2019年01月05日

ヒューマン・フロー 大地漂流   原題:Human Flow

human flow.jpg

監督・製作:アイ・ウェイウェイ
製作:チン-チン・ヤップ、ハイノ・デッカート
製作総指揮:ダイアン・ワイアーマン『不都合な真実』/
編集:ニルス・ペー・アンデルセン『アクト・オブ・キリング』

何百人もの人を乗せたボートが地中海をいく。やっとたどり着いた地から、さらに受け入れてくれる国を求めて、移動する人たち。内戦で瓦礫の町となったシリアから逃げ出す人たちや、宗教の違いから差別され、バングラデシュに逃れるミャンマーのロヒンギャの人たち。一方で、もう何年も難民キャンプで暮らす、パレスチナやアフガニスタンの人たち。そして、トランプ大統領が壁を作ろうとしているメキシコとの国境。

本作は、中国の現代美術家で、社会運動家としても活躍するアイ・ウェイウェイが、なんらかの理由で難民となった人たちの日常に迫ったドキュメンタリー。訪れた場所は、23カ国40カ所にもおよぶ。
アイ・ウェイウェイ自身、幼い時に生まれ故郷から追放された経験があり、故国を去らざるを得なかった人々に寄りそうような眼差しを感じさせてくれる。
難民キャンプで生まれ育った子どもたちが、見たことのない故国にいつか帰り、国を立て直したいという。今いる国は、生まれたところなのに、故国ではないのだ。
2016年の撮影当時、世界で6,500万人いた難民は、さらに増え続け、恐れをなしたヨーロッパ諸国は門戸を閉ざす方向にある。悲しいことだ。だからといって、さて、私に何ができる?と自問する。

ドローンで上空から写した難民キャンプの全景に圧倒された。
もしかしたら、いつか私たちも、あのような場所に住まなくてはならない事態になるかもしれない。そう考えると、他人事でない。(咲)



『ヒューマン・フロー 大地漂流』 難民問題について考えるトークイベント (12/18)


◆初日トークイベント 

1月12日(土)【10:50の回上映後】13:10〜13:30(20分)
会場:シアター・イメージフォーラム
ゲスト:丸山ゴンザレスさん(ジャーナリスト)
TV番組「クレイジージャーニー」(TBS系列)で、世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩く“危険地帯ジャーナリスト”として出演。ギリシャの島からドイツまで難民に同行し密着取材したことがある。


2017年 ヴェネチア国際映画祭5部門賞受賞

2017年/ドイツ/ビスタ/5.1ch/2時間20分/
配給:キノフィルムズ/木下グループ
後援:国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、認定NPO法人 難民支援協会 
© 2017 Human Flow UG. All Rights Reserved.
公式サイト:http://humanflow-movie.jp/
★2019年1月12日(土)よりシアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開





posted by sakiko at 21:43| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界一と言われた映画館

sekai1.jpg

監督・構成・撮影:佐藤広一
語り:大杉漣
出演:井山計一、土井寿信、佐藤良広、加藤永子、太田敬治、近藤千恵子、山崎英子、白崎映美、仲川秀樹

「西の堺、東の酒田」と称された商人の町・山形県酒田市に、かつて映画評論家・淀川長治氏が「世界一の映画館」と評した“グリーン・ハウス”があった。1950年、老舗の酒蔵の一人息子佐藤久一(1930~1997)が、父久吉の経営していた映画館を弱冠20歳で引き継ぎ、映画愛と資金を注いで作り上げた夢の映画館。回転扉から入るとホテルのような豪華なロビーで支配人が迎え、喫茶室からは極上のコーヒーの香りがする。ベルの代わりに「ムーンライト・セレナーデ」のメロディが開幕を告げる。上映される作品も設備も雰囲気も東京にひけをとらない酒田っ子の自慢の映画館だった。
1976年10月29日、酒田大火の火元となってしまったグリーン・ハウス。おりからの強風に煽られ、火は瞬く間に風下へと拡がり街は焼け野原となった。それから40年余りが経ち、グリーン・ハウスで青春のひとときを過ごした人々がそれぞれの思いを語った。

こんな映画館が昭和25年からできていたなんて、驚愕のひとこと。一度この目で見て、映画体験をしてみたかった!インタビューに応じた人々がどんなにこの劇場を愛していたか、ひしひしと伝わってきました。思いがけず悲劇的な終幕を迎えてしまったことで、なお一層それぞれの胸に刻まれることになったのでしょう。
興味のつきない佐藤久一氏については「世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男はなぜ忘れさられたのか」(著者・岡田芳郎)をご一読ください。

IMG_7717.jpg

佐藤広一監督インタビューはこちらです。(白)

2017年/日本/カラー/シネスコ/67分
配給:アルゴ・ピクチャーズ
©認定NPO法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭
http://sekaiichi-eigakan.com/
★2019年1月5日(土)より有楽町スバル座ほかにて全国順次公開
posted by shiraishi at 15:12| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~ (原題:Whitney)

Whitney.jpg


監督:ケヴィン・マクドナルド
撮影:ネルソン・ヒューム
出演:ホイットニー・ヒューストン、シシー・ヒューストン、エレン・ホワイト、メアリー・ジョーンズ、パット・ヒューストン

ホイットニー・ヒューストンは1963年8月9日、ニュージャージー州ニューアークで生まれた。母親のシシー・ヒューストンは、ゴスペル・グループ”のメンバーで、ディオンヌ・ワーウィックは従姉妹。ホイットニーは家族からニッピーと呼ばれ、母親はニッピーに、自分が叶えられなかったスターになる夢を描いて厳しく指導していた。教会でゴスペルを歌い、才能を見せていたが10代の頃両親が離婚、18歳でニッピーは家を出ていく。バックコーラスをしていた頃、テレビでその歌声を披露、1985年、初のアルバムをリリース。シングル7曲が連続全米№1の快挙。見事なスタートダッシュを切る。1992年にはボビー・ブラウンと結婚し、映画『ボディ・ガード』に主演。主題歌「オールウェイズ・ラヴ・ユー」も大ヒットする。翌年には娘も誕生し公私とも絶頂期と見えたが、同時に凋落の始まりでもあった。

ホイットニー・ヒューストンをはっきり認識したのは、やっぱり『ボディ・ガード』。映画には初出演だったそうですが、実際のホイットニーをなぞったかのようなトップスター役で、歌う場面もたっぷり。稀代の歌姫は表情豊かで華がありましたが、その20年後、薬物で亡くなってしまうとは(さらに3年後には娘も)。
アーカイブ映像で見る子どものころのホイットニーは、家族に囲まれて幸せそうな可愛い女の子です。歌の才能に恵まれ、長じてスターになり栄光を掴んだ代わりに、同じくらいの不幸にもおそわれてしまいます。多くの証言はこれまで隠されていた部分も明らかにし、ホイットニーが過酷で孤独な日々を過ごしていたことが垣間見えて胸が痛みます。伸びやかな歌声をたくさん遺してくれてありがとう。(白)


640.jpg(C)2018 WH Films Ltd


小さい頃から歌の英才教育で、どんどんスターに成ってゆく綺麗な女の子。そんなホイットニーに実は壮絶なモンダイがあったことをドキュメンタリー映画らしく暴いてゆきます… 私は「とんねるず」で育った世代なので、どちらかと言うとダンナのボビー・ブラウンのほうを強烈に覚えていて(とんねるずの石橋さんがモノマネをしていたので) このヘンなダンスをするひととホイットニーさんは結婚したんだと印象には残ってますが、その後にどんどん悲劇が訪れていようとは… アパルトヘイト後、黒人歌手として初めて南アで歌う姿にも感動、必見です!! (千)


640.jpg

(c)2018 WH Films Ltd
2018年/イギリス/カラー/アメリカン・ビスタ/120分
配給:ポニーキャニオン、STAR CHANNEL MOVIES
http://whitneymovie.jp/
★2019年1月4日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

posted by shiraishi at 14:54| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする