2020年09月26日

実りゆく

minoriyuku.jpg

監督・脚本:八木順一朗
撮影:伊丸剛創
主題歌:GLIM SPANKY
出演:竹内一希(実)、田中要次(父)、田中永真(エーマ)、橋本小雪(朱美)、小野真弓(母)、鉢嶺杏奈、島田秀平、三浦貴大、山本學、友情出演:爆笑問題(太田光、田中裕二)

長野のりんご農家の跡取り息子・実は、父親と2人で農園を切り盛りしながら週末になると東京へ出向き、お笑いライブに出演していた。そんな彼には、母親が他界してから笑わなくなった父親を笑顔にしたいという強烈な思いがあった。夢を実らせるべく、人生をかけたステージに臨む実だったが……。

八木順一朗監督は芸能事務所タイタンのマネージャーさん。予告編大賞で主演男優賞と堤幸彦賞を受賞したことから、長編映画の話が実現しました。その経緯やご苦労は公式HPの監督コラムに詳しく語られています。製作費やキャスティングの算段はもちろんですが、りんごが実るのに合わせて撮影を進めた、というのになるほどねぇ。人の追加撮影はできても、りんごは都合に合わせてくれません。農家の方々が日々丹精した真っ赤なりんごが青空に映えていい絵になっています。
父と子の葛藤だけではなく、地方の伝統や産業を守ろうとする人、夢を追う人、諦める人たちが画面の中で生きていて、これからも笑顔でいられますように、と応援したくなりました。現役の漫才コンビまんじゅう大帝国の竹内一希さん田中永真さんが映画ではピン芸人としてライバル役、普段仲良しなので喧嘩するのが難しかったようです(笑)。日本エレキテル連合の橋本小雪さん、中野聡子さんも普通メイクで出演しています。私は女優さんだと思って最初気づきませんでした。和服姿の中野さんもお見逃しなく。
猛暑のある日、八木監督と、まんじゅう大帝国、日本エレキテル連合の3組のインタビューをさせていただきました。リンクは下です。ご覧くださいませ。(白)


2020年/日本/カラー/87分
配給:配給:彩プロ
(C)「実りゆく」製作委員会
https://minoriyuku-movie.jp/
★2020年10月2日(金)長野先行上映
★2020年10月9日(金)新宿武蔵野館ほか全国順次公開


minoru3.jpg


八木順一朗監督インタビューこちら
竹内一希さん・田中永真さん(まんじゅう大帝国)インタビューはこちら
橋本小雪さん、中野聡子さん(日本エレキテル連合)インタビュー のちほど

posted by shiraishi at 16:32| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

フェアウェル ( 英題:THE FAREWELL)

16004115127240.jpg

監督・脚本・製作:ルル・ワン
撮影:アンナ・フランケスカ・ソラーノ
美術:ヨン・オク・リー
編集:マイケル・テイラー、マット・フリードマン
衣装:アテナ・ワン
音楽:アレックス・ウェストン
出演:チョウ・シュウチン、オークワフィナ、エクス・マヨ、ルー・ホン、リン・ホン、水原碧衣

末期がんを患う祖母のため、祖国を離れて海外で暮らしていた親戚一同が、従兄弟の結婚式を理由に中国に戻ってくる。ニューヨークで育ったビリー(オークワフィナ)は、祖母が残りの人生を悔いなく過ごせるように病状を本人に明かした方がいいと主張するが、両親を含めたほかの親族たちは、中国では助からない病気は本人に告げない伝統があると反対する。

全米わずか4館から口コミで評判が広がり、大ヒットしたのも納得の佳篇。これが2作目の中国系米国人ルル・ワン監督は、自身の体験を基にした下地であるにもかかわらず、感傷を排し、洗練された話法を展開。小気味好いテンポ・リズムは見事としか言いようのないウェルメイドなドラマに仕上げた。
主演のオークワフィナは、『オーシャンズ8』や『クレイジー・リッチ!』でも個性的な味を発揮していたが、本作では終始素顔の美肌を晒し、飾らず活き活きと自然体な演技で観客の心を掴む。アジア系女優として初めてゴールデン・グローブ賞女優賞を受賞したのも嬉しい限りだ。

NYに住むビリー(オークワフィナ)は、中国の祖母が大好き。オークワフィナのハスキー
で少し圧のある声と、電話口から聞こえる祖母の慈愛溢れる優しげな語り口の掛け合いが面白い。おばあちゃん子であるビリーの性格を知る家族は、”感情を隠せない”彼女に内緒で「ある計画」を企て、祖国へ帰郷する算段を立てる。
米国に移り住んでも、ビリーを含む親族は中国からの生活習慣を変えようとしない。それを熟知するワン監督は、親族が一同に会する円卓を巧みにカメラに収め、異国の文化摩擦(日本もちょっぴり出てくる)をコメディ調に綴る。米国で評価されたのも、こうした家族単位の生活習慣を細部のディテールを疎かにせず柔らかく描いた点だろう。結果として、本作は民族を超えた普遍的人間像を獲得することになった。

祖国へ一時帰国した家族は相変わらず円卓を囲む。円卓越しに祖母を上目遣いで見上げるビリーの表情が真に迫っているため、周囲は”秘密”がバレないかと気が気ではない。一方の祖母は元気そのもの。「ハァー!ハァー!」と声を出しながら歩く健康法をビリーに伝授するさまは、ビリーと祖母の呼吸が一体となったような深度に達した名場面だ。
自分探しを続けるビリーが祖母や親族と過ごす中で少しずつ開放されて行くくだりは、繊細な演出を得意とするワン監督の真骨頂だろう。
すったもんだの末に、最後は大きなカタルシスと爆笑のオチが待っている。観終わったら、ビリー世代はおばあちゃんに、祖母なら孫に会いたくなるに違いない心温まる映画だ。(幸)


2019年製作/100分/G/アメリカ/カラー/5.1ch/シネマスコープ
配給:ショウゲート
(C) 2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト: http://farewell-movie.com/
★2020年10月2日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

posted by yukie at 23:46| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

シネマ歌舞伎 三谷かぶき月光露針路日本 風雲児たち

cinema kabuki.jpg

作・演出:三谷幸喜
原作:みなもと太郎
語り:尾上松也
出演:松本幸四郎(大黒屋光太夫)、市川猿之助(庄蔵/エカテリーナ)、片岡愛之助(新藏)、八嶋智人(ラックマン)

日本がまだ厳しい鎖国政策をとっていて、外国との行き来がままならなかった江戸時代末期のこと。大黒屋光太夫は商船神昌丸の船頭(ふながしら)として、伊勢から江戸へ向かった。途中大きな嵐に襲われ、船の帆が折れ、大海原を漂流する羽目になってしまった。ともすればくじけそうになる光太夫だったが、17人の乗組員を率いる身なれば弱音を吐くこともできない。必死でみんなを励まし、ようやく陸地にたどり着く。
ところがそこは江戸どころか日本でもなく、ロシア領のアリューシャン列島の小さな島だった。

歌舞伎の舞台を映画館でデジタル上映する「シネマ歌舞伎」シリーズ第36弾。2019年6月に歌舞伎座で上演された舞台をスクリーンで上映。今作はなんと船旅の話で、漂流した挙句にロシアまで行ってしまうというもの。嵐に翻弄される船と乗組員、長い漂流の果てに一人また一人と命を落とす人々。過酷な運命に落ち込むだけにしないのが、三谷演出です。船員こそ男性ばかりですが、ロシア女性に扮した綺麗どころもちゃんと用意されています。身の軽い猿之助さんが庄蔵を演じたかと思えば、ロシアの女帝エカテリーナに扮して登場し、その威厳があたりをはらいました。さすが。劇場中が「おお~~」という感嘆の声で満たされたのは、雪原にそり犬がずらりと勢ぞろいした場面。見た目全てハスキー犬で、ちゃんと犬らしいアクションをしています。
小島からロシアの中枢であるサンクトペテルブルグの宮殿まで、故郷へ戻りたい一心で長い長い旅をした一行の願いは叶えられたのでしょうか?まずはその目でしかとご覧あれ。(白)


2020年/日本/カラー/シネスコ/138分
配給:松竹
(C)松竹株式会社
https://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/
★2020年10月2日(金)全国公開
posted by shiraishi at 19:45| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

フライト・キャプテン高度1万メートル、奇跡の実話(原題:中國機長)

captain_pos.jpg

監督:アンドリュー・ラウ
脚本:ユー・ヨンガン
視覚効果:エレン・プーン
出演:チャン・ハンユー(リュー機長)、ユアン・チュアン(ビ・ナン)、オウ・ハオ(シュ・イー・チェン)、ドゥー・ジアン(シャン・ドン)、チャン・ティエンアイ(フォアン・ジャ)

2018年5月14日、重慶市からチベット自治区のラサに向かう四川航空3U8633便が、乗客119人を乗せて飛び立つ。当初は順調なフライトだったが、地上1万メートルを飛行中、突如として操縦室のフロントガラスにひびが入り、瞬く間に大破する。氷点下30度の冷風が猛烈な勢いで吹き込み、操縦室の圧力は低下。自動操縦も不可能になり、激しく揺れる機体に乗客もパニックに陥るが……。

リュー機長が家を出るところから始まります。制服を着て仕事に向かう前、居間の飾り付けを眺めます。仕事から戻ったら愛娘の誕生日祝いをする予定。普通のお父さんの顔から機長の顔になるいいオープニングでした。『マンハント』で日本にも知られたチャン・ハンユー、精悍です。CAさんたちもそれぞれ出発準備に余念がなく、少し後に大パニックになるとは誰も予想していません。
混乱の中誰がどのように対処したのか、事実を調査しての映画化でしょう。観客は乗客になり、乗務員になり、機長になってその追体験をすることになります。
リュ―機長の経験に基づく技術と対応は、英雄と讃えられました。よくぞ生還したと誰もが拍手したはず。微に入り細に入りの再現で、しばらく飛行機に乗れなくなるかもしれません。私はこの映画の後、飛行機に乗る用事があり、思わずフロントガラスの強度など検索してしまいました。何事もなく往復しましたが、安全のために多くの人が携わっていることもいつもより感じました。
2019年の国慶節に建国70周年に合わせて作られた映画3本のうち、最も集客した作品というのが納得です。
アンドリュー・ラウ監督は20代で撮影監督からスタート、私好みの香港映画の多くはこの方が手掛けていました。40代で監督になり『古惑仔』『インファナル・アフェア』シリーズなどヒット作を送り出しています。エンタメと情感のバランスよく、満足させてくれる折り紙つきの監督。(白)


2019年/中国/カラー/シネスコ/111分
配給:アルバトロス・フィルム
(C)2019 Bona Entertainment Company Limited All Rights Reserved.
https://flight-captain.com/
★2020年10月2日(金)シネマート新宿・心斎橋ほかロードショー
posted by shiraishi at 21:02| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

映像研には手を出すな!

eizouken-saikyo.jpg

原作:大童澄瞳「映像研には手を出すな!」(小学館 「月刊!スピリッツ」連載中)
脚本・監督:英勉 
脚本:高野水登 
音楽:佐藤望
映画主題歌:乃木坂46「ファンタスティック三色パン」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
撮影:川島周 古長真也 
照明:本間大海 山田和弥 
録音:竹内久史 
美術:池田正直 
装飾:金子大悟 加藤安梨沙 
音響効果:柴崎憲治
出演:齋藤飛鳥 山下美月 梅澤美波 
小西桜子 グレイス・エマ 福本莉子 松崎亮 桜田ひより 板垣瑞生 赤楚衛二 
鈴之助 出合正幸 松本若菜 山中聡 浜辺美波 / 高嶋政宏

迷彩帽に迷彩リュックの少女・浅草みどり(齋藤飛鳥)は、アニメが好きで、人並み外れた想像力があるのだが、見知らぬ人に話しかけられると卒倒してしまうほどの極度の人見知り。
浅草の中学からの同級生・金森さやか(梅澤美波)は長身で美脚、金儲けに異常な執着を見せるタイプだ。2人が入学した芝浜高校は、413の部活動と72の研究会およびそれに類する学生組織がある、一言でいえばカオスな高校。この部活動および学生組織を束ねているのが大・生徒会。道頓堀透(小西桜子)、ソワンデ(グレイス・エマ)、阿島(福本莉子)、王(松崎亮)が幹部として運営を司っている。
そんな芝浜高校で、浅草と金森はカリスマ読者モデルの水崎ツバメ(山下美月)と出会う。ツバメもまた、芝浜高校に入学してきた新入生で、実はアニメ好きでアニメーター志望だった。
運命的な出会いを果たした3人はアニメ制作に邁進することを決意する。
こうして、電撃3人娘の「最強の世界」を目指す冒険が始まった!!!

原作は大童澄瞳の同名コミック。2020年1~3月に湯浅政明監督によってアニメ化され、4~5月に英勉監督がテレビドラマとして実写化。満を持して9月に英勉監督によって同じキャストで映画化されました。英勉監督はこれまでにも『ヒロイン失格』(2015)や『賭ケグルイ』(2019)など、映像化不可能と言われてきた数々の原作を見事に実写化しており、その手腕は保証付きです。
アニメもテレビドラマも映画も、設定は同じですが、取り上げられるエピドートがちょっとずつ違う。映画ではロボット研究会の依頼を受けてアニメ作品を制作します。ここに音響部の百目鬼が音響として参加をするのですが、彼女が作り上げた効果音が素晴らしい。実はこのシーンには日本の音響効果の第一人者である柴崎憲治氏が関わっているのです。目の前で本物が戦いを繰り広げているかのような臨場感にあふれていました。音だけでこれだけ感じ方が違うのかと驚くはず。これは家で見るのではなく、ぜひ映画館で聴いて感じてください。(堀)


2020年/113分/G/日本
配給:東宝映像事業部
Ⓒ2020 「映像研」実写映画化作戦会議 Ⓒ2016 大童澄瞳/小学館
公式サイト:https://eizouken-saikyo.com/
★2020年9月25日(金)公開


2020年//カラー/シネスコ/110分
配給:東宝映像事業部
Ⓒ2020 「映像研」実写映画化作戦会議 Ⓒ2016 大童澄瞳/小学館
公式サイト:https://eizouken-saikyo.com/
★2020年9月25日(金)公開
posted by ほりきみき at 19:47| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする