2019年05月24日

嵐電

randen.jpg

監督・脚本・プロデューサー:鈴木卓爾
出演:井浦 新、大西 礼芳、安部 聡子、金井 浩人

京都の西、嵐電の走る街。
鎌倉からやって来たノンフィクション作家の平岡衛星(井浦新)は、線路沿いの部屋を借りる。嵐電にまつわるエピソードを取材するのが目的だ。
ラッピングされた「夕子さん電車」を見たカップルは幸せになれるという都市伝説。
青森から修学旅行でやって来た女子学生は、8ミリカメラで電車を撮影している地元の少年に恋をする。
太秦撮影所の近くのカフェで働く小倉嘉子。ふとしたきっかけで、東京から来た駆け出しの俳優・吉田譜雨に京都弁指導という名目で嵐山の河原でデートすることになる。
取材するうち、衛星自身、妻・斗麻子との嵐電の街での出来事を思い起こす・・・

“嵐電(らんでん)” 
なんと懐かしい響きでしょう!
京都の西、嵐山に向かって走る可愛い電車。正式名称「京福電気鉄道嵐山線」。
沿線には、竜安寺、妙心寺、仁和寺、広隆寺といった名刹があります。
それ以上に忘れてはならないのが、映画の撮影所の数々。多くの映画俳優やスタッフの方たちも嵐電を愛用されてきたことでしょう。
小学生の頃、嵐電で訪れたどこかのお寺の近くの池に浮かべた船で、時代劇の撮影をしていたのを思い出しました。太秦の映画村だけでなく、あちこちで、さりげなく撮影が行われている映画の街。
ごとごと走る嵐電に乗って、あの界隈を久しぶりに訪れたくなりました。(咲)


2019年/日本/HD/1:1.85/114分
配給:ミグラントバーズ、マジックアワー
公式サイト:http://www.randen-movie.com/
★2019年5月24日(金)より、[東京]テアトル新宿、[京都]京都シネマにてロードショー 
[大阪]テアトル梅田 6/7~、[兵庫]シネ・リーブル神戸 6/21~ 以降順次全国公開!





posted by sakiko at 08:27| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

プロメア 

promare.jpg
原作:TRIGGER・中島かずき  
監督:今石洋之  
脚本:中島かずき
キャラクターデザイン:コヤマシゲト  
美術:でほぎゃらりー  
美術監督:久保友孝  
色彩設計:垣田由紀子  
3DCG制作:サンジゲン  
3Dディレクター:石川真平  
撮影監督:池田新助  
編集:植松淳一  
音楽:澤野弘之  
主題歌:「覚醒」「氷に閉じこめて」Superfly(ワーナーミュージック・ジャパン)
出演:松山ケンイチ、早乙女太一、堺 雅人、ケンドーコバヤシ、古田新太、佐倉綾音、吉野裕行、稲田 徹、新谷真弓、小山力也、小清水亜美、楠 大典、檜山修之、小西克幸、柚木涼香

突然変異で誕生した炎を操る人種〈バーニッシュ〉によって、世界の半分が焼失した。それから30年。バーニッシュの一部攻撃的な面々は〈マッドバーニッシュ〉と名乗り、再び世界に襲いかかる。
〈マッドバーニッシュ〉が引き起こす火災を鎮火すべく、自治共和国プロメポリスの司政官クレイ・フォーサイトは、対バーニッシュ用の高機動救命消防隊〈バーニングレスキュー〉を結成。高層ビルの大火災の中、燃える火消し魂を持つ新人隊員ガロ・ティモスは、指名手配中の炎上テロリストである〈マッドバーニッシュ〉のリーダーのリオ・フォーティアと出会い、激しくぶつかり合う。リオを捕らえることに成功する。
しかし、リオは〈マッドバーニッシュ〉の幹部であるゲーラ、メイスと共に捕らえられていたバーニッシュを引き連れて脱走。後を追ったガロが彼らのアジトにたどり着くも、そこで目にしたものは、懸命に生きるバーニッシュたちの姿であった。そして、リオからバーニッシュをめぐる衝撃の真実を告げられることに。
そんな折、ガロたちは地球規模で進められている“ある計画”の存在を知ることになる。

「アニメは若い子向け」と決めつけてしまってはもったいない。本作は〈劇団☆新感線〉の座付き作家を務める中島かずきが原作と脚本を担当。パステルカラーの斬新な映像はポップな感じで美しい。話の展開やスピード感はゲキ×シネを彷彿させる。バーニングレスキューのガロ・ティモスが見得を切るシーンは歌舞伎のよう。しかも、メインキャラの声を担当するのが、松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人といった〈劇団☆新感線〉への出演経験を持つ演技派俳優たち。古田新太もちらっと登場する。個人的には堺雅人のキレっぷりにはまった。(堀)

2019年/日本/111分
配給:東宝映像事業部
©TRIGGER・中島かずき/XFLAG
公式サイト:https://promare-movie.com/
★2019年5月24日(金)全国ロードショー
posted by ほりきみき at 00:00| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

マルリナの明日 原題 Marlina the Murderer in Four Acts

2019年5月18日(金)渋谷ユーロスペースにて公開!
その後の公開情報

7dcf50a909acd7cd.jpg
(C)2017 CINESURYA - KANINGA PICTURES - SHASHA & CO PRODUCTION – ASTRO SHAW ALL RIGHTS RESERVED

「闘うヒロイン」に喝采!!!
インドネシアの荒野から放つ 超痛快“ナシゴレン・ウェスタン”!
監督:モーリー・スリヤ
製作:ラマ・アディファウザン・ジドニ
原案:ガリン・ヌグロホ
脚本:モーリー・スリヤ
キャスト
マーシャ・ティモシー:マルリナ
パネンドラ・ララサティ:ノヴィ
エギ・フェドリー:マルクス
ヨガ・プラタマ:フランツ

インドネシア離島の僻村。夫と子どもを亡くし、夫のミイラとともに荒野の一軒家で暮らすマルリナが7人の強盗団に襲われた。料理を作るように命令されたマルリナは、毒入りのスープを作り、それを飲んだ男たちは次々と倒れるが、盗賊の首領マルクスは別の部屋で寝ていて助かる。マルクスにもスープを勧めるが、襲われてしまう。マルリナは脇にあった剣を取りマルクスの首めがけて振りおろした。
マルリナは自らの正当防衛を証明するため、マルクスの首を持って警察署へと向かう。しかし、強盗団の残党達はマルクスの復讐を誓って、彼女の後を追うが、マルリナは自らの正義と明日をかけ、颯爽と馬に跨がり警察署に向う。鈍く光る剣とマルクスの首を持ち、灼けつく太陽と果てしない荒野をゆく。
哀愁漂うマカロニ・ウェスタン調の音楽がバックに流れる。
インドネシアの若き女性監督モーリー・スリヤが、前代未聞の新しい“闘うヒロイン”を生み出した。このひとりの女性の闘いの物語は、さりげないユーモアも織り交ぜたインドネシアの流の異色エンターテイメント。
インドネシア流西部劇“ナシゴレン・ウェスタン”が誕生した!

Marlina_main.jpg
(C)2017 CINESURYA - KANINGA PICTURES - SHASHA & CO PRODUCTION – ASTRO SHAW ALL RIGHTS RESERVED

2017年の第18回東京フィルメックスで最優秀賞を受賞した作品だったけど、この時の原一男審査委員長のコメントが素晴らしかった。

授賞理由:原一男審査員長コメント
マカロニウエスタンの音楽に乗ってヒロインは戦う
敵は男
そして男性社会
今こそ復讐せよ
破壊せよ
強姦などに打ちひしがれる哀れな女を演じるのはもうやめよう
女性自らが新しい女性像を作ること
肉体的にも精神的にもタフな女性像を
エンターテイメント型アクション映画に込められたメッセージ
闘うヒロイン像を作り出した、イキのいい痛快な傑作の誕生です

この時に見逃してしまった私は、去年のあいち国際女性映画祭で上映されることを知り、この原委員長の言葉に導かれて名古屋に出かけてしまった。まさか日本で公開されるとは思ってもみなかったけど、こういうインドネシア映画が公開されるというのは、嬉しい(暁)。


あまり説明がなく始まって、この招かれざる客は強盗らしいとか、あのミイラは何なんだ?とか、一人で考えさせられました。ちょっとこれまでとは違うテンポと雰囲気の映画で、若い女性監督作と聞いて驚いた次第。そういえば男性なら、女性に寝首を搔かれる反撃シーンは描かないでしょうね。それも鉈(なた)でバッサリですから。あたふたするお腹の大きな若妻や、遠巻きにする一般住民の中、少しも動じない強いヒロインの姿がくっきりと浮かび上がりました。(白)
シネマジャーナルHP 第18回東京フィルメックス授賞式レポート

殺人者マルリナ M.jpg

モーリー・スリヤ監督K.jpg
モーリー・スリヤ監督(2017年東京フィルメックスにて)

製作年 2017年
製作国 インドネシア・フランス・マレーシア・タイ合作
配給 パンドラ

2019年05月18日

パリの家族たち   原題:La fete des meres

paris chirasi.jpg

監督:マリー=カスティーユ・マンシオン=シャール『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』
出演:オドレイ・フルーロ、クロチルド・クロ、オリヴィア・コート、パスカル・アルビロ、ジャンヌ・ローザ、カルメン・マウラ、ニコール・ガルシア、 ヴァンサン・ドゥディエンヌ、マリー=クリスティーヌ・バロー、パスカル・ドゥモロン、ギュスタヴ・ケルヴェン、ノエミ・メルラン

5月のパリ。母の日が近づき、それぞれの思いを巡らす女性たちの物語。

大統領在任中に出産したアンヌ。
国民を率いるリーダーシップには自信があるのに、初めての子育てに、ちょっと鬱状態。
夫グレゴワールが優しく支える。

花屋で働くココは身篭るが、子どもの父である恋人のスタンが全く電話に出てくれない。
同じ花屋で働くジャックは、亡き母との思い出に生きている。

ダフネはシングルマザーのジャーナリスト。二人の子どもたちは、仕事優先の母親よりベビーシッターのテレーズになついている。
ダフネの妹ナタリーは大学教授で独身。教え子との恋愛を楽しんでいる。大学で母の日をテーマに講義するが、そも、母親たちへの偏見が強い。
小児科医のイザベルは、ダフネとナタリーの姉。幼少期の母ジャクリーヌとの確執でトラウマを抱えていて母の日に感謝する気になれない。
一方、母は認知症が進み、3姉妹にとって母の扱いをどうするか悩みの種だ。

舞台女優のアリアンは不治の病で、残された人生をタップダンスに賭けている。行動を制限しようとする心配性の息子が煩わしい。

息子の将来のため国を出て、パリで娼婦として働く中国女性。スカイプで息子と話すのが生き甲斐だ。

幸せを求めて、さまざまな女性たちの思いが交錯する・・・

この映画を観ていて思い出したのが、何より亡くなった母のこと。私たち姉妹を産んで、手探り状態で子育てして、最後まで母親としての自分を模索していたように思います。懸命に私たちを育ててくれた母に、もう感謝の言葉を伝えられないのがほんとに寂しいです。
私自身は母親になったことがないのですが、いろいろな母親がいて、何が正解ということはないのだということも映画を観ていて思いました。そして、私は私でいいのだということも! (咲)


DSCF8430 paris 320.JPG
マリー=カスティーユ・マンシオン=シャール監督インタビュー こちらで! 

2018年/フランス/103分/フランス語/カラー/5.1ch/シネスコ
配給:シンカ
提供:シンカ、太秦、アニモプロデュース、スウィートプレス
©WILLOW FILMS–UGC IMAGES–ORANGE STUDIO– FRANCE 2 CINÉMA
公式サイト:http://synca.jp/paris/
★2019年5月25日よりシネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて順次公開







posted by sakiko at 21:19| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神と共に 第1章:罪と罰(原題:Along with the Gods: The Two Worlds)

kimitotomoni1.jpg

脚本・監督・エグゼクティブプロデューサー:キム・ヨンファ、
撮影:キム・ビョンソ
照明:シン・ギョンマン
編集:キム・ジノ、キム・ヘジン
音楽:バン・ジュンソク
出演:ハ・ジョンウ、チュ・ジフン、キム・ヒャンギ、チャ・テヒョン、キム・ドンウク、D.O.、イ・ジョンジェ

火災現場で少女を救い、壮絶な殉職を遂げた消防士ジャホン(チャ・テヒョン)の前に突然3人の冥界の使者ヘウォンメク(チュ・ジフン)とドクチュン(キム・ヒャンギ)、そしてカンニム(ハ・ジョンウ)が現れる。彼らは「人は亡者になると49日間のうちに7つの地獄で裁判を受けなければならず、その裁判すべてを無罪で通った者は現世に生まれ変わることができる」という。ジャホンは生前の行いがよかった者に与えられる貴人の札を持つので、3人の使者は楽勝ムードだったが、<殺人、怠惰、ウソ、不義、裏切り、暴力、天倫>という7つの地獄を巡るうちにジャホンの意外な過去が次々と発覚。地獄鬼や怨霊が出現し、冥界が揺らぎ始める。無事にジャホンは全ての裁判をクリアーし、人間に戻ることが出来るのか。

三途の川、地獄、閻魔大王といった死後の世界が出てくるが、その世界観が日本とあまり違いがないことに驚く。かつて、韓国から日本に伝わった文化の1つなのだろうか。
最初は誰かがやっている、地獄で繰り広げられる壮大なバトルゲームを超リアルな感じで見ているようだったが、ジャホンの過去が分かってくると人間ドラマ全開で引き込まれる。しかし、物語の中心人物となるのはジャホンではなく、実は冥界の使者カンニム。ハ・ジョンウが演じているのだが、知性と武力を持ち合わせ、強力なリーダーシップを発揮して2人の部下を率いて裁判に立ち向かう姿は身震いするほどカッコいい。しかもカッコいいだけでなく、ときどき振り返る過去映像に影を感じ、胸が締め付けられる。こういうハ・ジョンウが見たかったのよね! また、護衛を担当する使者ヘウォンメクを演じたチュ・ジフンも2カ月以上に及ぶ訓練を重ねた見応えたっぷりのアクションを披露する。
見るまでは140分は長いと思っていたが、見始まればスピード感あふれる展開に、まったく長いと感じない。早く第2章が見たい!(堀)


ハ・ジョンウはもちろん存在感あってカッコイイし、チュ・ジフンも真面目なのか、おどけているのかわからない不思議な役どころで、とてもいい。
地獄での審査を受ける為、たらい回しにされる消防士ジャホンを演じたチャ・テヒョンも、まさにはまり役。ちょっと情けない感じだけど、実はすごく誠実な人物を自然体で演じています。チャ・テヒョン自身は賭けゴルフをしていたことが思わぬことから表沙汰になって謹慎中で、次はいつ出番があるのか心配!
それにしても、この映画、出演者がとにかく豪華。
消防士の同僚ユ・ジュンサンはじめ、あちこちに知ってる顔が出てくるのですが、何より豪華なのが、地獄の大王様たち。初江大王→キム・ヘスク、五官大王→イ・ギョンヨン、宋帝大王→キム・ハヌル、そして閻魔大王は、イ・ジョンジェさま! (すみません、どうしても、「さま」をつけたい!) 渋い声にぞくぞくさせられます。あ、判官役のオ・ダルスさんも見逃さないで! (咲)



2018年/韓国/カラー/140分/シネスコ/5.1ch/日本語字幕:根本理恵
配給:ツイン
© 2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.
公式サイト:http://kimitotomoni.com/
★2019年5月24日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー



posted by ほりきみき at 17:21| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする