2019年03月17日

漂うがごとく(原題:Choi voi 英題:Adrift)

tadayou.jpg

監督:ブイ・タク・チュエン
脚本:ファン・ダン・ジー
撮影:リー・タイ・ズン
音楽:ホアン・ゴク・ダイ
出演:ドー・ハイ・イエン(ズエン)、リン・ダン・ファム(カム)、ジョニー・グエン(トー)、グエン・ズイ・コア(ハイ)

ハノイに住む通訳のズエンは、2歳年下のタクシー運転手ハイと出会って3ヶ月でスピード結婚をした。披露宴でハンは酔いつぶれ、ズエンは初夜に1人で眠るはめになる。義母は息子をズエンに盗られた気がして、なにかと世話を焼きたがる。それから何日も、ハイは仕事に疲れて帰っては子どものように眠るだけだった。ズエンは友だちのカムに頼まれて、彼女のボーイフレンドのトーを訪ねていくが、家に着いたとたん、ズエンはトーに襲われてしまう。

現代のハノイが舞台。じっとりとした空気と街の暑さが感じられる作品。出てくる男たちが皆どこかダメです。支える女たちも決して満足しているわけではなく、愛情を求めて漂っています。すれ違う新婚の夫婦、祖父母の秘められた過去、闘鶏に夢中の父としっかり者の娘、危険な男と引き寄せられる女たち・・・それぞれのカップルがハノイの街で息づいていました。繊細な東洋とハイカラな西洋が混ざり合ったような街です。
薬草の蒸し風呂に入るカムとズエン、布越しのシルエットが官能的。母親が自分のために刺繍した花嫁衣裳をズエンに贈ったカム、彼女が愛したのはトーではなく、ズエン?説明が少ない分想像が拡がりました。
第66回ヴェネツィア国際映画祭の国際批評家連盟賞を受賞。(白)

新婚のズエンが、友だちの彼であるトーに最初は襲われる形だったのに、だんだん危険な匂いのするトーに惹かれていきます。(白)さんが書いているように、カムとズエンの関係も不思議。まさに漂うがごとく、思うがまま行動していて、ベトナム女性もなかなか凄い!と唸りました。(咲)

2009年/ベトナム/カラー/106分
配給:ムービー・アクト・プロジェクト
(C)Vietnam Feature Film Studio1,Acrobates Film
★2019年3月23日(土)新宿K'sシネマにてロードショー
posted by shiraishi at 18:15| Comment(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベトナムを懐(おも)う(英題:Hello Vietnam)

vietnam.jpg

監督:グエン・クアン・ズン
脚本:タイン・ホアン、タイ・ハー、グエン・クワン・ユン
撮影:グエン・チン・ホアン、ジェップ・テー・ビン
美術:ラ・バグズリー、レ・ゴック・クオック・バオ
音楽:ドゥック・チー
出演:ホアイ・リン(トゥー)、チー・タイ(ナム)

1995年のニューヨーク。トゥーはベトナムの農村で生まれ育ち、幼馴染と結婚し、つましく暮らしてきた。妻が亡くなって、アメリカに渡った息子グェンの元にやってくるが、同居は叶わずに老人ホームに入居する。たった一人の孫娘タムはアメリカ生まれで、習慣・価値観の全く違う祖父に懐いてはくれない。妻の命日にホームを抜け出したトゥーは、親友のナムを誘い二人だけで伝統的な供養をする。そして、トゥーを怖がっていたタムの本心を初めて聞くことになった。

ベトナム人家族3世代の故郷への思いを綴った作品。トゥーが思い出すのは、緑深く陽光が降りそそぐ故郷。今は暗い空から雪が舞うニューヨークに住んでいます。この対比に望郷の思いが伝わってきます。トゥーの胸の中にある故郷はいつも美しく輝き、味わったはずの苦労は時間が薄めてくれています。
孫娘のタムにとって、ベトナムは見知らぬ外国に過ぎません。祖父のトゥーがよかれと思って伝える習慣も、押し付けにしか思えず、いやでたまりません。真ん中の世代のグェンが、父と娘タムの間の大きな溝を埋める役割、架け橋にならなければいけないのに、と疑問が浮かびます。グェンには故郷を忘れてしまいたい理由がありました。タムがあまりに頑なに祖父を拒否するのも不思議でしたが、このわけも後でわかります。タムのボーイフレンドがごく普通に接するのが救いでした。
異なる世代の思いが理解されず、すれ違ってしまうのは現代でも起き得ること。まず「何故?」と相手を知ろうとすること、自分の心を開くことですよね。(白)


息子グェンのもとに行った父トゥーはなかなかアメリカの生活に馴染めないのに、母の命日にさえ、グェンは仕事で忙しくて家にいられません。アメリか育ちの孫娘タムからは、家の中で火を使う命日の儀式を拒否されてしまいます。こんな祖父と孫娘のやりとりに、いらっとしてしまいます。
2017年のアジアフォーカス・福岡国際映画祭で上映された折に来日したグエン・クアン・ズン監督が、「間違っているのでなく違うのだと、それぞれの世代に感情移入して観ていただければ」と語っていたのを思い出します。息子グェンは、1975年のベトナム南北統一で、ボートピープルとしてアメリカに渡った人物。物語の最後には、離れなければならなかった故国を思う気持ちがじんわり伝わってきました。(咲)


雪のニューヨークでベトナムを想う家族 ベトナム戦争の影は今も
ボートピープルとしてアメリカに渡ったグエンの思い、アメリカで生まれた娘タムの思い、ベトナムに残ったけどアメリカに呼び寄せられた祖父トゥーの思い、世代や文化のギャップの相容れない状態が最初描かれるけど、そこから彼らがかかえた切ない背景へと迫り、最後はそれぞれが祖国を想う切なさが描かれる。それに感動しました。
本作はベトナムで1990年代から演じられてきた舞台を映画化した作品。劇中で歌われるのは、戦いへ赴いた夫を待つ妻の切なさを歌ったもので、その歌のタイトル「Dạ Cổ Hoài Lang(夜恋夫歌)」がベトナムでの原題だそう。
本作の監督は『超人X』や、韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』のベトナムリメイク『輝ける日々に(「サニー」ベトナム版)』のグエン・クアン・ズン監督。いまやベトナムのヒットメーカーです。これらは大阪アジアン、アジアフォーカス、東京国際映画祭で紹介されました。
それにしてもグエンはベトナムから父トゥーを呼び寄せたのに老人ホームに入れてしまうし、母の命日にもその弔いの催しもしない。一緒に暮らす余裕もないのに親を呼び寄せるということがよくわからなかった。父親にこんな思いをさせるくらいなら、ベトナムにいたほうが幸福だったのではとも思う(暁)。


グエン・クアン・ズン監督.jpg
グエン・クアン・ズン監督(2018年東京国際映画祭にて)


2017年/ベトナム/カラー/シネスコ/88分
配給:ムービー・アクト・プロジェクト
(C)HKFilm
http://mapinc.jp/vietnam2films/
★2019年3月23日(土)新宿K'sシネマにてロードショー

◎公開初日にはスペシャルトークイベントが決定しました。
SPゲストに元「アイドリング!!!」の創設メンバーとして活躍し、現在も女優として活動中のベトナム出身の美人女優・フォンチーさんが登壇します。
posted by shiraishi at 17:54| Comment(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蹴る

keru.jpg

監督:中村和彦
プロデューサー:中村和彦、森内康博
撮影:堺斗志文、森内康博、中村和彦
録音:藤口諒太  
整音:鈴木昭彦
出演:永岡真理、東武範、北沢洋平、吉沢祐輔、竹田敦史、三上勇輝、有田正行、飯島洸洋、内橋翠、内海恭平、塩入新也、北澤豪

永岡真理さんはSMA(脊髄性筋萎縮症)で、生まれてから一度も歩いた経験がない。電動車椅子サッカーの存在を知り、横浜のチームに属して国内で華々しい成績を残している。ワールドカップを目標に、日本代表を目指して日々厳しい練習にいそしんでいる。鹿児島に住む東武範さんは筋ジストロフィーで呼吸器が離せないが、サッカーにかける情熱は人一倍。ふたりを中心に、彼らのように電動車椅子サッカーを命の糧としている選手たちに密着する。

keru2.jpg
永岡真理さんと北澤豪 日本障がい者サッカー連盟会長


thumbnail_sub3.jpg
東武範さん

この作品を観て初めて電動車椅子サッカーのことを知りました。こんなに激しいスポーツをやって大丈夫なの?!と驚き、心配してしまいましたが、選手達がみな生き生きと楽しそうで、ものすごく闘争心があるのがわかりました。障がいのため身体の動きが不自由でも、心は縛られることなく自由なのです。
彼らに惚れ込み、6年間寄り添った中村和彦監督はプライベートな生活まで撮影しています。サポートするドクターや周りの人たちの姿も映し込んで、たくさんのことを知らせてくださいました。
中村監督にお話を伺いました。記事をお待ちくださいませ。(白)


2018年/日本/カラー/シネスコ/118分
配給:「蹴る」製作委員会、ヨコハマ・フットボール映画祭
(c)「蹴る」製作委員会
https://keru.pictures/
★2019年3月23日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開/日本語字幕付き、音声ガイド付き上映ありロードショー
posted by shiraishi at 11:49| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

ビリーブ 未来への大逆転 (原題:On the Basis of Sex) 

believe.jpg

監督:ミミ・レダー
撮影:マイケル・グレイディ
音楽:マイケル・ダナ
主題歌:KESHA「Here Comes The Change」
出演:フェリシティ・ジョーンズ、アーミー・ハマー、キャシー・ベイツ

貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグ(フェリシティ・ジョーンズ)は、「すべてに疑問を持て」という亡き母の言葉を胸に努力を重ね、名門ハーバード法科大学院に入学する。1956年当時、500人の生徒のうち女性は9人。学生結婚をし、家事も育児も夫のマーティン(アーミー・ハマー)と分担していたが、そのマーティンがガンで倒れる。ルースは家事と育児、自分の学業だけでなく、夫の授業を代わりに受けて夫の闘病を支えた。大変な日々だったが、弱音を吐かずに首席で卒業する。ところが、女を理由に雇ってくれる法律事務所はなかった。やむなく大学教授になったルースは、70年代になってさらに男女平等の講義に力を入れる。それでも弁護士の夢を捨てられないルースに、マーティンがある訴訟の記録を見せた。ルースはその弁護を引き受ける。やがて、その訴訟は歴史を大きく変える裁判になっていった。

作品冒頭、ハーバード法科大学院での講義で教授が「判例は天気では変わらないが、時代では変わる」と学生たちに話す。この作品を一言で表した言葉だろう。ハーバード法科大学院が女性にもやっと門戸が開かられるようになったが、ルースが入学した1956年では1学年500人中、女子はわずか9人。ルースの孫の世代には半分は女子だそうだ。(これはルースのドキュメンタリー映画『RBG(原題)』で孫がルースに語っていた)この時代の変化を大きく牽引したのがルース・ギンズバーグ。彼女の法律家としてのスタートを描いた作品である。
学部長は女子学生だけを招いた歓迎会で、男子の席を奪ってまで入学した理由を問う。そのときの機転が効いた答えにこの先のルースの奮闘ぶりを予感させる。夫がガンを発病したときには、夫の分の講義もすべて出席して、ノートにまとめるなど、普通はとてもできない。しかし、そのがんばりは自分の法律家としての糧にもなったはず。そんなルースも家事は得意ではなかったようだ。少なくとも料理に関しては夫の方が上手だったことが作品からうかがえる。完璧すぎない部分も描くことで、85歳の今なお、米最高裁判所判事として現役で活躍するルースも普通の人だとぐっと身近に感じるだろう。(堀)

私は70年代~80年代に日本の女性解放運動に参加していたのですが、ルース・ギンズバーグさんのことは知らず、この作品で初めて知りました。
もっとも、運動に積極的に参加していたわけではなかったというのはありますが。でも、このときに知り合った人たちとは今も交流があります。1975年頃知り合ったので、もう40年以上もたちますが、年に1回くらい会って近況報告をし合います。というような私の背景があり、この作品はその当時のことを思い出させてくれました。男らしく、女らしくの押し付けからの解放は、その当時、目からうろこでした。
またグロリア・スタイナムという名前が出てきてなつかしく思いました。彼女は、あの頃のリブ運動のシンボル的な人でした。たぶん私はルースさんの娘さんと同じくらいの世代ですね。でも「妻が自分の名前でクレジットカードを作れなかった」という宣伝文句にはびっくりしました。1970~80年代にはクレジットカードがあったのかどうかさえも知りませんでした。私がクレジットカードを作ったのは2010年以降でしたから。
あの作品の中で「アメリカの憲法には女性の権利とか自由とかいう言葉自体がなく、女性は忘れられていた存在」というセリフを聞いて、戦後、日本国憲法に「両性の平等」という言葉が入れられた時のいきさつを思い出しました。
アメリカにはない男女平等条項が書かれた憲法24条が日本にはあります。
戦後、日本国憲法が作られた時、この草案を作るのに尽力したベアテ・シロタ・ゴードンさんのことを描いた『ベアテの贈りもの』(2004)というドキュメンタリーの中にそのことが描かれています。長く日本に暮らしていたベアテさんは、日本の女性の置かれた状態をよく知っていて、草案を作るときに「結婚の自由と両性の平等」という言葉を入れようと努力したそうです。
その時(2005年)、シネマジャーナルではベアテさんにインタビューすることができたのですが、彼女は下記のように言っています。

「その時私は、憲法の起草者としてでなく通訳として参加しました。私自身が、日本に住んでいたこともあり翻訳も早く、日本政府側に好印象も受けていたこともあったので、アメリカ側の委員長のケーディス大佐はその場の空気をうまく読み取りました。彼はそれを使って、私が平等条項を書いたとは言わず、日本側にベアテ・シロタさんは女性の権利が通ることを心から望んでいますといって、すんなり通してしまいました。そうして今日に至っています。アメリカの憲法は、女性の権利について明記されていません。それを考えると、女性の権利が明記された素晴らしい憲法ができたと思いました」と語っています。

シネマジャーナルHP 『ベアテの贈りもの』インタビュー


それにも関わらず、日本の女性の男女平等意識は逆行しているようにも感じるこの頃です。夫のため、家族のためと、自分のやりたいことは我慢して控えめに生きている女性を見たり、あるいは発言を聞くたび、「もっと自分のために生きていいんだよ」とハッパをかけたくなる自分がいます(暁)。

2018年/アメリカ/カラー/120分
配給:ギャガ
(C) 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
公式サイト:https://gaga.ne.jp/believe/

★2019年3月22日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

posted by ほりきみき at 02:51| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bの戦場

Bsen.jpg
監督:並木道子
原作:ゆきた志旗「Bの戦場」(集英社オレンジ文庫刊)
撮影:大野勝之
照明:桑原伸也
主題歌:「恋する私は美しい」平林純(フジパシフィックミュージック)
挿入歌:「きっと」ソンジェ from 超新星(YM3D/よしもとミュージックエンタテインメント)
出演:よしこ(ガンバレルーヤ)、大野拓朗、高橋ユウ、有村藍里、おのののか、山田真歩、安藤玉恵/速水もこみち

誰もが認める「絶世のブス」であるため、自らの結婚を諦め、ウェディングプランナーとして働く香澄(ガンバレルーヤよしこ)は、イケメン上司・久世(速水もこみち)から突然プロポーズされる。
しかし久世は、自称“意識の高いB専”で香澄のことを「ドブス」と好意を持って言い放つ。断じて事態を受け入れられない香澄は、久世を無視し仕事に没頭するが、トラブル勃発。
おまけに一緒に結婚式を彩るフラワーコーディネーター・武内(大野拓朗)にも好意をよせられてしまう…。


美しさの基準は人それぞれ。他の人が美しいと思わなくても、誰かにとっては美しいということもある。しかし、この作品に出てくる久世は美の基準が人と違うのではなく、ブス(=美しくない)だから好きだという。失礼な奴だ。しかし、速水もこみちが躊躇うことなく言い放つと妙な説得感がある。抜群の配役だったといえよう。また、そんな久世に対して怒ることなく、またおもねることなく、ただまっすぐに自分の仕事に励む香澄は見ていて清々しい。ガンバレルーヤよしこがまるで自分のことのように素直に演じていた。香澄も、ガンバレルーヤよしこも応援したくなる。
ちょっとかわったラブコメであるが、この作品の良さはそれだけではない。香澄の仕事に対する姿勢に感動して、涙が止まらない。仕事とはどう取り組むべきか、更に、人としてどうあるべきかも描いた素晴らしいお仕事ムービーにもなっている。(堀)


2018年/日本/カラー/90分
配給:KATSU-do
©ゆきた志旗/集英社 ©吉本興業
★2019年3月15日(金)全国ロードショー


posted by ほりきみき at 02:07| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする