2021年12月01日

クナシリ(原題:Kounachir)

kunasiri pos.jpg

監督:ウラジーミル・コズロフ
撮影:グレブ・テレショフ

北海道からわずか16キロに位置し、かつては四島全体で約17,000人の日本人が生活していたという北方領土。しかし、旧ソ連軍が終戦後島に入り、1947年から48年にかけて日本人住民の強制退去が行われた。日本政府は問題が解決するまで、日本国民に入域を行わないよう要請している。本作は、そんな、日本人が容易に足を踏み入れることができない地、北方領土の国後島で暮らすロシア人島民らの生活、島の様子をありのままに映し出す。

2008年に友人たちと知床旅行をしたとき、お天気が良くて海の向こうに国後島がくっきりと見えました。こんなに近いのかと驚いたものです。北方四島は良い漁場で、島民たちは豊かに暮らしていたようです。敗戦後旧ソ連の住民が移住してきたことは知っていましたが、現在の姿を見ることはありませんでした。旧ソ連生まれのコズロフ監督が撮影許可を得て、ドキュメンタリー作品としたものです。砲台や朽ちた船の残骸は残っていますが、かつての日本の住民たちの家は跡形もなく、墓石が湖に捨てられて墓地が荒れ放題です。水仙の花が綺麗に咲いていたのがせめてもの慰めでした。
高齢のロシア人男性は強制退去のようすを詳細に語り、戦火から遠いここもまた大変だったのだと知らされました。移住してきた人々が満足したかというと、そうでもなかったようです。せっかくの日本の設備などを使わせず、廃棄させたとはもったいない。夫を亡くした妻はその後もインフラが整わずトイレもないここはゴミ溜めと吐き捨てるようにいいます。ソ連の崩壊後、住民にしわ寄せがきているのに、軍事博物館を建設すると自慢気な軍人に、それよりも生活基盤をと言いたくなりました。作中に意気盛んな安倍総理とニコリともしないプーチン大統領のニュース映像。いまだ日本とロシアに平和条約は結ばれていません。(白)


♪はるかクナシリに白夜は明ける♪
森繁久彌さん作詞・作曲の「知床旅情」の一節。
私が初めて北海道を旅した1974年の夏、ユースホステルの夕食後のミーティングで、よく歌われていた曲でした。知床には行かなかったのですが、野付半島から、すぐ向こうに国後島が見えて、あ~これが、歌に出てくるクナシリかと感慨深いものがありました。翌冬、納沙布岬からは、水晶島がすぐそばに見えて、その向こうに見える雪を頂いた国後の山は、まさに「はるかクナシリ」のイメージでした。こんなに近いのに、ソ連の領土になってしまって、強制退去させられた人たちは、どんな思いで、故郷の島を眺めているのだろうと思ったものです。
映画の中で、日本人の引き揚げの頃を覚えている1938年生まれの方が、写真や葉書の持ち出しは禁止だったと語っていました。かつてここで暮らした証も持ち出せなかったとは!
そして、国策で国後に来たのは、クラスノダール(黒海に近い北コーカサス西部の都市)や、ベラルーシ(これまた旧ソ連の西端!)の人たち。国後には電話も電気も水道も整っていて、これまで見たこともない文明的な環境だったといいます。それなのに、入植者たちは日本人の残した薪ストーブすら使いこなせなかったのだとか。
ウラジーミル・コズロフ監督は、旧ソ連(現ベラルーシ)出身で、現在はフランスを拠点に活動している方。旧ソ連の、そして、現ロシアの体制の中で、僻地で暮らす人々の姿を映しだし、大国の正義の空しさを感じさせてくれました。(咲)


2019年/フランス/カラー/ビスタ/74分
配給・宣伝:アンプラグド
(C) Les Films du Temps Scelle - Les Docs du Nord 2019
https://kounachir-movie.com/
★2021年12月4日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

posted by shiraishi at 19:52| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月30日

悪なき殺人  原題: Seules les Bêtes  英題: Only the Animals

akunaki satsujin.jpg
© 2019 Haut et Court – Razor Films Produktion – France 3 Cinema visa n° 150 076


監督:ドミニク・モル (『ハリー、見知らぬ友人』『マンク 破戒僧』)
出演:ドゥニ・メノーシェ (『エンテベ空港の 7 日間』『ジュリアン』)、 ロール・カラミー (『女っ気なし』) 、ダミアン・ボナール (『ダンケルク』『レ・ミゼラブル』)、ナディア・テレスキウィッツ、バスティアン・ブイヨン、ギイ・ロジェ・“ビビーゼ”・ンドゥリン、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ

南仏、銀世界のコース高原。
吹雪の夜。パリからコース高原にやって来た女性が、雪道に車を残して行方不明になり夫が心配しているというニュースが流れる。

父と夫と3人で暮らす社会福祉士のアリス(ロール・カラミー)
牧牛業を営むアリスの夫ミシェル(ドゥニ・メノーシェ)
母親を亡くし、一人暮らしの羊飼いジョゼフ(ダミアン・ボナール)
同居している父から、夫との不仲を心配されるアリス。実は、ジョゼフと浮気している。

南仏の港町セートのレストランで働く若い女性マリオン(ナディア・テレスキウィッツ)。
食事に来た20歳年上のエヴリーヌ(ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ)と愛を交わす。突然去ったエヴリーヌを追いかけて、コース高原に行くが、夫の家だから泊めてあげられないと言われる。

西アフリカのコートジボワールの旧首都アビジャン。青年アルマン(ギギイ・ロジェ・“ビビーゼ”・ンドゥリン)は、ネットで見つけたマリオンの写真を借用し、若く魅惑的な女性アマンディーヌを装い、ロマンス詐欺を企む。それが、どんな事態を引き起こすか、その時には誰も知らなかった・・・

南フランス、そして、5000km 離れた西アフリカ・アビジャン。
2つの地で暮らすアリス、ジョゼフ、マリオン、アマンディーヌことアルマン。
それぞれの視点で語られる出来事。観ている私たちは、偶然が生む勘違いにハラハラさせられます。

『悪なき殺人』という公開タイトルのため、すぐには気がつかなかったのですが、2019年の東京国際映画祭で『動物だけが知っている』のタイトルで上映され、観客賞と主演女優賞を取った作品。

P1090879補正_R.jpg
●P1090881補正_R.jpg
第32回東京国際映画祭レッドカーペットでのナディア・テレスキウィッツさんとドゥニ・メノーシェさん(撮影:宮崎暁美)

doobutsu 2.jpg
最優秀女優賞を受賞したナディア・テレスキウィッツさんは、帰国してしまい、授賞式では、ドゥニ・メノーシェさんが代理でトロフィーを受け取りました。(撮影:宮崎暁美)

第32回東京国際映画祭 クロージングセレモニー
http://www.cinemajournal.net/special/2019/tiff/index4.html

観客賞を受賞し、シネジャのミッキーさんも、「最高の群像サスペンス。最後のシーンで観ている全員が息をのんだ。公開が待たれるが1日も早くとお願いしたい作品」と当時、書いていて、観られなかったことを残念に思っていた作品でした。

冒頭、アビジャンの町の喧騒の中を、鹿(?)を背負ったアルマンが自転車で駆け抜け、黒魔術師に助言を求めにいきます。ぞくぞくする序章。折に触れて出てくる犬や牛や羊… 『動物だけが知っている』という原題に近いタイトルの方が、よりこの映画の魅力を伝えてくれると感じます。(咲)


2019 年/フランス、ドイツ合作/フランス語、ヌシ語//116分/カラー/シネスコ/5.1ch/R15+
日本語字幕:高部義之
配給:STAR CHANNEL MOVIES
© 2019 Haut et Court – Razor Films Produktion – France 3 Cinema visa n° 150 076
公式サイト:https://akunaki-cinema.com/
★2021年12月3日(金)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー!
12月4日(土)デジタル公開決定





posted by sakiko at 18:56| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月28日

天才ヴァイオリニストと消えた旋律   原題:The Song of Names

tensai violine.jpg
© 2019 SPF (Songs) Productions Inc., LF (Songs) Productions Inc., and Proton Cinema Kft

監督:フランソワ・ジラール
製作総指揮:ロバート・ラントス 
音楽:ハワード・ショア 
ヴァイオリン演奏:レイ・チェン
原作:ノーマン・レブレヒト著「The Song of Names」
出演:ティム・ロス、クライヴ・オーウェン、ルーク・ドイル、ミシャ・ハンドリー、キャサリン・マコーマック

1951年、ロンドン。21歳のユダヤ人の天才ヴァイオリニスト、ドヴィドル・ラパポートの初演奏を待ち構える貴族や国会議員、タイムズ紙の批評家たち。開演時間が間近に迫る。ドヴィドルをサポートし初舞台を企画したギルバード・シモンズ(スタンリー・タウンゼント)と、その息子マーティンがやきもきして待つが、ドヴィドルはとうとう現れなかった。
35年後、マーティン(ティム・ロス)は、妻のヘレン(キャサリン・マコーマック)と二人で暮らしていた。忽然と消えたドヴィドルのことを、マーティンは片時も忘れたことがなかった。第二次世界大戦下、ヴァイオリンの指導者を探してポーランドから父親に連れられてやってきたユダヤ人の少年ドヴィドル。その才能を見抜いて父が家に引き取った時、マーティンは同い年の9歳だった。自信満々で生意気なドヴィドルを嫌っていたマーティンだったが、ナチスドイツがポーランドに侵攻したニュースに、家族の写真を見ながら涙するドヴィドルを励ましたことをきっかけに、二人は兄弟のような絆を結んでいたのだ。
ある日、コンクールの審査員をしていたマーティンは、あるヴァイオリニストが演奏前にドヴィドルと同じ仕草をしたのを見て、ドヴィドルが生きていることを確信。探し出す旅に出る・・・

ポーランドにいたドヴィドルの両親や姉妹は、終戦後、行方不明になってしまい、マーティンの父がポーランドに赴いて探すのですが、トレブリンカ収容所に移送されたという記録だけが残っていました。このことが、初演奏にドヴィドルが戻ってこなかったことと深く関わっていたのです。
原作では、ドヴィドルを引き取ったロンドンの家族もユダヤ人だったのを、映画ではキリスト教の家庭に変更。マーティンは、「ドヴィドルのせいでベーコンも食べられない」と文句を言っていて、ユダヤの食習慣に配慮していたことが伺えます。13歳の時に行うユダヤの成人式「バル・ミツバ」にもマーティンは臨席するのですが、その後、ドヴィドルはシナゴーグでマーティンを立ち会わせて、タリス(お祈りの時のショール)やキッパ(帽子)を切り刻み、ユダヤであることを捨てます。そんな彼が、またユダヤであることを自ら選んだのが、この映画の肝。いったい何があったのか、どうぞ劇場でご確認ください。
映画の原題にもなっている「The Song of Names(名前たちの歌)」は、ホロコーストで犠牲になった人たちの名前を美しい旋律で記憶に留めたもの。犠牲になった人たちの名前を後世に伝えて、魂を悼むものなのです。
ユダヤ人が「記憶の民」であることを思い起こさせてくれる物語でしたが、ユダヤでない監督が、よく丹念に調べて作られたと感心しました。 堀木さんによる監督インタビューをぜひお読みください。(咲)


FrancoisGirard18-thumbnail2.jpg
『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』フランソワ・ジラール監督インタビュー


2019年/イギリス・カナダ・ハンガリー・ドイツ/英語・ポーランド語・ヘブライ語・イタリア語/DCP/スコープサイズ/5.1ch/113分
字幕翻訳:櫻田美樹
配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ
公式サイト:https://songofnames.jp/
★2021年12月3日(金) 新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国公開



posted by sakiko at 19:28| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド(原題︓SHOPLIFTERS OF THE WORLD)

shop pos.jpg

監督・脚本︓スティーヴン・キジャック
出演︓ヘレナ・ハワード(クレオ)、エラー・コルトレーン(ディーン)、エレナ・カンプーリス(シーラ)、ニック・クラウス(ビリー)、ジェームズ・ブルーア(パトリック)、ジョー・マンガニエロ(DJフルメタル・ミッキー)

1987年9月、ザ・スミス解散のニュースが駆け巡った。コロラド州デンバー。スーパーで働くクレオは、大好きなザ・スミスが解散したというのに、何も変わらない日常に傷つく。行きつけのレコードショップの店員ディーンに怒りをぶちまけ、「この町の連中に一大事だと分からせたい」と訴える。クレオに恋しているディーンは、地元のヘビメタ専門のラジオ局に向かい、「ザ・スミスの曲をかけろ」とDJに銃を突きつける。その頃、クレオは明日入隊するビリー、友達のシーラ、パトリックの仲良し4人組でバカ騒ぎをしていた。ラジオからディーンが強要したザ・スミスの曲が流れてくる。

スティーヴン・キジャック監督はウォーカー・ブラザーズの伝記映画やローリング・ストーンズ、Xジャパンのドキュメンタリーを撮った監督。本作はザ・スミスの解散のニュースに端を発した電波ジャック事件を主軸に、将来に悩む若者たちを描いています。クレオには心の拠り所だったザ・スミス。大人にはその存在の大切さが理解できません。自分の若いころだって形は違えど、何かしらあったはずですが、日常に追われるうちにどこかへ埋もれてしまってるんでしょう。
ディーンがありったけの勇気をふりしぼったに違いない行動は、DJを動かして、ラジオを聴いている若者たちに届きます。DJも傾倒しているものがあるからこそ、彼らの気持ちがわかるんですね。バカだなぁと思いつつ、若いゆえの純粋さにうるっとしました。
ディーン役のエラー・コルトレーンはリン・クレーター監督の『6才のボクが、大人になるまで。』(2014)で、実際に12年かけて主人公のメイソンを6歳から18歳まで演じています。とっても可愛い男の子でしたが、今27歳になっていました。(白)


2021 年/アメリカ=イギリス/カラー/シネスコ/91分/
配給:パルコ
©2018 SOTW Ltd. All rights reserved
https://sotw-movie.com/#modal
★2021年12月4日(金)TOHOシネマズシャンテ、渋谷シネクイントほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 18:32| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彼女が好きなものは

kanojoga.jpg

監督・脚本:草野翔吾
原作:浅原ナオト「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」(角川文庫)
撮影:月永雄太
出演:神尾楓珠(安藤純)、山田杏奈(三浦紗枝)、前田旺志郎(高岡亮平)、三浦獠太(小野雄介)、池田朱那(今宮くるみ)、三浦透子(佐倉奈緒)、渡辺大知(近藤隼人)、山口紗弥加(安藤みづき)、磯村勇斗(Mr.ファーレンハイト)、今井翼(佐々木誠)

⾼校⽣の安藤純は⾃分がゲイであることを隠している。ある日、書店でクラスメイトの三浦紗枝が、男性同⼠の恋愛をテーマとした、いわゆるBLマンガを購⼊しているところに遭遇。BL好きを隠している紗枝から「誰にも⾔わないで」と口止めされ、そこから2人は急接近。しばらしくて、純は紗枝から告白される。「⾃分も“ふつう”に⼥性と付き合い、“ふつう”の人生を歩めるのではないか?」。
一縷の望みをかけ、純は紗枝の告⽩を受け⼊れ、付き合うことになったのだが…。

高校生の恋愛ものにひとひねり。最近あちこちで見かける神尾楓珠くん(濃いイケメンなので目にとまる)がゲイであることで悩む男子高校生。映画初主演。今ドラマ「顔だけ先生」主演でも注目されています。『ミスミソウ』(2018)で仰天させられた山田杏奈さん溌剌としていて制服姿も可愛いです。純の親友亮平役に前田旺志郎くん、ついこの前『うみべの女の子』でも見たばかりで、転校してきたの?と思ってしまうくらい、高校生役がはまります。それもこんな友達がいてほしいというタイプ。つっかかる隼人も正直。
”ふつう”でいたい純が悩むのを母親が必死で支えようとしていて、つい母親の気持ちになって自分ならどうするかと考えてしまいます。紗枝も一時引いてしまいますが、なんとか立ち直ります。今井翼さん演じる佐々木誠には、もっと大人なりの対処の仕方があったのでは、と不満。それもストーリーのうちですが、ハリセンで叩いてやりたいと思ってしまうのは私だけ?(白)


2021年/日本/カラー/シネスコ/121分
配給:バンダイナムコアーツ、アニモプロデュース
(C)2021「彼女が好きなものは」製作委員会
https://kanosuki.jp/
★2021年12月3日(金)ロードショー

posted by shiraishi at 17:38| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする