がイーストウッドについて詳しく語っています。
よろしかったら、併せてご覧ください。


配給:ワーナー・ブラザース映画
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

★2019年3月8日(金)全国ロードショー

posted by ほりきみき at 14:28| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映像女性学の会 第42回女性監督作品上映会 山本洋子監督「明日へ紡ぎつづけて」

映像女性学の会からの案内を紹介します

2019年3月23日(土)18:30~20:30
場所 渋谷男女平等・ダイバーシティセンター(渋谷区文化総合センター大和田8F)
参加費無料 カンパ歓迎   
先着30名 事前予約の必要はありません。
ゲストトーク 山本洋子さん

■上映作品
『明日へ紡ぎつづけて』   
2009年/94分/監督:山本洋子

1950、60年代に、愛知県下の繊維労働者として、地方から働きに来ていた、中学を卒業したばかりの15歳の少女たちの斗いと青春の日々の記録。
過酷な労働、人権無視の職場の中で、理不尽な働き方を変えたい!人間らしく生きたい!仲間を信じ、資本家と真っ向から対峙する少女たち。明日を信じて生きた少女たちは、今も理不尽な世に目を光らせている。自分たちが主人公の未来をつくるのは私たちの力だと。

監督プロフィール:山本洋子 
1941年東京生まれ。地方紙への記事提供の仕事を経て、独立プロ系のプロダクションに入社。その後結婚、子育てのため中断。
1972年に独立映画社で演出の仕事を始める。1974年、『大須事件』(ドキュメンタリー)で監督デビュー。1979年に独立映画社退職後フリーとなる。主な監督作品:『はばたけ子供たち』(1979)、『世界の婦人たちは今―平等、発展、平和をめざして』(1985)、『夏雲―逝きしものへのレクイエム』(1990)、『東京大空襲の記録』(1992)、『グー・トウイの娘たち―元ベトナム女性民兵の光と影』(1995)、『軍隊をすてた国』(2001)、『大ちゃん だいすき。』(2006 アニメーション)、『明日へ紡ぎつづけて』(2009)。

主催 映像女性学の会   お問い合わせは小野まで
(mail:ycinef@yahoo.co.jp ℡090-9008-1316)

posted by akemi at 07:00| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする