2021年09月19日

チョコリエッタ

choko pos.jpg

監督:風間詩織
原作:大島真寿美
脚本:風間志織、及川章太郎
撮影:石井勲
音楽:鈴木治行
出演:森川葵(宮永知世子)、菅田将暉(正岡正宗)、岡山天音 三浦透子 市川実和子 村上淳 中村敦夫

知世子が5歳のとき、母親が交通事故で亡くなった。それ以来、兄弟のように育った愛犬ジュリエッタを心の支えに生きてきたが16歳の時に死んでしまう。短く髪を切り、犬になろうとした知世子。進路調査に“犬になりたい”と書いて担任から呼び出された日、映画研究部の部室を訪れる。母が好きだったフェデリコ・フェリーニ監督の映画『道』を見れば、ジュリエッタに会えるような気がしたのだ。しかし、そのビデオテープは卒業した先輩・正岡正宗のもので既に部室にはなかった。訪ねていった家で映像を編集していた正宗は「俺の映画に出ないか」と誘う。まるで、『道』のザンパノとジェルソミーナのように、バイクに乗って2人の撮影旅行が始まる。街を走り、山を走り、海に出る。喧嘩、事故、初めてのホテル。旅は2人に何をもたらすのか……。

2014年制作ですが、映画の舞台は原発事故の10年後の2021年。その2021年の今年は風間詩織監督が十代でデビューして40年。リバイバル上映が決まりました。撮影当時十代だった森川葵、菅田将暉を始め、岡山天音、三浦透子ら今若手として映画界を牽引する俳優が登場しています。初々しいなぁ。

同時に『火星のカノン』(2001)『せかいのおわり』(2004)も上映。公開を前に風間詩織監督にお話を伺いました。ただ今絶賛まとめ中。しばらくお待ちくださいませ。(白)


2014年/日本/カラー/シネスコ/159分
配給宣伝:ムービー・アクト・プロジェクト
配給協力:ミカタ・エンタテインメント
(C)寿々福堂/アン・エンタテインメント
★2021年9月24日(金)よりアップリンク吉祥寺にて上映。名古屋シネマテーク、アップリンク京都他、全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 16:56| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HHH:侯孝賢 デジタルリマスター版 原題:HHH:A portrait of Hou Hsiao Hsien

2021年9月25日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開
上映情報
オリヴィエ・アサイヤス監督とホウ・シャオシェン監督

●HHH&Assayas_R.jpg
(C)TRIGRAM FILMS, All rights reserved

監督:オリヴィエ・アサイヤス
撮影監督:エリック・ゴーティエ
編集:マリー・ルクール
出演:ホウ・シャオシェン(侯孝賢)、チュウ・ティェンウェン(朱天文)、
ウー・ニェンチェン(呉念真)、チェン・グオフー(陳国富)、ドゥー・ドゥージー(杜篤之)、ガオ・ジエ(高捷)、リン・チャン(林強)
フランス・台湾/1997年/DCP/ステレオ/ヴィスタ/92分

オリヴィエ・アサイヤス監督が素顔のホウ・シャオシェンに迫る!

世界の巨匠たちに映画監督がインタビューを行うフランスのTVシリーズ「われらの時代の映画」。この番組で台湾ニューシネマをフランスに紹介してきたオリヴィエ・アサイヤス監督が台湾を訪れ、素顔の侯孝賢監督に迫った。取材当時、侯孝賢監督は『フラワーズ・オブ・シャンハイ』(98)の脚本を執筆中だったというが、ゆかりの地を訪ねたり、関わりのある映画人とのインタビューにも一緒に参加し、監督の足跡をたどる。
侯孝賢監督が子供時代に住んだ鳳山を来訪したり、『童年往事 時の流れ』(85)、『冬冬の夏休み』(84)、『恋恋風塵』(87)、『悲情城市』(89)、『戯夢人生』(93)、『憂鬱な楽園』(96)の映像と共に侯孝賢監督とアサイヤス監督が作品にゆかりのある九份、十分、金瓜石、平渓、台北などをめぐり、侯孝賢監督と共に台湾ニューシネマを牽引した朱天文(脚本家)、呉念真(脚本家・監督)ら、映画人たちへのインタビューもあり、貴重な映像、懐かしい映像の数々が続く。
侯孝賢監督は、広東省から台湾に移住したこと、少年期の思い出、そして映画に対する思い、自身の映画製作のプロセスについて語る。最後にはカラオケで熱唱する侯孝賢監督の姿が流れる。さて歌っているのは…。
本作はINA (L'Institut National de l'Audiovisuel)により、オリヴィエ・アサイヤス監督の監修のもと、そしてアンスティチュ・フランセの協力を得て、デジタル修復された。

24年前に製作された作品。侯孝賢監督も、脚本家たちも俳優も若い!!
監督が青少年時代を過ごした鳳山を訪れ、家族のこと、博打に明け暮れた青春時代、兵役を経て映画界を志した日々を語りだした部分は貴重。その頃の悪ガキ仲間が集まってきた。『悲情城市』で侯孝賢作品にハマり、たぶん日本で公開された作品は全部観ていると思う。そして2008年に初めて台湾に行って以来、5回台湾に行ったけど、侯孝賢作品のロケ地、基隆、九份、十分、金瓜石、平渓線を訪ねて回った。特に九份と十分は5回とも行っている。そのくらいハマってしまった。HPにもロケ地探訪としてアップしている。
そしてこの『HHH:侯孝賢』は、2019年の東京フィルメックスで上映され、オリヴィエ・アサイヤス監督も来日した。


●P1110904補正_R.jpg
2019年東京フィルメックスでのオリヴィエ・アサイヤス監督

参照
* 『悲情城市』は基隆、九份、金瓜石が舞台。『恋恋風塵』は十分が舞台。
* 台湾ロケ地めぐり 平渓線沿線『台北に舞う雪』公開記念
*作品紹介記事
『親愛なる君へ』(原題:親愛的房客 )
http://cinejour2019ikoufilm.seesaa.net/article/482498596.html
*特別記事
『恋恋豆花』今関あきよし監督インタビュー
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/473658095.html

『HHH:侯孝賢』 デジタルリマスター版 公式HP 
提供・配給:オリオフィルムズ 配給協力:トラヴィス 宣伝:大福


『HHH:侯孝賢』公開記念トークイベント開催決定!

〇9/25(土) 宇田川幸洋さん(映画評論家)
〇10/1(金) 田村志津枝さん(ノンフィクション作家)※オンライン登壇
〇10/2(土)① 行定勲さん(映画監督) ② 市山尚三さん(映画プロデューサー、東京国際映画祭プログラミングディレクター)
〇10/3(日) 半野喜弘さん(音楽家・映画監督)
〇10/9(土) 阿部悦明さん、中村謙介さん(IMAGICAエンタテイメントメディアサービス)
〇10/10(日) 青井哲人さん(明治大学教授 建築史・建築論)
〇10/16(土) 秋山珠子さん(神奈川大学准教授・「侯孝賢の映画講義」翻訳者)/韓燕麗さん(東京大学教授・映画研究者)
〇10/17(日) 明田川聡士さん(台湾文学研究/獨協大学専任講師)

新宿K’sシネマにて同時開催!!
ホウ・シャオシェン&オリヴィエ・アサイヤス監督作品を特別上映
※『冬冬の夏休み』は本特別上映が日本最終上映となります※
※詳細は劇場HPをご覧ください。


posted by akemi at 12:57| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月18日

MINAMATA―ミナマタ―  原題:MINAMATA

9月23日(木・祝)TOHOシネマズ 日比谷他全国公開
劇場情報
●『MINAMATAーミナマター』チラシ_R_R.jpg
© Larry Horricks

監督:アンドリュー・レヴィタス 脚本:デヴィッド・ケスラー
原案:写真集「MINAMATA」W.ユージン・スミス、アイリーンM.スミス(著)
出演:ジョニー・デップ、真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子、ビル・ナイ
音楽:坂本龍一
製作:ジョニー・デップ
日本語字幕:髙内朝子

写真家ユージン・スミスと水俣の実話から生まれたハリウッド映画

水俣病は日本での「公害の原点」ともいわれ、1956年5月に公式発見された。熊本県水俣市の新日本窒素肥料(現・チッソ)水俣工場の工場排水にメチル水銀が混じって海に排出され、これを取り込んだ魚や貝を人が摂取したことで多くの方が水俣病に罹患した。第二水俣病、四日市喘息、イタイイタイ病と並び日本における4大公害病のひとつといわれている。しかしメチル水銀が原因と判明し、環境に配慮した対策がとられたのは1968年。
水俣病について日本では、桑原史成などの写真家、土本典昭監督のドキュメンタリー映画によって記録されてきたし、石牟礼道子の「苦海浄土」などの本によっても描かれてきたが、世界に発信したのが、写真雑誌「ライフ」などで活躍していたアメリカ人写真家のユージン・スミスと言われている。1971年~74年の3年間水俣に滞在、水俣病の患者たち、胎児性水俣病患者と家族、抗議運動などを撮影した。この作品は水俣病の存在を世界に知らしめようと、ジョニー・デップが製作。写真家ユージン・スミスを演じ、妻アイリーン・美緒子・スミスととともに水俣に生活し、撮影の日々が描かれる。
1971年、ニューヨーク。ユージン・スミスは第二次世界大戦や、戦後は労働運動など、人の命、ケア、人権などの社会問題を描く「フォト・エッセイ」などで、かつてはアメリカを代表する写真家として称えられていたが、酒に溺れる日々を送っていた。そんなある日、アイリーン・美緒子という日系人の女性から、水俣病に苦しんでいる人たちの写真を撮ってほしいと頼まれる。最初は断ったが、有機水銀に侵された人々の姿や、抗議運動の人たちとそれを弾圧するチッソの姿を見て、日本に来る決心をする。そしてアイリーンと共に水俣病と向き合った。人々の暮らしに寄り添ったユージンの瞳とカメラを通して私たちが見るのは、闇に包まれた苦難の瞬間にも、光として浮かび上がる人間の命の輝きと美しい絆。それらを捉えた写真に警告と希望を焼き付けた。写真集は1975年に完成し、世界に「MINAMATA」を知らしめた。
ユージン・スミスを演じたジョニー・デップ。「ライフ」の編集長役を演じたビル・ナイ。日本からは真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信らが参加。また坂本龍一が音楽を手がけた。ジョニーは今もまだ続く水俣病にスポットをあて、各国で同じ環境被害に苦しむ多くの人々をも照らし出そうと、主演し、自らプロデューサーにも名乗り出た。

ユージン・スミスの写真展は何度か行ったことがあるし、水俣をテーマにしたドキュメンタリー映画もけっこう観てきましたが、ユージン・スミスが日本に来るまでの栄光は知っていても苦悩は知りませんでした。この映画ではそれが描かれていて、あらためてユージン・スミスの人生、生き方を考えました。
あの当時(1970年初め)、報道写真に興味があり、ユージン・スミスやロバート・キャパ、日本人では桑原史成などの影響を受け、私も報道写真を目指しベトナムやカンボジアなどに写真を撮りに行きたいと考えていました。
そういう思いを持って生きてきたので、ハリウッド映画は、水俣の公害問題、日本でのユージン・スミスをどのように描くのかとても興味がありました。とてもまじめにユージン・スミスを描いていたと思うし、水俣のこともこれまでいろいろな作品に出てきたエピソードをおおむね参考にしているのではないかと思いました。なによりもジョニー・デップが、ほんとにユージン・スミスの風貌そっくりになっていたことが驚きでした。そしてあの有名な「母親が胎児性水俣疾患者の娘を抱いて入浴している姿」は歴史に残る写真だと思うけど、その撮影シーンが出てきた時には、心臓がバクバクするほど心が揺り動かされました。また、患者の会の活動家を演じた真田広之さんが机の上に座りこみチッソの社長に迫るシーンは、患者の会の会長だった川本輝夫さんが実際にした行動でしたが、それも描かれていてびっくりしました。
もうひとつびっくりしたのは、写真をプリントするとき、この映画では手を現像液や停止液、定着液に浸していましたが、ほんとにそのようにやっていたのだとしたらと驚きでした。私は化学薬品に手をつけたくないので、水洗まではトングを使ってプリントする紙をつかんでいましたが、この映画に描かれていたように、この暗室では実際そうやっていたんだろうか?とも思いました。このチッソの抗議運動は水銀中毒に対する被害を訴える運動だったわけだから、現像に使う化学薬品に手を浸すというのは、ちょっと考えられないとも思いました(暁)。


私が水俣病を知ったのは、小学生5~6年生の頃。少女漫画雑誌の「少女フレンド」か「マーガレット」に掲載されていた1枚の写真。寝たきりの少女の目はキラリと光っているのに、動くことができず、母親が食べさせてあげている写真でした。そこには、水俣で水銀の混じった工場排水で育った魚を食べたのが原因と書かれていて、体温計を割ったら大変と頭に叩き込んだのでした。今でも覚えているほど写真から受けた衝撃は大きかったです。
その水俣病が何年経っても損害賠償がきちんとされないことを知ったのは、大人になってからです。ユージン・スミスの写真によって、水俣病は世界に知らしめられましたが、それでも訴訟がすんなりとは進まない歯がゆさ。
ユージン・スミスを水俣に誘ったアイリーン・美緒子さんは、ユージン・スミスが1978年に亡くなられた後も、1983年にはコロンビア大学で環境科学の博士号取得、1991年には環境市民団体グリーン・アクションを設立し活動を続けています。アイリーンさんのその後の物語をもっと知りたいと思いました。
公式サイトの「ORIJINAL]のコーナーにアイリーンさんとユージン・スミスご本人の写真があります。素敵なアイリーンさんと、いかにジョニデがユージンそっくりに扮しているかをご確認ください。(咲)



『MINAMATA ―ミナマタ―』公式サイト 
提供:ニューセレクト株式会社、カルチュア・パブリッシャーズ、ロングライド
配給:ロングライド、アルバトロス・フィルム
2020年/アメリカ/英語・日本語/115分/1.85ビスタ/カラー/5.1ch/


posted by akemi at 14:55| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月17日

ディナー・イン・アメリカ(原題:Dinner in America)

dinner.jpg

監督・脚本・編集:アダム・レーマイヤー
撮影:ジャン=フィリップ・ベルニエ
音楽:ジョン・スウィハート
出演:エミリー・スケッグス(パティ)、カイル・ガルナー(サイモン)、グリフィン・グラック(弟ケビン)、パット・ヒーリー(父)、メアリー・リン・ライスカブ(母)、リー・トンプソン(ベティ)

孤独な少女が家に匿ったのは、覆面バンドの推しメンだった…!?
過保護な両親に育てられた臆病な少女パティは、孤独で単調な毎日を送っていた。そんな彼女にとって、パンクロックを聴くことだけが、平凡な人生から逃避できる唯一の楽しみだった。ある日、パティはひょんなことから、警察に追われる男サイモンを家に匿うことに。なんと彼の正体は、パティが大好きなバンド「サイオプス」の覆面リーダーであるジョンQだった。

アメリカ国旗柄の服を着ているパティは確かに地味、学校でも小さくなって目立たない。でも(だから?)パンクロックが大好き。この落差に笑えて共感もします。ライブに行けなくて落ち込んでいるところに、当のバンドのリーダーが現れるという漫画のようなサプライズ。なにせ覆面リーダーなので、パティは長いこと彼だと気づきません。そのズレがまたおかしいのと、サイモンの意外に繊細(?)なところにグッときます。
エミリー・スケッグスは舞台女優、カイル・ガルナーはスリラー映画に出演しているそうで、お初でした。ほかの出演者を見ても、娘の彼氏に色目を使う(笑)リー・トンプソン以外知った俳優さんはいませんでした。低予算映画ながらパンク精神が隅々まで詰め込まれたラブ・ストーリー。若者とパンクロックのファンにおおいに受けたそうです。俳優ベン・スティラーがプロデューサーに名を連ねていて、そこかしこからにじみ出るユーモアは彼からでしょうか?(白)


2020年/アメリカ/カラー/シネスコ/106分
原題:Dinner in America
配給:ハーク
(C)2020 Dinner in America, LLC. All Rights Reserved
https://hark3.com/dinner/
★2021年9月24日(金)より全国順次公開

posted by shiraishi at 21:17| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殺人鬼から逃げる夜(原題:Midnight)

satujinki pos.jpg

監督・脚本:クォン・オスン
撮影:チャ・テキュン
出演:チン・ギジュ(ギョンミ)、ウィ・ハジュン(ドシク)、パク・フン(ジョンタク)、キム・ヘユン(ソジュン)、キル・ヘヨン(母)

ギョンミと母は聴覚に障害があり、二人暮らし。母は裁縫師として働き、ギョンミはお客様センターで手話部門を担当している。2人の目下の楽しみは済州島へ旅行に行くこと。ある晩、仕事帰りに母と待ち合わせたギョンミは、若い女性が路地に倒れて血を流しているのに気づく。慌てて助けを呼ぼうとしたが、すぐ近くに潜んでいた犯人に捕まってしまう。辛くも逃げ出し、全速力で走って非常ベルを押すが、管制センターの声は聞こえず、ギョンミも話すことができない。スーツ姿の男が現れて応答するうち、パトカーもやってくる。心配していた母と合流したが、路地に倒れていた女性は消えていた。警察署で事情を説明していると、帰宅の遅い妹を探して、ジョンタクが駆け込んできた。妹の写真を見ると、倒れていた被害者だった。警官が席を外したとたん、スーツ姿の男がナイフを向ける。彼こそ凶悪な連続殺人犯のドシクだった。

聴覚障害の女の子が殺人鬼から一晩中逃げ回るという展開に、ドキドキしっぱなしでした。韓国には街角に警察に繋がる非常ベルがあるんですね。せっかく連絡しても声は聞こえず説明もできません。スマホも持っていたのに、文字での通報はできないんでしょうか?とにかく走るギョンミ役は、チン・ギジュ。『リトル・フォレスト 春夏秋冬』でヒロインのヘウォンの親友役でした。2人で辛いトッポギを食べて、ヒーハー言ってたのがおかしくて忘れられません(そこ?)。
不気味な連続殺人鬼ドシクを演じたのは、ウィ・ハジュン。ドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」(2018)で、ジナ(ソン・イェジン)の弟スンホ、親友のソ・ジュニ(チョ・ヘイン)が姉に恋するのに戸惑う役。スンホを溺愛し、ジナとジュニの恋愛に大反対する母が、この映画ではギョンミの母役のキル・ヘヨンです。そちらではすっごい憎まれ役でしたが、こちらでは良き母。母と娘の手話には字幕がつきますが、身振り手振りは国を越えて理解できますね。もうひとつの言語なんだと再確認しました。(白)


2021年/韓国/カラー/シネスコ/104分
配給:ギャガ
(C)2021 peppermint&company & CJ ENM All Rights Reserved.
https://gaga.ne.jp/satujinki/
★2021年9月24日(金)ロードショー

posted by shiraishi at 20:08| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする