2019年03月17日

ベトナムを懐(おも)う(英題:Hello Vietnam)

vietnam.jpg

監督:グエン・クアン・ズン
脚本:タイン・ホアン、タイ・ハー、グエン・クワン・ユン
撮影:グエン・チン・ホアン、ジェップ・テー・ビン
美術:ラ・バグズリー、レ・ゴック・クオック・バオ
音楽:ドゥック・チー
出演:ホアイ・リン(トゥー)、チー・タイ(ナム)

1995年のニューヨーク。トゥーはベトナムの農村で生まれ育ち、幼馴染と結婚し、つましく暮らしてきた。妻が亡くなって、アメリカに渡った息子グェンの元にやってくるが、同居は叶わずに老人ホームに入居する。たった一人の孫娘タムはアメリカ生まれで、習慣・価値観の全く違う祖父に懐いてはくれない。妻の命日にホームを抜け出したトゥーは、親友のナムを誘い二人だけで伝統的な供養をする。そして、トゥーを怖がっていたタムの本心を初めて聞くことになった。

ベトナム人家族3世代の故郷への思いを綴った作品。トゥーが思い出すのは、緑深く陽光が降りそそぐ故郷。今は暗い空から雪が舞うニューヨークに住んでいます。この対比に望郷の思いが伝わってきます。トゥーの胸の中にある故郷はいつも美しく輝き、味わったはずの苦労は時間が薄めてくれています。
孫娘のタムにとって、ベトナムは見知らぬ外国に過ぎません。祖父のトゥーがよかれと思って伝える習慣も、押し付けにしか思えず、いやでたまりません。真ん中の世代のグェンが、父と娘タムの間の大きな溝を埋める役割、架け橋にならなければいけないのに、と疑問が浮かびます。グェンには故郷を忘れてしまいたい理由がありました。タムがあまりに頑なに祖父を拒否するのも不思議でしたが、このわけも後でわかります。タムのボーイフレンドがごく普通に接するのが救いでした。
異なる世代の思いが理解されず、すれ違ってしまうのは現代でも起き得ること。まず「何故?」と相手を知ろうとすること、自分の心を開くことですよね。(白)


息子グェンのもとに行った父トゥーはなかなかアメリカの生活に馴染めないのに、母の命日にさえ、グェンは仕事で忙しくて家にいられません。アメリか育ちの孫娘タムからは、家の中で火を使う命日の儀式を拒否されてしまいます。こんな祖父と孫娘のやりとりに、いらっとしてしまいます。
2017年のアジアフォーカス・福岡国際映画祭で上映された折に来日したグエン・クアン・ズン監督が、「間違っているのでなく違うのだと、それぞれの世代に感情移入して観ていただければ」と語っていたのを思い出します。息子グェンは、1975年のベトナム南北統一で、ボートピープルとしてアメリカに渡った人物。物語の最後には、離れなければならなかった故国を思う気持ちがじんわり伝わってきました。(咲)


雪のニューヨークでベトナムを想う家族 ベトナム戦争の影は今も
ボートピープルとしてアメリカに渡ったグエンの思い、アメリカで生まれた娘タムの思い、ベトナムに残ったけどアメリカに呼び寄せられた祖父トゥーの思い、世代や文化のギャップの相容れない状態が最初描かれるけど、そこから彼らがかかえた切ない背景へと迫り、最後はそれぞれが祖国を想う切なさが描かれる。それに感動しました。
本作はベトナムで1990年代から演じられてきた舞台を映画化した作品。劇中で歌われるのは、戦いへ赴いた夫を待つ妻の切なさを歌ったもので、その歌のタイトル「Dạ Cổ Hoài Lang(夜恋夫歌)」がベトナムでの原題だそう。
本作の監督は『超人X』や、韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』のベトナムリメイク『輝ける日々に(「サニー」ベトナム版)』のグエン・クアン・ズン監督。いまやベトナムのヒットメーカーです。これらは大阪アジアン、アジアフォーカス、東京国際映画祭で紹介されました。
それにしてもグエンはベトナムから父トゥーを呼び寄せたのに老人ホームに入れてしまうし、母の命日にもその弔いの催しもしない。一緒に暮らす余裕もないのに親を呼び寄せるということがよくわからなかった。父親にこんな思いをさせるくらいなら、ベトナムにいたほうが幸福だったのではとも思う(暁)。


グエン・クアン・ズン監督.jpg
グエン・クアン・ズン監督(2018年東京国際映画祭にて)


2017年/ベトナム/カラー/シネスコ/88分
配給:ムービー・アクト・プロジェクト
(C)HKFilm
http://mapinc.jp/vietnam2films/
★2019年3月23日(土)新宿K'sシネマにてロードショー

◎公開初日にはスペシャルトークイベントが決定しました。
SPゲストに元「アイドリング!!!」の創設メンバーとして活躍し、現在も女優として活動中のベトナム出身の美人女優・フォンチーさんが登壇します。
posted by shiraishi at 17:54| Comment(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蹴る

keru.jpg

監督:中村和彦
プロデューサー:中村和彦、森内康博
撮影:堺斗志文、森内康博、中村和彦
録音:藤口諒太 
整音:鈴木昭彦
出演:永岡真理、東武範、北沢洋平、吉沢祐輔、竹田敦史、三上勇輝、有田正行、飯島洸洋、内橋翠、内海恭平、塩入新也、北澤豪

永岡真理さんはSMA(脊髄性筋萎縮症)で、生まれてから一度も歩いた経験がない。電動車椅子サッカーの存在を知り、横浜のチームに属して国内で華々しい成績を残している。ワールドカップを目標に、日本代表を目指して日々厳しい練習にいそしんでいる。鹿児島に住む東武範さんは筋ジストロフィーで呼吸器が離せないが、サッカーにかける情熱は人一倍。ふたりを中心に、電動車椅子サッカーを命の糧としている選手たちに密着する。

keru2.jpg
永岡真理さんと北澤豪 日本障がい者サッカー連盟会長

thumbnail_sub3.jpg
東武範さん

この作品を観て初めて電動車椅子サッカーのことを知りました。こんなに激しいスポーツをやって大丈夫なの?!と驚き、心配してしまいましたが、選手達がみな生き生きと楽しそうで、ものすごく闘争心があるのがわかりました。障がいのため身体の動きが不自由でも、心は縛られることなく自由なのです。
彼らに惚れ込み、6年間寄り添った中村和彦監督はプライベートな生活まで撮影しています。サポートするドクターや周りの人たちの姿も映し込んで、たくさんのことを知らせてくださいました。
中村監督にお話を伺いました。記事はこちらです。(白)


蹴る (1).jpg
北澤豪氏、永岡真理さん、中村和彦監督
2018年東京国際映画祭レッドカーペット(撮影:宮崎暁美)

2018年/日本/カラー/シネスコ/118分
配給:「蹴る」製作委員会、ヨコハマ・フットボール映画祭
(c)「蹴る」製作委員会
https://keru.pictures/
★2019年3月23日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開/日本語字幕付き、音声ガイド付き上映ありロードショー
posted by shiraishi at 11:49| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宿タイガー

shinjukutiger.jpg 


監督・撮影・編集:佐藤慶紀
企画:小林良二 
プロデューサー:塩月隆史
撮影:喜多村朋充 
写真:須藤明子 
音楽:LANTAN
出演:新宿タイガー、八嶋智人、渋川清彦、睡蓮みどり、井口昇、久保新二、石川ゆうや、里見瑤子、宮下今日子、外波山文明、速水今日子、しのはら実加、田代葉子、大上こうじほか
ナレーション:寺島しのぶ

新宿に“新宿タイガー”と呼ばれる年配の男性がいる。彼はいつも虎のお面を被り、ド派手な格好をして、毎日新宿を歩いている。彼は24歳だった1972年に、死ぬまでこの格好でタイガーとして生きることを決意した。何が彼をそう決意させたのか? 新聞販売店や1998年のオープン時と2012年のリニューアル時のポスターに新宿タイガーを起用したTOWER RECORDS新宿店の関係者、ゴールデン街の店主たちなど、様々な人へのインタビューを通じ、虎のお面の裏に隠された彼の意図と、一つのことを貫き通すことの素晴らしさ、そして新宿の街が担ってきた重要な役割に迫る。

新宿タイガーのことは、新宿で何度か見かけたことがある。派手な格好で自転車で疾走する姿に実はちょっと恐怖を感じていた。関わらないようにしなきゃと思った記憶がある。この作品で映し出される新宿タイガーは映画、美人、お酒をこよなく愛し、いつもニコニコしていて、相手の懐にするっと入ってしまう。これまでの私の印象はまったくの誤解だったと知った。また、新宿タイガー本人だけでなく、ゴールデン街の歴史やそこに集う人々の思いも伝わってくる。人を見た目だけで判断してはいけないと改めて思う。(堀)

2019年/日本/カラー/83分
配給:渋谷プロダクション
(C) 2019「新宿タイガー」の映画を作る会. All Rights Reserved.
公式サイト:http://shinjuku-tiger.com/
★2019年3月22日(金)からテアトル新宿にてレイトショー
posted by ほりきみき at 02:49| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぼくの好きな先生 

sukinasensei.jpg


監督:前田哲
撮影:前田哲
録音:加藤大和
効果:小島彩、斎藤優希
編集:千葉愛美
音楽:スタジオアトウ
主題歌:RCサクセション
出演:瀬島匠

画家 瀬島匠は、山形にある東北芸術工科大学で学生を指導しつつ、日本中を駆け巡って創作活動を続け、眠っている時間以外はつねに何かを作り、ラジコンを飛ばし、絶え間なく言葉を発し、30年間〝RUNNER〟という同じタイトルで絵を描き続けている。睡眠時間は極端に短く、10代の頃に35歳で死ぬと思い込み、逆算して人生を過ごしてきたが、50歳を過ぎた現在も生き続け、もう余生だと言いつつ、あり余るエネルギーを撒き散らしながら「全力で今を生きて」いる。 周りからは、自由奔放に人生を謳歌している「破天荒で幸せな人」と見られている。しかし、光あるところには影があるように、撮影を進めていく中で、生まれ故郷の広島県尾道市因島での「ある宿命」を背負って生き続けていることが明かされる。 そこには、秘められた「家族の物語」があった。映画監督 前田哲が、全身アーティスト 瀬島匠に出会い、自らカメラを手に衝動的に撮影。 一年余りの時間を費やして完成させた、観る者の心を激しく揺さぶる、熱き人間ドキュメントである。

RCサクセションの「ぼくの好きな先生」が主題歌として使われ、瀬島は「担任の先生が、毎日、飛行機か船を作ることを宿題の代わりにしてくれた」と小学校1年生のときを振り返る。瀬島にとって、このときの経験が今の活動のベースになっているのだろう。とにかくパワフルに作りたいものを作り、したいことをする。瀬島や瀬島のダイナミックな作品からエネルギーあふれる生きる力が伝わってきた。
そんな瀬島にも実は悲しい過去があり、それをずっと背負ってきたことが作品の後半に明らかになってくる。今となってはもう分からない答えを作品に求め続けてきたのかもしれない。(堀)



観る前は、昔出会った懐かしい先生を訪ねていくお話か?と勝手に想像していました。そうではなくて、前田監督が映画の先生として大学に行ったときに、絵の先生としていらしたのがこの瀬島先生。そういえば先生同士って「○○先生」って呼んでいましたっけ。
瀬島先生はパワフルで、なんでもさささっと始めては仕上げ てしまいます。このままどこに行って何をするの?と見続けていたら、土俵際でうっちゃりをかけられた感じ。人には知られざる歴史ありってことかなぁ。前田監督撮り始めは知らなかったんですよね?(白)


2018/日本/日本語/85分/カラー/HD 16:9/Stereo/DCP
配給:アラキ・アートオフィス
©2019. Tetsu Maeda
公式サイト:https://www.sukinasensei.com/
★2019年3月23 日(土)より新宿ケイズシネマにて劇場公開

posted by ほりきみき at 02:38| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美人が婚活してみたら

bijingakonkatsu.jpg 


監督:大九明子
脚本:じろう(シソンヌ)
原作:とあるアラ子『美人が婚活してみたら』(小学館クリエイティブ)
出演:黒川芽以、臼田あさ美、中村倫也、田中圭

タカコ(黒川芽以)は道行く誰もが振り返る美女。WEBデザイナーという仕事にも恵まれ、愚痴を聞いてくれるケイコ(臼田あさ美)という親友もいる。しかし、長くつきあってから相手が結婚していることが発覚するという恋愛が3回も続き、気づけば32歳になっていた。不毛な恋愛に疲れ果てたタカコは結婚を決意し、婚活サイトに登録する。マッチングサイトで出会った本気で婚活に励む非モテ系の園木(中村倫也)とデートを重ねながら、シングルズバーで知り合った結婚願望のないバツイチ・イケメン歯科医の矢田部(田中圭)に惹かれていく。自身の結婚生活に悩んでいたケイコは、タカコが結婚後についてまったく考えていないことに苛立ち始め、2人はとうとう本音を激しくぶつけあう大げんかをしてしまう。

友人の婚活奮闘記を綴った同名エッセイコミックを原作に、『勝手にふるえてろ』の大九明子監督がメガホンをとった。タカコとケイコの女子トークは遠慮がなく、本音炸裂で気持ちがいい。お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうが書いた脚本に、女性が罵詈雑言を吐くセリフを大九監督が加えた。言葉選びがうまい。こんな本音話のできる友人がいていいなぁと羨ましくなってしまう。
また、大九監督は劇伴や音でその場の雰囲気を的確に表現する。その音楽センスも素晴らしい。主題歌は前作と同じように主演女優(今回は黒川芽以)歌う。大九監督が歌詞を書き、高野正樹がメロディーをつけたオリジナル曲「手のうた」はオリジナルのラストにぴったり。黒川芽以の歌声が心に沁みてくる。人生っていろいろあるよね。うまくいかなくってもいいじゃない。この歌を歌いながら歩いていこう。(堀)


2019年/日本/カラー/89分
配給:KATSU-do
© 2018吉本興行
公式サイト:http://bijikon.official-movie.com/
★2019年3月23日(土)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

posted by ほりきみき at 02:17| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする