2019年01月13日

バハールの涙   原題:Les filles du soleil  英題:Girls of the Sun

bahar.jpg

監督: エバ・ユッソン
出演: ゴルシフテ・ファラハニ、エマニュエル・ベルコ

2014年8月3日、IS(イスラミックステート)がイラク北西部シンジャル山岳地帯のクルドのヤズディ教の人たちが住む村々に侵攻する。多くの成人男性が殺害され、女性たちは性奴隷に、少年たちは“小さな獅子たちの学校”でIS戦闘員として養成される。
それから3ヵ月後、弁護士だった女性バハールは、腕に夫と息子の名のタトゥーを入れ、銃を手にしていた。奴隷として売られていたが、臨月のラミアと共に脱出し、拉致された息子を取り戻すべく女性戦闘員で結成された「太陽の女たち」に加わったのだ。
そんな女性だけの戦闘部隊を、片目の戦場記者マチルドが取材にくる。最初は、彼女との距離を置こうとしたバハールだが、マチルド自身、ジャーナリストだった夫を戦場で亡くし、娘を置いての取材と知り、次第に心を通わせるようになる。さて、バハールは、無事息子を取り戻すことができるのか・・・

本作は、実際にイラクのクルド人自治区で、2014年8月3日から2015年11月13日に起きた出来事に着想を得た物語。
昨年、ノーベル平和賞を受賞したナディア・ムラドさんによって、イラクのクルド人の中でも少数派のヤズディ教徒の人たちが、ISによって虐殺されたり、性奴隷にされたことが広く知られることになりました。ナディアさんについては、ドキュメンタリー『ナディアの誓い - On Her Shoulders』(2月1日公開予定)で詳しく紹介し、理不尽な扱いを受けたヤズディ教徒の人たちの気持ちに迫っています。
女性だけの戦闘部隊のことは、当時ニュースで知り、その勇気に驚かされました。【女性に殺されたら天国へ行けない】と信じるISの戦闘員たちに、女性戦闘部隊は恐れられたそうです。

その先頭に立つ果敢な女性バハールを、イランの女優ゴルシフテ・ファラハニさんが体現しています。2008年、『ワールド・オブ・ライズ』でレオナルド・ディカプリオと共演、翌年、アスガル・ファルハディ監督の『彼女が消えた浜辺』に出演して以降、イラン国外に活動拠点を移し、最近では『パターソン』『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』に出演。【世界で最も美しい顔100人】トップ10の常連としても名を知られています。
私が彼女に会ったのは、2004年のアジアフォーカス福岡映画祭の時のこと。『冷たい涙』(アズイゾラー・ハミドネジャド監督)で、クルドの女性を演じていたのですが、独学で学んだクルド語を映画の中で駆使していました。
笑顔が素敵なゴルシフテさんですが、戦闘員バハールという役柄、笑顔は封印。拉致された息子を取り戻したい母の思い、そして、無残な扱いを受けたヤズディの人たちの無念な思いを全身で表しています。
バハールとは、春のこと。ヤズディ教徒の人たちに、ほんとうの春が来ることを願ってやみません。(咲)


2018年/フランス・ベルギー・ジョージア・スイス/111分/カラー/スコープ/G
配給: コムストック・グループ/ツイン
公式サイト:http://bahar-movie.com/
★2019年1月19日(土) 新宿ピカデリー&シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー!





posted by sakiko at 18:24| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マチルド、翼を広げ(原題:Demain et tous les autres jours)

machild.jpg

監督・脚本:ノエミ・ルヴォウスキー
出演:リュス・ロドリゲス(マチルド)、ノエミ・ルヴォウスキー(マチルドの母=ザッシンガー夫人)、マチュー・アマルリック(マチルドの父)、アナイス・ドゥムースティエ(成長したマチルド)、ミーシャ・レスコ(フクロウの声)

マチルドは9歳。パパとままは別居中。マチルドは情緒不安定なママと暮らしている。
学校の進路相談に来たママはトンチンカンなことを言って先生を困らせている。でもマチルドには優しいママが大好きで、家事だってなんだって自分でこなせるのだ。ある日ママは突然大きな荷物を持って帰宅する。開けると小さなフクロウが一羽、鳥かごに入っていた。
その日からマチルドには親友ができた。だってその小さなフクロウは、マチルドとだけ話すことができたから。

予測不可能な行動ばかり起こすママと、しっかりものの小学生。パパがいるけれども、あまり頼れなくて(なんとかしなさいよと思ってしまう)、小さなフクロウと二人頑張るマチルド。ファンタジー仕立でふんわり包んでいるけれど、子どもにはずいぶんと大変な状況です。それでも心が冷え冷えとしないのは、ママなりに自覚があってマチルドを大切に思っているから。マチルドもそんなママを愛していて、諦めたりしないから。監督・脚本・ママ役のノエミ・ルヴォウスキーはフランス映画でよく見かける女優さん。早くから監督をやっていたとは、この映画の資料で知りました。マチルドには自分の子ども時代が投影されているとのこと。演じる新星リュス・ロドリゲスが初演技とは思えません。
マチルドのよりどころになるフクロウがとても可愛いので、フクロウカフェに行きたくなるなぁと思っていたら、ちゃんとコラボしていました。映画の半券で、新宿と銀座の”フクロウカフェ もふもふ”の利用料金が200円引きになるそうです。詳しくはHPのリンクで。(白)


2017年/フランス/カラー/ビスタ/95分
配給:TOMORROW Films.、サンリス
(C)2017 F Comme Film / Gaumont / France 2 Cinema
http://www.senlis.co.jp/mathilde-tsubasa/
★2019年1月12日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開
posted by shiraishi at 18:20| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蜘蛛の巣を払う女(原題The Girl in the Spider's Web)

kumonosu.jpg

監督・脚本:フェデ・アルバレス
原作:ダビド・ラーゲルクランツ
出演:クレア・フォイ(リスベット)、スベリル・グドナソン(ミカエル)、シルビア・フークス(カミラ)、ラキース・スタンフィールドスティーブン・マーチャント

天才ハッカー、リスベットのもとに仕事の依頼があった。AI研究の世界的権威バルデル博士が開発した「核攻撃プログラムをアメリカ国家安全保障局から取り戻して欲しい」と。バルデル博士は自分の犯した過ちを消し去りたいというのだった。簡単にクリアできるはずだったが、リスベットの前に縦横に網を張り巡らして立ちふさがるものがいた。16年前、父のもとから逃げ出したときに生き別れになってしまった双子の妹カミラだった。

大ヒットした「ミレニアム」シリーズの第4弾。ハリウッド版『ドラゴン・タトゥーの女』の製作陣が結集して送り出したサスペンスアクションです。リスベットには『ブレス しあわせの呼吸』で難病の夫を励まし支える妻を演じたクレア・フォイ。笑顔ひとつ見せず、ハードなアクションをこなしています。今年は『ファースト・マン』(2018)でアームストロング船長の妻、ソダーバーグ監督のホラーサスペンス『アンセイン 狂気の真実』ではストーカーに追い詰められるヒロイン。引き出しの多い女優さんです。
冷たい美貌のカミラ役シルヴィア・フークスは『ブレードランナー 2049』(2017)でも冷徹なレプリカント役でしたっけ。今作でも緊張感に溢れた姉妹対決を見せます。この双子という設定ですが、たぶん結びつきの強さを出したかったんでしょう。全く似ていない2人なので、年の近い姉妹でも良かったんじゃない?黒尽くめのリスベットと、真っ赤なコートに金髪をなびかせるカミラの対決は目にも美しいです。
ミカエル役のスベリル・グドナソンは『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』(2017)のボルグでした。髪型が違うので、すぐに気づかず。

フェデ・アルバレス監督は『死霊のはらわた』リメイク(2013)で長編デビュー、息を詰めさせられた『ドント・ブリーズ』(2016)でヒットを飛ばしたウルグアイ出身の40歳。厳寒のストックホルムロケは大丈夫だったんでしょうか?(白)


2018年/イギリス、ドイツほか/カラー/シネスコ/115分
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
http://www.girl-in-spidersweb.jp/
★2019年1月11日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 18:16| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未来を乗り換えた男(Transit)

miraiwo.jpg

監督・脚本:クリスティアン・ペッツォルト
原作:アンナ・ゼーガース「トランジット」
撮影:ハンス・フロム
出演:フランツ・ロゴフスキ(ゲオルク)、パウラ・ベーア(マリー)

ドイツの侵攻が進む現代のフランス。ゲオルクは祖国ドイツから追われ、パリにたどり着いた。ホテルで自殺していた作家ヴァイデルの遺品を預かりマルセイユに向かう。遺品のトランクには身分証明書があり、不法入国のゲオルクは間違われたことを利用し、ヴァイデルになりすますことにした。マルセイユに来る途中に死んだ知人の妻子に報告にいき、その息子と束の間楽しいときを過ごす。街中で自分を振り向かせた女性マリーにゲオルクは目を惹かれる。マリーは作家ヴァイデルの妻で、マルセイユに来るはずの夫を探し続けていた。

ナチスの迫害から逃れて亡命した作家の体験が原作。クリスティアン・ペッツォルト監督は40年代の史実を現代のフランスに置き換え、ナショナリズムの風が吹き荒れるヨーロッパの状況と、平和な安住の地を求めてさまよう人々を描きました。ゲオルクはマリーと出逢い強く惹かれるのですが、マリーの夫ヴァイデルになりすましているため、真実を告げられません。ゲオルクとマリーがすれ違うことが何度かあり、いつばれてしまうのかとはらはらして観てしまいました。
同行しながら傷が悪化して死んでしまった知人の妻子とのエピソード、マリーを愛してしまったために出立するはずだった船から降りてしまう男性。それもこれも祖国を離れて、寄る辺のない難民になったことにつながります。ナチスドイツ時代の話を今に移して、何の違和感もないことに逆に戸惑ってしまったと監督。
日本から出ない限り、自分がマイノリティになることが自覚できない私たちも、いつどうなるか先はわかりません。深田晃司監督の『さようなら』(2015)では放射性物質に汚染された日本を捨てて、海外へ脱出する難民となる「私たち」が描かれていたのを思い出します。

フランツ・ロゴフスキは『ハッピー・エンド』(2018)でイザベル・ユペールの弟役でした。今年4月に主演作『希望の灯り』が公開予定。パウラ・ベーアは『婚約者の友人』(2017)のアンナ。本作で、二人や周りの人々が味わう苦境は決して他人事ではありませぬ。(白)


2018年/ドイツ、フランス/カラー/シネスコ/102分
配給:アルバトロス・フィルム
(c)2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinema
http://transit-movie.com/
★2019年1月12日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 18:10| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

喜望峰の風に乗せて  原題:The Mercy

kibouhou.jpg

監督:ジェームズ・マーシュ
出演:コリン・ファース レイチェル・ワイズ デヴィッド・シューリス

1968 年、イギリス。当時、ヨットで世界一周を果たした男がナイトの爵位を与えられるなど、海洋冒険ブームに沸いていた。そんな中、単独無寄港世界一周ヨットレース“ゴールデン・グローブ・レース”が開催されることになる。賞金は、5000ポンド。
いち早く名乗りを上げたのは、船舶用測定器を開発し会社を経営するドナルド・クローハーストだった。アマチュアが果敢に挑戦することで話題になり、スポンサーも現れる。ドキュメンタリーを作りたいというBBCからカメラと録音機も提供される。実は事業が行き詰っており、家族のために賞金と話題をさらおうという目論見だった。
10月31日、テインマスの港を家族や彼に期待を寄せる人々に見送られて出航する。だが、意気揚々と海に乗り出したドナルドを待っていたのは、過酷な自然と耐えがたい孤独だった・・・

実話に基づく物語。“ゴールデン・グローブ・レース”には、ドナルド・クローハーストを含め9人が参加。完遂したのは、たった一人。
脚本家のスコット・Z・バーンズが長年かけてドナルドの航海を追って作り上げた物語。それを読んだジェームズ・マーシュ監督は映画化を決意。ドナルドの航海日誌や録音テープも入手して、細部にわたり、過酷なひとりぼっちの航海を再現している。

12月末からピースボートで世界一周の旅に出るシネジャの暁さんが喜望峰にも立ち寄ることになっていたので、出発前に是非映画を観たいと言っていたのですが、う~ん、これは観ないで船旅に出た方がいいかもと。
『喜望峰の風に乗せて』という邦題からイメージする爽やかな船旅ではないことを覚悟してご覧ください。(咲)


2017 年/イギリス/英語・スペイン語/カラー/シネマスコープ/1 時間 41 分
配給:キノフィルムズ
公式サイト:http://kibouhou-movie.jp/
★2019年1月11日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー



posted by sakiko at 21:26| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする